(11/18)上りSLパレオ

18日は用事で前橋まで行くことになっていたので、出来れば朝から上越のSLをと考えていましたが、朝早いのは却下と言うことで午後だけになってしまいました。

なのでこの時期、上越の上りは露出が厳しいのでちょっと脇に道に入って秩父へ。

途中、道の駅などに寄り道して影森に着いたのは通過40分前。長瀞あたりは紅葉が見頃でしたがこの辺りは終わってますね。

気温が下がって煙が期待できるのですが、天気がイマイチなのが残念です。まあ雨が降らないだけマシですけど。
寒い中待っていると、汽笛が聞こえブラスト音が響くと白煙が上がって来ました。

C58-3635002レ 浦山口~影森間

2017.11.18 14:20撮影 5002レ 浦山口~影森間

冬場らしく白い蒸気を吐きながら影森の登りを上がってきました。
ちょっとススキが邪魔ですが、まあ晩秋らしいから良いかな。

振り返って蒸気が吐きながら坂を登る様子を狙います。

影森の登り 5002レ 浦山口~影森間

2017.11.18 14:20撮影 5002レ 浦山口~影森間

この日の気温は10℃程とかなり低かったので夏場だと消えてしまう蒸気もばっちり写ります。

さて、影森まで来ると前橋に向かうには、野上まで戻る必要があるので、必然的?にもう一発となります。
晴れていれば荒川の河原から紅葉バックですが、この天気では絵にならないので、ありきたりな長瀞発車へ。

この日は団体客が多いようでホームには多くの乗客が待っている中C58が到着。
停車中に発車に向けて蒸気作りをするので黒煙が上がります。

C58-363 長瀞停車 5002レ 長瀞駅

2017.11.18 15:08撮影 5002レ 長瀞駅

秩父のSLはなるべく黒煙を出さないようにしているので、長瀞停車中に必要な蒸気を作ってしまいます。5002レの場合はこの先下り勾配が続くのであまり蒸気が必要は無いので直ぐに終わってしまいます。

先行させる羽生行が行った後、C58の発車です。

C58 長瀞発車 5002レ 長瀞駅

2017.11.18 15:14撮影 5002レ 長瀞駅

どうせ煙は大したことないだろうと横位置で狙っていたら、盛大にドレンを吐き出して出発します。

おっと今日は気温が低かったのを失念していました。
出発時使った蒸気の排煙がかなり出ています。
急いで横位置に変更です。

C58-363長瀞発車 5002レ 長瀞駅

2017.11.18 15:14撮影 5002レ 長瀞駅

流石にこの辺りまで来るとドレンは無く、折角の白煙がくもり空と同化してしまった残念です。これで晴れていれば最高だったのですが、まあ天気には勝てません。

さて、前橋に向かうことにします。

鉄道コム

(11/18)紅葉の秩父路とSLパレオ

今日は用事があり休暇を取りましたが、方向的に秩父のSLパレオを撮影してから行けると言うことで下りの定番ポイント樋口~野上間へ向かいました。

SLの前座となる下り貨物列車が通過する頃に雲が太陽の光を遮ってしまいました。

デキ504

2016.11.18 10:58撮影 7403レ 樋口~野上間


この後、雲が動いて晴れ間が復活。
樋口でSLと交換となる上り列車が通過するころにはいい天気になりバックの山にも日が当たり色が出ました。
こう見ると昨年より紅葉の色づきは良いようです。

駅通過の汽笛が聞こえC58-363がやってきます。
直線の上り勾配に差し掛かった時はかなり白煙が出てましたが、直線の中間あたりから徐々に息切れになり・・・

C58-3635001レ 樋口~野上間

2016.11.18 11:17撮影 5001レ 樋口~野上間


こんな感じになりましたが、紅葉の山が爆煙で隠れてしまうよりはマシかな。

さてこの後は用事の為、戦線離脱。
このままSLのを追いかければ良かったなぁ~

でもって、最後に再び上りのパレオを寄居~桜沢間の国道から俯瞰しました。もう少しひきつけて撮影するのがココの定番ですが、線路脇のススキとバックの紅葉した林を入れたかったのでこういう構図にしてみました。

