(9/24)「SL日本海庄内号」遠征その3

板貝集落の津波避難所で撮影した後、再びSLを追って南下、桑川駅で停車中のSLを追い抜きます。
この後、終点の村上までに撮影出来るのは1回だけなので最後の撮影地として、前回撮影した桑川~越後早川間へ。

それにしてもココに来るまでに下り線でSLを待っている人を結構見ました。桑川からは複線区間で上り線は長いトンネルになるので、単線と勘違いしているのでしょうね。

さて、前回撮影した場所から少し村上寄りの順光側で狙います。海を絡めて撮影するとどうしてもサイドが陰ってしまいますからね。

用意が終わると寒川でSLを追い抜いた828Dで試し撮りです。

2017.9.24 14:45撮影 828D 桑川~越後早川間

2017.9.24 14:45撮影 828D 桑川~越後早川間

タラコ色が後ろなのが残念です。

今回は予備カメラの50Dを持参したものの今まで出番が無かったので最後くらいは2台切りにして、強引に海を入れ構図にしてみました。

キハ47 828D 桑川~越後早川間

2017.9.24 14:45撮影 828D 桑川~越後早川間

うーん、ちょっと強引すぎるかな。

この後はSLとなりますが、乗車中の友人に桑川出たら長いトンネルの先にいるよーと連絡しておきます。
カーブの先にSLの姿が見えてゆっくりと接近してきました。
予想通り排煙しながらやって来ました。

C57-180 9826レ 桑川~越後早川間

2017.9.24 14:54撮影 9826レ 桑川~越後早川間

今日一番の煙です。ココにしたのは前回、この辺で良い煙が出たのでチョイスしました。
他の場所でもこれくらいの煙が出てれば良かったのですが・・・

で広角の方ですが

C57-180 広角

2017.9.24 14:54撮影 9826レ 桑川~越後早川間

やっぱり間延びしますね。

通過してゆく列車に友人の姿を探すと居ました。窓を開けて手を振ってました。
さてカメラを片して村上に向かいます。

途中、間島から村上の下り線脇にもSLを待つ人の姿が・・・もうSLは上り線のトンネルを通って行ってしまっているのですが・・・

村上駅でSL乗車を楽しんだ友人と再会します。
ボックス席で一緒になった方と色々と話せたしとても楽しかったと喜んでいました。

最後に新津へ回送となる為にEF81が先頭に連結した姿をホームから撮影します。

EF81-151 回9826レ 村上駅

2017.9.24 15:40撮影 回9826レ 村上駅

沿線で回送を撮影したいところですが、友人のリクエストで温泉にいくことになっていたので、今日は駅撮りで我慢です(笑)

この後は瀬波温泉で一風呂浴びてから新潟へ戻り、18:56発のとき344号で友人と帰京しました。

鉄道コム

(9/24)「SL日本海庄内号」遠征その2

暮坪で「SL日本海庄内号」を撮影した後、再びあつみ温泉駅に戻ります。
4日前にこの列車の指定券が入手できたので、友人にはここから村上まで「SL日本海庄内号」に乗車して楽しんで貰おうと言う魂胆です。
どちらかと言うと友人は乗り鉄派ですからね。

駅で別れた後は、あつみ温泉駅先の大岩川集落を望む俯瞰撮影地へ
ココには以前来た時にあまりにも綺麗な景色だったので、頑張って山登りしました。前回は6月で今回は9月と太陽の位置が異なり残念ながら前回のような海の美しさではありませんでしたが、それもこの景色は素晴らしいですね。

2017.9.24 13:13撮影 9826レ あつみ温泉~小岩川間

あつみ温泉を発車する汽笛が聞こえ、集落の踏切が鳴動するとSLがカーブの先から姿を表しましたが、うーん煙が無いし、サイドが影ってしまいました。
前回は良い煙を吐きながら通過したので今回と大違いだなぁ~とちょっと残念です。

前日の雨でぬかるんでいる場所もあるので慎重に山を降りてSLを追い掛けます。
前は府屋で15分程の停車がありましたが、今回は5分停車なのでどこで追い付けるか微妙だなと国道を南下するとなんとかSLが府屋駅発車する際に追いつき、少し先行することが出来ました。

勝木からは笹川流れ沿いに走りますが、これまでサイドが影ってしまったので順光で撮りたいと急遽、勝木~越後寒川間の線路端で撮れそうな場所があったので車を停めて線路脇に向かうとSLがやって来ました。

