2017年春の大遠征撮影記(動画編)

先月末の関西本線・三江線・鹿児島本線・山口線への大遠征時に撮影したビデオをクリック化してYoutubeにアップしました。

DD51の独特なジョイント音にエンジンが唸る音、里山に響くキハ40の息吹、廃止が近づく三江線、そしてC57-1の力強いを走りをそれぞれご堪能?ください。

この記事で春の大遠征関係の紹介は終了です。
気がつくともう5月で1ヶ月も経ってしまい、三江線も残り10ヶ月となります。また機会があれば乗りたいですが流石に無理かな・・・

鉄道コム

(3/25)2017年春の大遠征撮影記13

良い煙を堪能した後、車で来た道を引き返します。
国道を走っていると徳佐と鍋倉の間でSLを追い抜くことが出来き、次は篠目の発車を考えていましたが、渡川のオーバークロス手前の駐車スペースが空いていたので臨時停車します。
急いで準備すると渡川駅へ進入するC57の姿が見えます。

ココは煙は期待出来ない場所ですが、稀に出るときもあるのですが・・・

C57-1 渡川

2017.3.25 16:28撮影 8522レ 渡川~長門峡間

渡川駅に進入する姿が見えまする煙は無し。
橋梁を渡る際に汽笛を鳴らす蒸気は出ましたが、やはり出ませんねー
それに完全な曇り空になってしまったのが残念です。

手持ちなので広角にスイッチして撮影します。

C57-1 渡川~長門峡間

2017.3.25 16:28撮影 8522レ 渡川~長門峡間


絶気状態でC57はオーバークロスを抜けて長門峡を目指して通過していきました。

車に戻り国道を南下すると長門峡駅で停車中のC57を抜きます。
渡川では曇っていたのが長門峡を過ぎるといい天気です。これなら篠目の発車もいい感じで撮れるかもと先を急ぎますが、国道から篠目駅に入る裏道の踏切が鳴動してしまい、渡れず国道経由で駅に向かったので、駅に到着したのは篠目発車の3分前でした。

C57-1 篠目発車

2017.3.25 16:43影 8522レ 篠目~仁保間


用意が終ると直ぐに発車となり、まずは給水塔と腕木信号を入れて撮影します。
この雰囲気は良いですよね~

999が出発するシーンを思い出します(笑)

C57-1 篠目発車 縦

2017.3.25 16:43影 8522レ 篠目~仁保間


最後は縦位置で。
前回、篠目発車を撮影した時は太陽が陰ってしまったので今回は順光で撮影できたのは良かったです。

さて、この先の追掛けは山口市内の道路状況によります。
仁保入口交差点は問題無く通過できこれならもう1発可能だろうと走らせますが、県庁前あたりで渋滞し微妙な感じに。

仁保津手前のお立ち台に到着し車を止めて三脚を取り出すと近くの踏切が鳴動しギリギリで間に合いました。

C57-1 大蔵~仁保津間

2017.3.25 17:24撮影 8522レ 大蔵~仁保津間


篠目では日が差していましたが、こちらでは丁度通過前に雲で遮られ通過後に晴れると言ういつものパターンでした。

今日は予報がコロコロ変わったので撮影者は少なかったのが幸いしてか、上りで4回撮影出来たのはなかなか上出来きでは無いでしょうか?
これで予定していた撮影行程は全て終了です、ココからなら山口宇部道路の流通センターICが間近なので空港に向かいましょう。

鉄道コム

(3/25)2017年春の大遠征撮影記12

当初の遠征計画では、三江線乗車の翌日はSLやまぐちの撮影をして、山口宇部空港からJALで帰京する計画でした。
が、やっぱりEF81やED76を撮影したいなぁ~と九州入りを決意して予定を変更したのですが、天気予報がコロコロ変わり前夜の予報では、九州は天気が悪く山口は晴れ間も出るとの事で急遽、予定変更したのです。

