(10/27)EF64-1012の5971レを追いかけて

まいあさんから今日の上京運用にEF64-1012が入ったので新宿踏切で流しませんかとお誘いのメールがありました。

一旦、帰宅してからなのでどうしようかと思いながら地図を見ると・・・お、追い掛けが出来る?と言うことで頑張って自転車で行ってみました。
まいあさん、丁度到着して歩道橋の上で準備をしながら待っていると・・・

2015.10.27 21:32撮影 5971レ 金町~新小岩(信)間

2015.10.27 21:32撮影 5971レ 金町~新小岩(信)間

うわー早い。5971レが踏切を通過する僅かの間に追従してシャッターを切るのも容易ではありません。
精進しなければなりませんね。

撮影後、京成で市川へ向かうまいあさんと別れ、向かい風の中新金線に沿って新小岩(信)へ。
定位置に到着したのが22時で丁度、交検チキを引き出して連結するところでした。
組成完了後、持ち上げて停車したらライトが消灯されてしまいました。国鉄色とか広島色の時は発車まで消灯してしまうパターンが多いです。

2015.10.27 22:10撮影 5971レ 新小岩(信)

2015.10.27 22:10撮影 5971レ 新小岩(信)

この後、市川での流しがあるので、数カット撮影して駅に向かい、5971レの先行となる快速で市川駅へ

まいあさんも到着されていて定位置で撮影です。さて今日はどうかな・・・

2015.10.27 21:32撮影 5971レ 金町~新小岩(信)間

2015.10.27 22:32撮影 5971レ 市川駅

うんまあ、止まってますね。一応合格ラインには達しているかな。

新小岩に戻り帰宅しましたが、今晩は随分運動しました。往復14kmです。
流石にこれからの季節はこのパターンはキツイでしょうね。

 鉄道コム

(5/22)E655系お召し回送を撮影

昨日、今日と天皇、皇后陛下が栃木、群馬県にお出かけになられ、移動にお召し列車が運転されました。
半休にして撮影に行こうかと思ったのですが、夕方に急変する天気予報だったので群栃へまで行かずに、E655系の回送だけでも撮ろうと赤羽で流してきました。
以前、北斗星を撮ろうと赤羽に行った際に試運転があったので、そのスジと同じだろうと踏んでいたのですが、その時間帯は京浜東北線の北行が頻繁に来るので被る可能性も高い訳ですが・・・

E655系お召回送

2014.5.22 19:16撮影 ISO400、1/60、F2+1/3
東北上り線が線路内立入りで少し遅れていたかから前回は北斗星が通過する2分位前にやってきましたが、今日は北斗星が通過した後にやってきました。
ヘッドライトが見えると同時に北行が接近しましたが、E655は早いスピードで通過したのでギリギリで回避できました。
今回は旗なし、御料車なしだったのがちょっと残念です

鉄道コム

(4/21)北斗星流しとE655系

今日は、久しぶりに赤羽で「北斗星」の流し撮りをしてきました。
未撮影の512号機が充当されるのを期待していたのですが、やって来たのはEF510-515号機でした。

EF510-515「北斗星」

2014.4.24 19:14撮影
今日の流し撮りはイマイチでした。遠目のは止まっているのですが、手前まで引きつけた奴はピンが上手く合いませんでした。唯一ナンバーにピンが近いのがこれでした。
北斗星が通過する数分前に上り線をE655系が通過していきました。帰り道、尾久駅にE655系が停車していたので、段落ちして撮影してきました。

E655系

2014.4.24 19:25撮影
E655は直ぐに引き上げてしまいました。試運転と言うことはお召しでもあるんでしょうかね。

鉄道コム

原宿宮廷ホームに停車するEF81-81お召し

蘇我貨物5971レは、撮影済み釜が立て続けに上京しているので、工臨があればなぁと思いながら帰宅時に新小岩信を見てから帰宅しましたがチキ車やロンチキは居らず、今晩の夜遊びは運休となりました。
なので今日も過去画像の紹介です。
万博お召の2回目の時だとは思うのですのが、EF81-81のお召し列車が原宿駅宮廷ホームに到着した際の写真です。
乗務員が整列している所が凛々しく見えます。

EF81-81お召

原宿の宮廷ホームが使用されなくなって何年が経つのでしょう?最近運転されたE655のお召しは東京駅発でしたし、使うことはあるのでしょうかね?


鉄道コム

E655系お召し?ご乗用?