C57-180 9826レ 勝木~越後寒川間

2017.9.24 13:46撮影 9826レ 勝木~越後寒川間

もうカメラを出すのがやっとと言う状況で構図もあったものではありません。
とりあえず撮れたと言うだけで車に戻りさらに南下します。

SLは今川で交換待ちで運転停車があるので今川で追い抜き、板貝集落の津波避難所へ。
集落の中を小走りで向かうと、地元のオバ様方が早く行かないと間に合わないよ!(笑)とせかれなんとか高台の避難所にたどり着き、息を切らしながら準備をします。用意が終わり5分もしないうちにSLの姿が見えゆっくりと接近してきます。

C57-180 9826レ 今川~桑川間

2017.9.24 14:05撮影 9826レ 今川~桑川間

うーんココでも煙なしでした。
海を絡めようとするとどうしてもサイドが影ってしまうのが羽越本線の弱点ですね。まあ下りだと逆光との戦いになるので上りの方がまだ光線状態は良いのですけどね。

さてSLはこの先の桑川で30分停車となるので最後のカットを桑川先で撮るべく移動します。

(つづく)

鉄道コム

(9/24)「SL日本海庄内号」遠征その1

日曜日は以前から計画していた羽越本線の「SL日本海庄内号」の撮影遠征に出かけてきました。

1か月前に購入した35%割引の「お先にとくだ値」で押さえた、とき301号に上野駅から乗車して新潟駅に向かい、新潟からはレンタカーで北上します。
この日は、あつみ温泉駅で日本を旅行中のスイスの友人と合流することになっており、なんとか約束の時間に落ち合うことが出来ました。

合流後は、最初にあつみ温泉先の立岩をバックに撮影できる暮坪へ向かいます。SL通過の約2時間前とあって先着者は3名と余裕で撮影場所を確保できました。ココに外人鉄ちゃんが来たのは友人が初めてじゃないかな。

直ぐに上り824Dがやって来ます。

キハ48*2五十川 ~あつみ温泉間

2017.9.24 10:39撮影 824D 五十川 ~あつみ温泉間


新潟色キハ48の2連ローカルです。到着して直ぐだったのでまだ構図調整しきれていませんでしたが、順光で綺麗に撮れました。

次にやって来たのは上り「いなほ8号」です。

E653系電車 2008M  五十川 ~あつみ温泉間

2017.9.24 11:25撮影 2008M 五十川 ~あつみ温泉間


この頃になると太陽の位置がかなり変わって、サイドが影ってきました。
いなほがE653になってからは始めての撮影です。

すぐに下り825Dがやって来ます。

キハ4連 825D  五十川 ~あつみ温泉間(後追い)

2017.9.24 11:31撮影 825D 五十川 ~あつみ温泉間(後追い)

ローカルなので2連かと思ってましたが、送り込みの関係でしょうか?4連で来ました。それもキハ48+キハ48+キハ40+キハ47と言うキハ40シーリズで組成されてました。
流石に9月となると太陽の位置も低くなり、側面が陰ってきます。やはりSLまで持たないかなぁ・・・

この頃になると追っかけ組も到着してこのポイントも賑わってきました。
ホイッスルの音が聞こえてEF510の下り貨物851レが通過します。

EF510-17 851レ  五十川 ~あつみ温泉間(後追い)

2017.9.24 11:47撮影 851レ 五十川 ~あつみ温泉間(後追い)

日本海縦貫線からEF81が消えたのですっかり貨物のダイヤをチェックしておくのを忘れていました。

SLが通過する直前に「きらきらうえつ」がやってきます。

きらきらうえつ

2017.9.24 12:06撮影 8871M 五十川 ~あつみ温泉間(後追い)

うーん、側面は影ってしまうかぁ。
「きらきらうえつ」が通過して、10分程でSLが来るはずと用意していると予想より早く突然カーブの先からSLが姿を現しました。
C57-180 9826レ 五十川~あつみ温泉間

2017.9.24 12:08撮影 9826レ 五十川~あつみ温泉間


うーん煙はなしかぁ~。前回撮影に来た時にはココでは煙が出ていたのですけど・・・

まあ、雲ひとつ無い形式の中、日本海バックにC57が撮れただけでも良かったです。来た甲斐があったものです。

(つづく)