赤間から小倉に向かう車内で、モバイルsuicaアプリで小倉からのさくら552号の指定券をEX-IC特急券を購入しておきます。EX-IC特急券なら自由席料金で指定席を利用出来るので少しはお得感があります。
小倉駅で乗換する間に折尾駅名物の「かしわ飯」を購入してホームに上がるとさくら552号が入線してきました。

新山口まではたったの20分しか無いので食べ終わると新山口駅到着のアナウンス。
新山口に13時に着くと太陽が出ていい天気です。新幹線口駅前にあるタイムズレンタカーで車を借りて津和野を目指します。山口市内で少し込んだものの14時半前には鷲原の撮影地に到着です。

思ったより撮影者は少なく、アウト側から撮影することにします。
まずはSLの先行となる8562Dを

キハ40 8526D 津和野~船平山間

2017.3.25 14:50撮影 8526D 津和野~船平山間


さっきまで日が差していたのですが、通過前に曇ってしまいました。
うーむ。自分が雲を呼んでしまったか?

今日はビデオを三脚に据えて、カメラは手持ちで煙によって縦と横を直ぐ持ち替えられる様にします。
津和野でSLと交換となる2545Dが通過し、しばらくすると津和野を発車する汽笛が聞こえます。

ほどなくして鳴滝踏切あたりを通過するSLが見えます。

C57 鳴滝 付近

2017.3.25 15:50撮影 8522レ 津和野~船平山間


うん、まずまずの煙を出しているなぁとSLの姿を追うと本山踏切辺りでは煙に元気が無くなり、これは悪いパターンか?。

カーブで姿が見えなくなり大蔭踏切から姿を現したC57-1は良い煙いを吐きながらやってきました。

C57 鷲原 横

2017.3.25 15:52撮影 8522レ 津和野~船平山間


ストレートをやってくる姿を撮影した後は、縦位置にスイッチします。

C57-1 鷲原 縦

2017.3.25 15:52撮影 8522レ 津和野~船平山間


やはり津和野の登りはいい煙を出してくれます。

最後は線路を横断する電線が入ってしまいますが、迫力の一枚を撮ることが出来ました。

C57-1 鷲原 アップ

2017.3.25 15:52撮影 8522レ 津和野~船平山間


SLは白井の里を目指してトンネルに消えていきます。

SLがやってくる直前になって少しは太陽の光が届くようになりました。お陰で少し明るく撮影出来ました。
さてSLを追掛けましょう。

「SLやまぐち」を撮影~その6~(山口遠征その⑯)

山口遠征時に「SLやまぐち」を動画撮影をしたのをクリップ化してYoutubeにアップしました。これで山口遠征の紹介は最後になります。

2013_05_18_0196.jpg

SLは写真もいいけど、動画だとSLの息遣いがPCで感じられるのでいいですよね。
この日は風が強く、煙が煽られてしまいましたが、動画なら煽られた所も判るので助かります。
ただ、カメラと並べてしまうのでどうしてもシャッター音が邪魔になります。外部マイクを付ければ良いのですが、まだ購入に至ってません。

ビデオを撮影しているのは、往路が宮野~仁保間、長門峡、徳佐Sカーブで復路は、津和野~船平山間、篠目発車の計5箇所で、11分36秒あります。
SLの息遣いをお楽しみください。


鉄道コム

「SLやまぐち」を撮影~その5~(山口遠征その⑭)

篠目発車を撮影後、間に合えばもう1発撮影できるかもと言う事で国道を南下します。峠を越え宮野の交差点もスムーズに通過して山口市街地に入りましたが、バイパスで混雑している地点があり、思うように進まずこりゃ、間に合わないなぁと時計を確認しながら進みます。
大歳駅を過ぎた辺りから国道と山口線は併走するのですが、踏切には撮影者がSLを待ってます。
これはSLを抜いたか?と大歳~仁保津間にあるお立ち台に車を入れると近くの踏切が鳴動しC57がやってきました。
カメラだけ取り出してなんとか撮影することが出来ました。

