【南迴線】知本~太麻里間撮影ガイド

台湾南東部の台鉄南迴線は非電化区間が残り風光明媚な撮影地が多く、日本からの撮影者も多く訪れます。今回撮影した知本~太麻里間のポイントを紹介します。

台北から日帰りも可能ですし、旧客3671/3672次乗車と組み合わせて撮影することも出来ます。
今回は知本駅からタクシーをチャーターして撮影してきました。撮影地は太麻里駅に近いのですが、タクシーが駅前に常駐しているのは知本駅になります。

ちなみに自分は中国語が出来ませんので事前に翻訳サイトで「我想租一輛出租車、鐵路攝影、從現在到15點、請1500台幣」(タクシー1台をチャーターしたい。今から15時まで1500台湾ドルで)

GoogleMAPを印刷し張り合わせて周辺地図を作りそれを見せながらこれからの撮影地を巡りました。

【太麻里俯瞰】
台湾有名お立ち台の一つです。太麻里を発車した列車がコンクリート橋梁を太平洋バックで撮影できます。

莒光号

2018.9.9 12:23撮影 751次 太麻里~知本間

北西から南を狙うので光線的にはイマイチですが、夏至前後の正午頃から午後早い時間帯なら良さそうです。
<MAP>
太麻里駅から徒歩だと1時間程掛かります。足に自信があれば良いですが、上り坂ですのでキツイと思います。

【桜木花道平交道】
江ノ電・鎌倉高校前駅の有名踏切に雰囲気が近いと人気の踏切があり『スラムダンク』の桜木花道からこの踏切には別名桜木花道平交道(踏切)と名前が付いています。
踏切から太麻里駅を発車する北行の列車を狙うことが出来ます。また踏切から少し坂を登ればコンクリート橋を渡る南行の列車も狙えます。

R138 1次

2018.9.9 13:34撮影 1次 太麻里~知本間

2018.9.9 13:34撮影 1次 太麻里~知本間(後追い)


光線的には北方列車は午前中、南行列車は午後が順光となります。
<MAP>
太麻里駅から歩いて10分程とお手軽な撮影地です。踏切周辺は駐車禁止区域なので注意。

【代天宮】
知本からやってくる南行列車を台湾らしい風景と太平洋が一緒に撮影できるポイントです。国道から撮影するか、カードレールを越えて崖の方から撮影するかになる。今、電化工事で法面補強工事が行われているのが残念です。

2次 知本~太麻里間

2018.9.9 14:12撮影 2次 知本~太麻里間

午前中から午後にかけて順光になりますが遅くなると山影になります。
<MAP>
太麻里の国道から鼎東汽車客運バス台東バスターミナル行で「新吉村」で下車直ぐ。
ここから400m程、知本方向に進んだところにある休憩スペースから撮影できる場所がある。ただ3~4両程しか写らないのでスナップ向き。

【山地人祖先発祥地】
国道にある「山地人祖先発祥地」近くから山を登る道に入り、線路をオーバクロスする陸橋から南行、北行が撮影できる場所です。今回ここで自強号を撮影する予定でしたが遅延の為撮影出来ませんでした。なので風景画だけになってしまいました。

知本側を望む(南行向け撮影地)

知本側を望む(南行向け撮影地)


太麻里側を望む(北行向け撮影地)

太麻里側を望む(北行向け撮影地)

北行は午前中、南行は午後が順光になります。
<MAP>
太麻里から台東バスターミナル行鼎東汽車客運バスで「三和B」バス停から10分程。バスは知本駅には寄らないので注意。

今回訪れた場所は以上ですが、知本~太麻里間にはまだ撮影ポイントがあるのでまた機会があれば撮影に行きたいですね。

鉄道コム

(9/9)台湾鉄路管理局南廻線撮影2

俯瞰ポイントでは想定していなかった自強号307次遅延で先に自強号308次が先に来てしまいました。当初の計画では307次を俯瞰撮影した愛、麓の踏切で308次と莒光号1次を撮影の予定だったのですが、莒光号1次だけになります。

踏切に着くと直ぐに鳴動して1次がほぼ定時でやって来たました。

R138 1次

2018.9.9 13:34撮影 1次 太麻里~知本間

1次は台北発台北行の台湾を一周する列車で観光用車両を連結しています。8月までは51次と名乗っていたのですが9月から1次となり、昔の日本で言う看板列車「さくら」でしょうかね。