鉄道コム

(3/25)2017年春の大遠征撮影記13

良い煙を堪能した後、車で来た道を引き返します。
国道を走っていると徳佐と鍋倉の間でSLを追い抜くことが出来き、次は篠目の発車を考えていましたが、渡川のオーバークロス手前の駐車スペースが空いていたので臨時停車します。
急いで準備すると渡川駅へ進入するC57の姿が見えます。

ココは煙は期待出来ない場所ですが、稀に出るときもあるのですが・・・

C57-1 渡川

2017.3.25 16:28撮影 8522レ 渡川~長門峡間

渡川駅に進入する姿が見えまする煙は無し。
橋梁を渡る際に汽笛を鳴らす蒸気は出ましたが、やはり出ませんねー
それに完全な曇り空になってしまったのが残念です。

手持ちなので広角にスイッチして撮影します。

C57-1 渡川~長門峡間

2017.3.25 16:28撮影 8522レ 渡川~長門峡間


絶気状態でC57はオーバークロスを抜けて長門峡を目指して通過していきました。

車に戻り国道を南下すると長門峡駅で停車中のC57を抜きます。
渡川では曇っていたのが長門峡を過ぎるといい天気です。これなら篠目の発車もいい感じで撮れるかもと先を急ぎますが、国道から篠目駅に入る裏道の踏切が鳴動してしまい、渡れず国道経由で駅に向かったので、駅に到着したのは篠目発車の3分前でした。

C57-1 篠目発車

2017.3.25 16:43影 8522レ 篠目~仁保間


用意が終ると直ぐに発車となり、まずは給水塔と腕木信号を入れて撮影します。
この雰囲気は良いですよね~

999が出発するシーンを思い出します(笑)

C57-1 篠目発車 縦

2017.3.25 16:43影 8522レ 篠目~仁保間


最後は縦位置で。
前回、篠目発車を撮影した時は太陽が陰ってしまったので今回は順光で撮影できたのは良かったです。

さて、この先の追掛けは山口市内の道路状況によります。
仁保入口交差点は問題無く通過できこれならもう1発可能だろうと走らせますが、県庁前あたりで渋滞し微妙な感じに。

仁保津手前のお立ち台に到着し車を止めて三脚を取り出すと近くの踏切が鳴動しギリギリで間に合いました。

C57-1 大蔵~仁保津間

2017.3.25 17:24撮影 8522レ 大蔵~仁保津間


篠目では日が差していましたが、こちらでは丁度通過前に雲で遮られ通過後に晴れると言ういつものパターンでした。

今日は予報がコロコロ変わったので撮影者は少なかったのが幸いしてか、上りで4回撮影出来たのはなかなか上出来きでは無いでしょうか?
これで予定していた撮影行程は全て終了です、ココからなら山口宇部道路の流通センターICが間近なので空港に向かいましょう。

鉄道コム

(3/25)2017年春の大遠征撮影記12

当初の遠征計画では、三江線乗車の翌日はSLやまぐちの撮影をして、山口宇部空港からJALで帰京する計画でした。
が、やっぱりEF81やED76を撮影したいなぁ~と九州入りを決意して予定を変更したのですが、天気予報がコロコロ変わり前夜の予報では、九州は天気が悪く山口は晴れ間も出るとの事で急遽、予定変更したのです。

赤間から小倉に向かう車内で、モバイルsuicaアプリで小倉からのさくら552号の指定券をEX-IC特急券を購入しておきます。EX-IC特急券なら自由席料金で指定席を利用出来るので少しはお得感があります。
小倉駅で乗換する間に折尾駅名物の「かしわ飯」を購入してホームに上がるとさくら552号が入線してきました。

新山口まではたったの20分しか無いので食べ終わると新山口駅到着のアナウンス。
新山口に13時に着くと太陽が出ていい天気です。新幹線口駅前にあるタイムズレンタカーで車を借りて津和野を目指します。山口市内で少し込んだものの14時半前には鷲原の撮影地に到着です。

思ったより撮影者は少なく、アウト側から撮影することにします。
まずはSLの先行となる8562Dを

キハ40 8526D 津和野~船平山間

2017.3.25 14:50撮影 8526D 津和野~船平山間


さっきまで日が差していたのですが、通過前に曇ってしまいました。
うーむ。自分が雲を呼んでしまったか?