2013_05_18_0197.jpg

2013.5.18 16:57撮影
夕日を浴びて良い感じです。
後は、新山口駅に向かいレンタカーを返却して、空港連絡バスで宇部山口空港へ向かい、東京羽田行きのJAL最終便で帰路につきました。

2013_05_18_0214.jpg

2013.5.18 18:22撮影
運が良いことに、この日はHAPPINESS EXPRESS機材でした。
これにて写真の方の紹介が終わります。残りは動画編です。編集次第、アップいたしますので、少々お待ちください。
<山口線撮影地>大歳~仁保津間

国道と山口線の間にある空き地から撮影出来ます。地主の好意で開放されている場所なのでゴミなどを散らかすことがないように。


鉄道コム

「SLやまぐち」を撮影~その4~(山口遠征その⑬)

国道を山口方面に走らせると徳佐手前でSLを抜いて先行します。
上りは停車時間がどこも短いので、あまり余裕はありません。
津和野はまずまずの天気でしたが、徳佐を過ぎると雲が出ていて日射しがあまりありませんでした。
上りの2発目は、篠目の発車です。
駅前の駐車スペースに車を入れて駅先から撮影です。用意をしていると篠目で交換する下り普通列車が到着します。SLの汽笛が聞こえてC57も到着。

篠目で交換

2013.5.18 16:11撮影
篠目では5分の停車時間があるのでホームがにぎやかになります。
下り普通列車が発車していき、C57もこの先の勾配に向けて石炭炊きが始まり、長音一発出発!

発車

2013.5.18 16:16撮影
おおー良い煙だ―
給水塔と腕木信号が良いアクセントになってくれました。
さらに手前にやって来た所を

篠目発車

2013.5.18 16:16撮影
今回で一番良い煙で出発してきました。


鉄道コム

「SLやまぐち」を撮影~その3~(山口遠征その⑫)

徳佐から温泉に向かったのに、まさかの定休日で轟沈。
仕方なく津和野に戻り、本門前踏切で復路の場所を確保した後、駅前で遅い昼食をとることに。
駅から戻って用意をしていると、津和野発の普通列車がやってきました。
キハ47の2連で山口線全通90周年のヘッドマーク付きです。
2013_05_18_0148.jpg2013.5.18 14:48撮影
まだSL発車まで時間があったので飲み物を買いに近くの販売機まで行くと、すぐ近くに酒蔵があり折角なので、地酒をお土産として購入しました。少しでも地元に貢献しておかないとね。
踏切に戻り、再セッティングしますが、もし爆煙だったらと言うことで縦構図に変更してみます。
下り列車がやってきたので構図確認

2013_05_18_0151.jpg

2013.5.18 15:14撮影
うん、これなら爆煙でやってきても大丈夫です。
駅あたりから煙が上がり、発車の汽笛が聞こえてきます。
これまだ微妙に光線が雲で遮られたり晴れたりしていたので曇るなよーと太陽の方向を見ると、小さな雲が近付いてます。
雲の光線被りは回避されたもの、直線に入るまで煙が綺麗に立上がっていたのですが林が切れた場所から風に煽られて折れてしまいました。

2013_05_18_0159.jpg

2013.5.18 15:24撮影
うー、今日は風に祟られているのかなぁ~
C57は白井の里を目指して勾配を上っていきます。
さて、自分も追いかけ体制に入ります。


鉄道コム

「SLやまぐち」を撮影~その2~(山口遠征その⑪)

長門峡の発車を撮影した後、車に戻り国道を北上してSLを追いかけます。
今年から地福駅で撮影用に停車時間が増えて、余裕で追いかける事ができるようないなりました。
その分、SLの後続で運転されていた普通列車が無くなり、列車利用での撮影が厳しくなってしまいました。
国道もスムーズに進み、徳佐のカーブにはSLより10分程早く到着出来ました。
今日は全体的に風が強くて、この様子だと煙が流されそうな感じです。
案の定、Sカーブに入って来た時は良い感じだったのですが、次第にに風に流されてしまいました。