C58-363寄居~桜沢間

2016.11.18 15:45撮影 5002レ 寄居~桜沢間

SLのもカーブから直線に入って最初の踏切あたりまではかなり白煙を出していたのですが、手前の踏切あたりで絶気状態になってしまいました。

本日の撮影はこれで終了で、東京へもどります。

鉄道コム

(7/20)C58-363「秩父川瀬祭り」号~その4~

影森での撮影後、浦山ダムを見に行った家族を迎えに行き、帰路につきます。

タイムロスしたので、追っかけは厳しいかなと思ったのですが、有料道路を使ったおかげで寄居にはSLより20分先行できました。
最後に小前田先で撮影しようと線路沿いへ

すぐに樋口で撮影したジオパーク号がやってきました。
この後15分程まってSLがやってきましたが、予想通りの絶気です。

まあ、太陽が雲で遮られたので正面がつぶれず良かったですけど

2015.7.20 16:47撮影 5002レ 小前田~永田間

2015.7.20 16:47撮影 5002レ 小前田~永田間


C58はこの先の踏切で手を振っていた子供に汽笛で応じてゆっくりした足取りで熊谷へ向かいます。

万一、煙があった時用に用意していた縦位置構図も。

2015.7.20 16:47撮影 5002レ 小前田~永田間

2015.7.20 16:47撮影 5002レ 小前田~永田間


撮影後、道の駅で買い物した後、関越で東松山まで行き大宮へ下道で抜けて首都高で地元に戻るとちょうど1090レが新小岩に到着して入換している時刻だったので寄り道。
EF65-2070 2015.7.20 19:05撮影 1090レ 新小岩(信)

2015.7.20 19:05撮影 1090レ 新小岩(信)


日暮れの残光の中EF65-2070が1092レから継承するコキを連結して組成完了。

発車まで待つと家族からの苦情が出るので早々に撤収。これにてこの日の撮影は完了です。

(7/20)C58-363「秩父川瀬祭り」号~その3~

午前中の撮影後、道の駅へ行きましたが混雑しているので、浦山口駅近くのコンビニまで戻って昼食を買い、ダムの放水が行われている浦山ダムの駐車場で放水を見ながら昼食。

家族はダムの見物をしている間に浦山口~影森間の陸橋へ。
雨もかなり降って本降り状態。時折ゴロゴロと雷鳴もして撮影条件が悪く明るいレンズをチョイスすることに。

浦山口駅を通過するSLの汽笛が聞こえましたが、なかなかやってきません。
先ほどまで大粒の雨がポツポツになって傘なしでも撮影できるほどに回復したものブラスト音が次第に聞こえるようになるとカーブの先から煙がかなり立ち上がって動輪が空転する音まで聞こえます。

カーブからようやく姿を現した時には、完全燃焼状態です。70-200F2.8でアップ気味に

2015.7.20 14:21撮影 5002レ 浦山口~影森間

2015.7.20 14:21撮影 5002レ 浦山口~影森間


速度は人間が歩くと同じような速度でゆっくりゆっくり勾配を上がってきます。上りこう配とカーブ、そして雨と条件が悪いですから当然です。

蒸気を吐き出しながら近づいてきたところを縦位置で

2015.7.20 14:21撮影 5002レ 浦山口~影森間

2015.7.20 14:21撮影 5002レ 浦山口~影森間


こちらは35mmF2レンズでの撮影です。

サミットまであと僅かですが、空転させないように慎重に勾配を上っていく姿を後追いで撮影しました。

2015.7.20 14:21撮影 5002レ 浦山口~影森間

2015.7.20 14:21撮影 5002レ 浦山口~影森間


停まってしまうのでは思う程、ゆっくりな速度でカーブの先に消えていくのを見送りました。

 鉄道コム

(7/20)C58-363「秩父川瀬祭り」号~その2~

樋口の鉄塔ポイントで撮影した後は、SLを追いかけて長瀞停車中に先行します。それにしても長瀞の国道沿いにあるかき氷屋は凄い行列でしたね。

荒川対岸の道を使い、浦山口で140号線に戻ると国道オーバークロスにまだ余裕がありそうだったので、2発目はココで撮影することに。
2台体制だったので、縦と横の構図でそれぞれセットして列車を待ちます。
秩父でSLより先行する三峰口行きで試写。