今日はビデオを三脚に据えて、カメラは手持ちで煙によって縦と横を直ぐ持ち替えられる様にします。
津和野でSLと交換となる2545Dが通過し、しばらくすると津和野を発車する汽笛が聞こえます。

ほどなくして鳴滝踏切あたりを通過するSLが見えます。

C57 鳴滝 付近

2017.3.25 15:50撮影 8522レ 津和野~船平山間


うん、まずまずの煙を出しているなぁとSLの姿を追うと本山踏切辺りでは煙に元気が無くなり、これは悪いパターンか?。

カーブで姿が見えなくなり大蔭踏切から姿を現したC57-1は良い煙いを吐きながらやってきました。

C57 鷲原 横

2017.3.25 15:52撮影 8522レ 津和野~船平山間


ストレートをやってくる姿を撮影した後は、縦位置にスイッチします。

C57-1 鷲原 縦

2017.3.25 15:52撮影 8522レ 津和野~船平山間


やはり津和野の登りはいい煙を出してくれます。

最後は線路を横断する電線が入ってしまいますが、迫力の一枚を撮ることが出来ました。

C57-1 鷲原 アップ

2017.3.25 15:52撮影 8522レ 津和野~船平山間


SLは白井の里を目指してトンネルに消えていきます。

SLがやってくる直前になって少しは太陽の光が届くようになりました。お陰で少し明るく撮影出来ました。
さてSLを追掛けましょう。

(6/4)下りSLばんえつ物語を追い掛けて(3)

日出谷のカーブで撮影した後は、SLを追い掛けて津川駅先の京ノ瀬へ向かいました。三川発車や馬下のギラリ狙いならもう少し余裕が出来るのでしょうが、やはり日出谷からだと峠越えがあるのでかなりタイトな追いかけでした。
カメラを用意して動画の準備をしていると津川発車の汽笛が聞こえ、セッティングが完了した時にはこちらに向かってくる姿が見えました。

C57-180 日出谷~鹿瀬間 望遠

2016.6.4 17:36撮影 8233レ 日出谷~鹿瀬間

まずは横位置で列車主体を狙います。このポイントは晴れると光線状態が今一つなので今日のような曇の日の方が向いている場所です。
ここでもカーブ向こうから姿を現した時はいい煙だったのですが・・・

C57-180 広角

2016.6.4 17:36撮影 8233レ 日出谷~鹿瀬間

こちらは縦位置で阿賀野川を入れた構図で狙ってみました。
こっちの方が絵的には良いですがこれで煙がもう少しあれば良かったのですが、ホントついてない1日でしたね。

朝から1095レ、EF64とED75のELレトロ福島、そしてばんえつ物語とかなりの収穫でした。さらに追いかければ馬下でもう1発狙えますが、今日はココで打ち止め。
この近くにある津川温泉で汗を流して帰ることにします。

鉄道コム

(6/4)下りSLばんえつ物語を追い掛けて(2)

舞台田踏切で撮影した後、車を坂下ICへ走らせ磐越道を使い津川ICを16:43に通過して17:00に日出谷のカーブに到着。ギリギリ間に合いました。
やっぱり喜多方から日出谷への追っかけはかなり厳しいです。

急いで用意していると日出谷発車の汽笛が響き、ブラスト音が聞こえてきました。

C57-180 日出谷~鹿瀬間 望遠

2016.6.4 17:06撮影 8233レ 日出谷~鹿瀬間

橋梁に入るまではいい煙でしたが、阿賀野川を渡り始めると煙が薄くなってきました。

C57-180 日出谷~鹿瀬間 広角

2016.6.4 17:06撮影 8233レ 日出谷~鹿瀬間

広角の方ではなんか絵がしまらないですねー

なんか今日は煙に縁が無いようです・・・

鉄道コム

(6/4)下りSLばんえつ物語を追い掛けて(1)

久田野~泉崎間で「ELレトロ福島」を撮影した後は、磐越西線に転戦しました。
ELレトロの返却回送を撮っても良かったのですが、元々この日は磐越西線に行く計画をしていたので、下りのばんえつ物語を撮ろうと喜多方の舞台田踏切に向かうと、通過1時間前には到着しました。

いつもなら数名がいる筈の踏切には先着が1名とかなり寂しく場所は選び放題です。

キハ47

2016.6.4 14:53撮影 233D 喜多方~山都間


キハ47(新潟色)とキハ48(国鉄色)の2連が通過。標識がうるさい順光側にするか障害物が無い影側にするか悩んだ末、順光側にしたのですが、この後徐々に雲が沸いて薄日になってきました。