ちなみにココの踏切江ノ電の有名な某踏切と雰囲気が似ているということで観光スポットだったりします。
さて撮影後は順行(時計回り)の台北発台北行の2次がやって来ます。
国道沿いから俯瞰する有名ポイントに移動します。国道から撮っても良いのですが国道から少し崖をおりる撮り鉄道があったので国道から降りて撮影します。

 2次 知本~太麻里間

2018.9.9 14:12撮影 2次 知本~太麻里間

ココも南国台湾らしい風景が広がる良ポイントですね
2次は少し遅れて通過していきました。
タクシーに戻ると運ちゃんに崖が降りるので驚いたよ(と多分言っているだと想像)と言われました。

そして最後に知本よりに移動した撮影地で最後に自強号を撮影する予定でしたが定刻を過ぎても通過せず、その自強号が大麻里で交換する列車に知本から乗車する予定だったので、遅延で交換変更が生じる可能性があるので駅まで戻る時間を考えてギリギリまで待ちましたが来ませんでした。

タクシーで知本駅に戻る途中に遅れの自強号が通過していき、交換変更は無かったようです・・・
知本駅に戻り自強号で台東駅に戻ると、週末運転の復興号が停車していました。

復興号792次 台東駅

2018.9.9 15:20撮影 792次 台東駅

復興号は客車が水色なのでちょっと雰囲気が違います。

そしてこの後、乗車する旧客の3672次が入線してきました。

 3672次 台東駅

2018.9.9 15:40撮影 3672次 台東駅

牽引機が塗装変更してR123で台湾でのいわゆるネタ釜って奴です。

3672次に乗車し枋寮まで2時間ちょいの旧客の旅を楽しみ高雄から新幹線で台北へ戻りました。

鉄道コム

(9/9)台湾鉄路管理局南廻線撮影1

この週末は台湾へ遠征してきました。
日曜日、台北から太魯閣号406次に乗り込み、台東で莒光号704次に乗換えて知本駅で下車。駅前で客待ちしていたタクシーをチャーターで太麻里の俯瞰ポイントへやってきました。

着くと直ぐに踏切が鳴動する音が聞こえまだ列車の時間には早いなと思ったら、自強号がやってきました。

DR3100型

2018.9.9 11:58撮影 371次 太麻里~知本間

どうやら太麻里11:41発の自強号371次が遅れていたようです。
DR3100型の9両編成と日本で気動車9両編成なんて見られなくなりましたからね。

続いて客車列車も莒光号です。

莒光号

2018.9.9 12:23撮影 751次 太麻里~知本間

アメリカンタイプのR100型ディーゼル機関車に電源車と客車8両と堂々たる風貌の客車列車は絵になります。

どうやらこの日の南迴線には遅延が生じているようです。単線で電化工事による徐行区間などで遅延が生じやすいらしいです。タクシーをチャーターしたので、列車待ちの間は車で待てるので暑い台湾では楽ちん撮影です。

次は本命の普快車3671次です。

3671次

2018.9.9 12:48撮影 3671次 太麻里~知本間

15分遅れてやって来た3671次はインド製の客車3両編成です。日本で言う旧型客車で台湾でもココだけに残る貴重な列車です。
最近は人気が出て昼間の3671次は混雑することもあるとか。

この後、定刻なら10分後に自強号が来るのですが遅れているようです。
遠くに自強号がヤシの木畑の間を走って太麻里駅に向かう姿が見えたのですが、その後が見えません。この先の知本で順行(時計周り方向の列車)と交換となりますが、遅れているのでもしかして太麻里で交換になるのか?と思っていると知本方から自強号がやって来ました。

DR3000型

2018.9.9 12:48撮影 308次 太麻里~知本間(後追い)

日立製のDR3000型9両編成の308次が通過していきました。列車に寄って撮影してみましたがDR3000型はキハ20に似てますねー。

太麻里駅で交換した自強号307次が発車してきました。ココでの撮影はこの列車が最後になるのでちょっと立ち位置を変えてみました。

DR3000型

2018.9.9 13:12撮影 307次 太麻里~知本間

こちらもDR3000型の9両編成でした。

素晴らしい景色でしたが、ちょっと湿度高めだったので霞んでしまいましたが残念ですが、晴れてくれたので良かったです。
さて次の目的地へ移動します。

鉄道コム