「恩賜林御下賜100周年記念大会」にご出席される皇太子殿下がご乗車になられたE655系のお召し(ご乗用)列車が、東京~甲府間で運転されました。
天皇陛下が入院された事で、運転取り止めだの定期列車混乗だの色々な噂があったようですが、予定通り国旗掲揚、菊紋章取付で運転となりました。
都内で撮影できる場所は限られ、複々線区間なので被りの可能性もあるのですが、遠くまで出掛ける気力は無いし、運任せで飯田橋~市ヶ谷間のお堀と中央線をまたぐ陸橋脇に出掛けてみました。
9時過ぎに到着すると何人かの撮影者が集まっていました。なんとか木々の隙間からに入ることが出来ました。
9時27分、東京駅への送り込み回送がやってきて後追いで撮影してみます。

回送

2011.11.13 9:27撮影
やはり架線柱と架線が邪魔です。
何人かが歩道から土手の斜面に降りているので、自分もそちらに移動することに。警備の警官も「滑って落ちないように気をつけて」と注意する位で、意外とまったりムード。
お堀を構図に入れるかどうすか悩んでレンズを変えたりして、緩行線や快速線で試し撮りしますが、しっくり来ないまま、時間がやってきました。後は上り列車と被らないのを祈って・・・

お召し列車

2011.11.13 10:00撮影
御料車(って今も言うのか?)のお姿を狙ってみると

皇太子様

皇太子様のお姿を見ることができました。


鉄道コム

E655系千葉国体お召しを撮影

お召し列車を撮影するのは、EF64-77かいじ国体の時以来、もう25年ぶりです。
新しいお召し用E655系が落成して、お召し列車の魅力が半減していますが、地元を走ると言うので、出かけました。
皇后美智子様が手を振りながら通過していく姿を拝見できました。

E655系お召し

9時半に大網~永田間の撮影地に着いたら既に多くの鉄で埋まっており、いい場所は無かったので少し大網寄りの雑草の影から撮影しました。
後ろの踏切が邪魔ですが、ギスギスした場所で撮るより開放感があって良かったです。
DD51-842が救援機に来るかなと期待したのですが、残念ながら宇都宮区木更津常駐組のDE10でした。

救援機DE10-1751

お召し列車の緊張感って言うのは久しぶり良かったけど、やはり電車のお召しだと、クロ157の非公式お召しを撮影している気分ですね。
ビデオでも撮影しました。マイクを忘れたので、シャッター音がちょっとウルサイです。

185系で運転されたお召し列車

185系お召し

以前に、183系で運転されたお召し列車を紹介しましたが、今回は185系により非公式お召し列車をUPしました。
田町区の183系配置が無くなった後、クロ157-1のお召し列車牽引には185系で行われ、それに合わせてクロ157も国鉄色から185系に準じたホワイトボディに緑のラインと言う、当時の185系200番台に準じたカラーに変更されました。写真を見るだけではクロ157も185系と同じ年代に製造された車両と見違える程、斬新なカラーになりました。

クロ157

この頃になると陛下皇后がお年を召したこともあってクロ157で運転された非公式お召しも年々減少傾向でしたね。

EF81-81お召訓練

EF81-81お召訓練

水戸客貨区の旧型客車7両でお召訓練を行うEF81-81が三河島駅を通過するシーンです。
1号編成の重量に合わせる為に7両での試運転で、この時は尾久~上野間は推進運転では無く、尾久から上野までEF81が牽引し、後からEF81-81が単機で回送され、客車と連結して組成する方式でした。
1回目のつくば万博お召の際は、随分訓練が行われた記憶があります。ただ本務機81号機を使っての訓練はお召装備改造が終わったのが遅かったからか後半になってようやく登場した・・・気がします。

国鉄最後のお召し列車

EF64-77お召し

昭和61年10月に運転されたかいじ国体お召し列車です。往路は曇天の天気の良くない日でしたが、復路は晴れました。
お召し列車の来るにつれて緊張感が高まったのを覚えています。旗が左右にちゃんとなびいてくれればと念じていたのですが、残念ながら反ってしまいました。
しかしながらネガは退色が激しいですねぇ。フォトショップで修正をかけましたが、これが限度です。
その点、白黒はそういう事が無いのですが、いまどき白黒は流行らないし・・・
ポジで撮っておけば綺麗に残せたのでしょうが、学生にはポジは高嶺の花でしたからね。

EF64-77

かいじ国体以降、お召し列車は撮影していません。新しい電車お召しは撮影するに気にはなれないし、国賓乗用列車っていうのもねぇ

DD51-842お召し装備

DD51-842お召し

国鉄末期、昭和60年の12月に佐倉機関区で撮影会が開催された際に、目玉展示されたのが、DD51-842のお召し装備です。
サイドのランボードのステンレス帯、手すり、煙突カバーの交換が行われて、綺麗に整備された姿で展示され、いまにも1号編成を牽引するかのようでした。
職員の方の話だと撮影会終了後には通常装備に戻すとの話でしたが、実際には煙突カバーは戻ったものの、機関区の粋な計らいで帯と手すりはそのままで運用に就き、それまで地味に活躍していた佐倉区のDD51に注目が浴びるようになりました。
その後、全検入場しの際に戻されるとの話もあったのですが、戻されることなく活躍し、昭和61年の国鉄最後のダイヤ改正で貨物列車削減に伴い、検査期限の長い車両が高崎第一機関区に転属することになりました。
佐倉区はJR貨物に、高一はJR東に継承され、842号機は再びお召し指定機に抜擢されることなると言う数奇な運命を辿った訳です。
この時の撮影会が無ければ、今のように再びお召し指定機になることは無かったかも知れません。
この撮影会には千葉局としてかなりの力の入れようで、東京機関区で二休車中のEF58-160、田端区のEF80-52、高崎二区のEF15-200、EF60-501を借り入れるなど豪華メンバーでした。