SLやまぐち

2013.5.18 12:45撮影
うーん、今日は風に泣かされるなぁー
これにて往路の撮影は終了です。
この後、徳佐から車で10分程の温泉に向かったのですが、なんとこの日は月2回の定休日で、入浴できませんした。


鉄道コム

「SLやまぐち」を撮影~その1~(山口遠征その⑩)

岡見貨物の撮影を終え、小郡ICから国道9号でSLやまぐちの追っかけポイントの
始点、大山路踏切へ向かいます。
昨年の重連の際にココで撮影したので、今日は場所を変えてみようと少し奥にあ
る第三踏切で撮影します。
デジタルでC57-1が牽引する普段のSLやまぐちを撮影するのは初めてです。
三脚をセッティングして、レンタカーに忘れ物を取りに行くと、その間にキハ47の普通列車が行ってしまいました。しまった構図確認する列車が行っ てしまった。
頭の中で構図を考え、煙も有るだろうと縦構図にして準備
遠くから汽笛が聞こえ、踏切も鳴動してSLのブラスト音も聞こえてきました。
カーブから姿を見えた時は良い煙を吐き上げていたのですが・・・

2013_05_18_0125.jpg

2013.5.18 11:19撮影
ちょうど林を抜けて風の通り道になっていた場所なので、煙が風にあおられて倒れてしまいました。
だから他の人は望遠でカーブを出てくるところを狙ったのか
撤収して、SLを追いかけます。
国道9号を北上して長門峡に到着したのが列車到着の15分前でした。
鉄橋脇から下から狙おうかと悩んだのですが、定番のお立ち台で撮影することに。風が強いのでまた煙が倒れそうな予感・・・
SLは定刻に長門峡到着。発車間際に良い煙を吐き出して長音一発で発車。
鉄橋を渡ってきますが

2013_05_18_0134.jpg

2013.5.18 12:01撮影
うーん薄かった。
まあ気温も高めになってきているので仕方は無いのですが・・・
煙を吐きながらC57は津和野を目指して行きます。

2013_05_18_0138.jpg

2013.5.18 12:01撮影
素早く撤収して、SLを追いかけることにします。


鉄道コム

10/21「SLやまぐち」重連運転を撮る③

下り列車の撮影終了後、上り列車の撮影に向かったのは津和野~船平山間の白井の里です。
この日は地元有志による「SL茶屋」が開催され、駐車場の提供やお弁当などの販売などが行われていました。
「撮り鉄」は沿線住民から疎まれる存在なので、こうやって良好な関係を築くことが出来ることは嬉しいことです。ここまで漕ぎ着けるまではさぞ大変だったのでは無いでしょか?
白井の里ですが、今年は線路脇にコスモスが植えられ、コスモスとSLを絡めるのが大人気となり、コスモス畑の前は撮影者の三脚がびっしりです。
個人的に混雑する中での撮影が嫌いなので、人の少ない定番ポイントへ向かいました。
待ち時間の間、茶屋でお弁当を食して一服。1時間位前にポジションに戻りセッティングしますが、この時期はどんどん日の位置が変わり山影になる部分が増えていき早く来てくれと待ち、15時半を過ぎてようやく、やってきました。

2012_10_21_0041.jpg

2012.10.21 15:33撮影
今日一番の煙を吐きながらカーブをやってきました。煙も綺麗になびいてくれました。

2012_10_21_0048.jpg

2012.10.21 15:33撮影
C56の頑張っているようです。
ちなみに、右端に柿の木なんですが、遠すぎて柿が成っている様子が判らないのは残念。秋らしい風景になるかなと思ったのですが・・・・
白井の里まで来ると、よっぽど高速移動しない限り上りの追っかけはまず無理ですね。特に山口市内が混んだらアウトです。今回も新山口手前でも間に合えばと思ったのですが、SLに追いつくことはできませんでした。


鉄道コム