(3/6)ED75-758郡山工臨その2

松川から先行するE720系の普通に乗車して、工臨より先回りをします。
何箇所か候補の中から選んだのは五百川駅近くの陸橋上です。
五百川駅で下車して歩いて向かうと駅近くの踏切辺りに鉄が数名、架線柱に寄り添っていたので、どんな様子だろうと見ると丁度この辺りは線間が広くてタイガーロープが無い場所でした。さらに良い感じひねりもあるのでココで撮ることにします。

運よくEH500-35のカモレが来たので長さ確認をして工臨を待ちます。

EH500-35 3058レ 本宮~五百川間

2017.3.6 16:01撮影 3058レ 本宮~五百川間


それにしても踏切脇に居たので通りすがりの車から「何か来るんですか?」と何回聞かれたことか(笑)
まあ、貨物列車としか言いようが無いですね・・・
さて工臨は貨物の後やってくるので待っていると駅の上り列車接近放送が入ります。踏切も鳴動するので方向矢印を確認するとED75がやって来ました。
ED75-758工9582レ 本宮~五百川間

2017.3.6 16:13撮影 工9582レ 本宮~五百川間


これで太陽が出ていれば順光になった筈ですが、今日は太陽の輪郭が時たま見える程度の曇り空なのが残念。まあこればかり仕方ないですね。

これにて工臨撮影は終了で五百川駅から後続の新白河行に乗車しての帰り道、郡山駅でED75に再会しました。
チキ牽引を終えて仙台に単機回送される様です。

単?レ 郡山駅

2017.3.6 16:50撮影 単?レ 郡山駅

新白河行は郡山で停車時間があったので撮影しておきます。
ちょっとしたお土産みたいなものでしょうかね(笑)

この後は東北本線を新白河、黒磯、宇都宮で乗り継ぎ南下して帰京しました。

(3/6)ED75-758郡山工臨その1

日曜の夜、月曜日に前から一度は撮影してみたいと思っていたED75の工臨があるとの情報を得た後、そう言えば3月中に取得しないとならない休暇が有るンだよな~と良からぬ?考えが出て、出社後午後半休を申請して遠征することになりました。

上野から昼過ぎの新幹線に飛び乗り、郡山で在来線に乗り換えて松川駅で下車します。駅から歩いて以前に「ELSLふくしま復興号」を撮影したポイントに向かうと、通過30分前に到着することが出来ました。

ココは晴れるとサイドが陰ってしまうポイントですが、今日は曇り空だった事もありこちらをチョイスしました。

準備をしているとEH500-38のカモレがやって来たので長さ確認をします。

EH500-38 5090レ 金谷川~松川間

2017.3.6 14:48撮影 5090レ 金谷川~松川間


タキの石油専貨でEH500だとコンテナばかりを見ていたので、なんか新鮮に見えます。

この後、松川駅の中線場内が注意信号を現示し、ゆっくりとお目当てのED75-758が牽引する工臨がやって来ました。

工レ 金谷川~松川間

2017.3.6 14:58撮影 工9582レ 金谷川~松川間


チキ6両とちょっと短めですが、レールは2段積みで満載です。

駅に戻ると中線に工臨が停車中です。先行する上り普通列車が来るまで撮影します。

 工9582レ 松川駅

2017.3.6 15:13撮影 工9582レ 松川駅


現存するED75は全て700番台なのがちょっと残念ですが、貴重な釜の一つです。撮影していたら上り本線を通過するカモレの牽引機がEH500-1でした。ちょっと撮影したかったですね。

岩切のチキは初めて見ましたが、2両つづでユニットを組んでユニットごとに列車標識の円盤を付けているンですね~

郡山工臨 郡山工臨

2017.3.6 15:15撮影 工9582レ 松川駅

越中島のチキとは雰囲気が違うので面白いです。

さて、上り列車が来たので先行します。

鉄道コム

(6/4)ED75の「ELレトロ福島号」を撮影

ワシクリでEF64の「ELレトロ福島号」を撮影した後、東北道で追撃します。想定より通過が遅かったので12時ちょい前に白河中央ICに到着。

通過時間から北に向かう東北本線では順光になる場所は無いので少しでも逆光が厳しくない場所を探した結果、久田野~泉崎間が良いだろういう結論になり、事前に目をつけていたに工業団地裏手にある第三種踏切に向かいました。
踏切には先着者の方がおらましたが、なんとか撮影できそうなので用意していると踏切が鳴動します。EH500の貨物列車がやってきました。

ワシクリで撮影したEH500-6の3083レでした。

2016.6.4 12:17撮影 3083レ 久田野~泉崎間

2016.6.4 12:17撮影 3083レ 久田野~泉崎間


コンビニで買った昼飯を食べているとJRの車がやって来きました。第三種で遮断桿が無い場所なので位置的に架線柱より外側に居るとは言え微妙な場所なのでこりゃダメかなと思っていたら・・・「線路に近いから上り線が来たら危ないから避けてください」
と注意して引き上げて行きました。なんとまあ寛容な取り扱いなんでしょう。
感謝ですね。

さて、そろそろ久田野通過時刻。準備をしていると上り貨物が通過し続いてレトロ福島です。

ED75-758 レトロ福島号

2016.6.4 12:57撮影 9121レ 久田野~泉崎間

まずは70mmです。
架線柱間で6両抜けるか微妙でしたが、なんとか収まってくれました。
3083レで撮影した時厳しいなと思っていたら隣の方が位置をずらしてくれたおかげです。
それとこの場所はタイガーロープが低いのであまり目立たないのが良かったです。

ED75-758 レトロ福島(広角)

2016.6.4 12:57撮影 9121レ 久田野~泉崎間

こちらは広角です。
30年前、泉崎駅手前のカーブでED75牽引の旧型客車を撮影したことがあります。あの当時は旧型客車はこんなに綺麗では無かったでしたね。茶色だか青色だが判らないような汚れっぷりでしたし(笑)

なんとかEF64とED75を抑えることが出来たのでこの後は、磐越西線へ転戦することにします。

鉄道コム