影側にはポチポチと人が集まって来ましたが、こちら側は自分だけ。うーんこんな舞台田は珍しい。やはりイベント列車が多いと分散しますね。

キハ110

2016.6.4 14:48撮影 234D 喜多方~山都間

喜多方でSLと交換となるキハ110が通過する時はまだ日が当たっていたのですが・・・

駅に停車しているSLから煙が上がるのが見え、発車の汽笛が聞こえます。
鉄橋を渡ってくるC57ですが、煙がどんどん薄くなってきました。

C57-180ばんえつ物語

2016.6.4 15:54撮影 8233レ 喜多方~山都間

あれーいつもなら爆煙なのでんですが、環境に優しい運転です。

爆煙でも大丈夫な様に広角で狙った方はスカスカな写真に

C57-180

2016.6.4 15:54撮影 8233レ 喜多方~山都間

うーん撮影者が少ないからサービスなしですかね(笑)

さて、この後追いかけます。

鉄道コム

(11/14)C57-180「SL青い12系客車号」~その3~

上りの撮影後、塩川駅近くにあるアタミ食堂へ向かいます。最近、磐越西線の撮影時にはココで「半ライスと半ラーメンに塩川名物のトリモツセット」(920円)を注文するのがパターンです。
温かいラーメンが体にしみます。モツもうまいし腹いっぱいになります。

さて下りのSLですがこの時期撮影出来るのは喜多方界隈が限界となるので舞台田での撮影を考えていましたが、今日は天気も悪いし風向きが完全にテールウィンドです。これは煙が暴れるので断念して電化区間で撮影することに。

姥堂~会津豊川間の田園地帯に行ってみましたが、定番側の架線柱が無い側は完全に風下で煙で客車が隠れると言うことで風上になる反対側へ回ってみました。
架線柱が邪魔ですがカーブしていて折角の原色12系が隠れることはなさそう。しかし風に加え雨も降り出して最悪な条件に
これでは2台体制は厳しいとカメラとビデオだけ取り出して撮影です。

2015.11.15 15:50撮影 8225レ 姥堂~会津豊川間

2015.11.15 15:50撮影 8225レ 姥堂~会津豊川間

5分程遅れて通過となりましたが、雨が写り込んだものの予想通り風は反対側に流れて12系客車は無事でした。
線路脇のススキが邪魔でしたが秋らしくていいかな。

今回唯一の後追い撮影もできました。

2015.11.15 15:50撮影 8225レ 姥堂~会津豊川間

2015.11.15 15:50撮影 8225レ 姥堂~会津豊川間

かっぱを着て撮影しましたが、スボンの裾はかなり濡れてしまいました。
車に戻り機材を片付けて同行した友人を会津若松駅まで送った後、駅チカの「富士の湯」で冷えた体を温めます。

風呂に入りながら1泊して明日もと考えましたが、予報的には今日と同じような予報で微妙だったこともあり予定とおりレンタカーを返却して18時発の高速バスで帰路に付きました。

やっぱり天気の良い時に撮影したいですね。

鉄道コム

(11/14)C57-180「SL青い12系客車号」~その2~

群岡のカーブで撮影した後、道具を撤収して追撃することにします。
オーソドックスな追い掛けだと山都の停車時間を利用して山都~喜多方間に点在するポイントになりますが、今日は遅れておりダイヤが読めないこともあり、高速道路で電化区間へ向かうことにします。

群岡から30分弱で笈川~堂島間の踏切へ
既に何台も車が来ており空いているスペースで道具を準備します。雨は止んでいるものの磐梯山から吹き下ろす風が横から強く吹いており煙があると巻かれそうだな・・・
SLは25分遅れでやって来ましたが、やはりそうなるよなぁ。

2015.11.14 13:45撮影 8226レ 笈川~堂島間

2015.11.14 13:45撮影 8226レ 笈川~堂島間

望遠で狙った方はまだ12系客車が4両目視できますが、広角で狙った方は

2015.11.14 13:45撮影 8226レ 笈川~堂島間

2015.11.14 13:45撮影 8226レ 笈川~堂島間

2両しか目視出来ません。

この区間は平坦区間ですが、煙が出る区間なんですよね。今日はそれが裏目に出てしまったですね。
それにしても風が強く寒いかった。
早々に片付けて昼食にします。

鉄道コム