横だと日の丸構図になってしまうので、ちょっと修正。
長瀞までは良い天気でしたが、秩父を過ぎると雲行きが怪しくなりパラパラと雨が降り出してきました。

SLの汽笛が聞こえ浦山口駅を通過するSLが見え、やってきますがやはり完全燃焼状態です。鉄橋を超えたあたりから少し排煙し始めましたが、気持ち程度ですね

2015.7.20 12:31撮影 5001レ 浦山口~武州中川間

2015.7.20 12:31撮影 5001レ 浦山口~武州中川間

まずは横位置の7Dでシャッターを切ります。
調整したけどやはり日の丸です。もう少し横から狙えれば良かったのですが、そうなると草が邪魔だし・・・
続いて縦位置で.
2015.7.20 12:31撮影 5001レ 浦山口~武州中川間

2015.7.20 12:31撮影 5001レ 浦山口~武州中川間


今考えれば、横位置と縦位置のレンズを逆にすれば良かったカモ。

さてこれで下りの部は終了です。

 鉄道コム

(7/20)C58-363「秩父川瀬祭り」号~その1~

海の日の7/20でしたが、秩父へ行ってきました。朝、行田の古代蓮を見てから秩父鉄道へ向かい、1発目は煙が期待でる樋口~野上間の定番へ
今日は7DMarkⅡと50Dの2台体制での撮影なのですが、レリューズを忘れてしまい両手を使っての撮影となりました。

寄居でSLを抜いた普通列車で構図確認です。

2015.7.20 11:05撮影 1521レ 樋口~野上間

2015.7.20 11:05撮影 1521レ 樋口~野上間

元東急車の「秩父ジオパークトレイン」がやってきました。
いい感じで撮れました。
それにしても暑い。
木陰に入って列車が来るのを待っていると樋口で交換となる貨物列車が通過。
2015.7.20 11:15撮影 7204レ 樋口~野上間(後追い)

2015.7.20 11:15撮影 7204レ 樋口~野上間(後追い)

さて、次はSLの時間です。

汽笛が聞こえ、樋口駅からの緩やかな勾配を上がってきますが、完全燃焼状態です。
が、近づくにつれ排煙し始めてきました!

C58-363 2015.7.20 11:19撮影 5001レ 樋口~野上間

2015.7.20 11:19撮影 5001レ 樋口~野上間

まずは70mm(35mm換算102mm)で邪魔な背後を切った構図で狙って

続いてサブ機の40mm相当(35mm換算64mm)で

2015.7.20 11:19撮影 5001レ 樋口~野上間

2015.7.20 11:19撮影 5001レ 樋口~野上間

しまったこっちは鉄塔処理を考えて無かった。
これじゃダメですね~

でも夏場にしていい煙で通過してくれました。
今日は秩父の川瀬祭りと言うことで特製HMが付いてます。そういえば前回ココで撮影した時も東武動物公園号なるHMが付いてましたからココでHMなしを撮ってないなぁ~。

次回の宿題かな。

 鉄道コム

(1/10)C58-363SLパレオ「東武動物公園号」動画編

先日、秩父鉄道のSLパレオ「東武動物公園号」をビデオ撮影したのを切り貼りしてYoutubeにアップしました。


4カット目は時間が無かったので、少し傾いてしまいました。
追っかけ撮影で時間が無いとどうしても動画のほうがおざなりになってしまいます。もう少し気を配らなといけませんね。

鉄道コム

(1/10)C58-363SLパレオ「東武動物公園号」その4

三峰口駅に戻り、後続の羽生行きに乗車するとSLを長瀞で追い抜きます。SLは直ぐ続行で長瀞を発車するので寄居以東で撮影したところですが、この時期は逆光が強くあまり良い場所はありません。
今回は光線優先で、波久礼駅周辺で撮影することにて、改札を抜けて急いで移動しました。

波久礼駅の寄居方から撮影するのが定番ですが、天邪鬼な自分は樋口駅寄りの第四種踏切脇から狙います。ちょっと構図的に窮屈ですが、順光で狙えるのでヨシとしましょう。ビデオをセットすると直ぐにやってきました。

C58-363波久礼駅進入

2015.1.10 15:28撮影

もうちょっとサイドから狙えると良かったのですが・・・
SLを撮影して駅に戻ると太陽が山陰に入ってしまいました。山間部だけあって、わずか5分後の事でした。
この後の普通列車で寄居へ向かい、1090レを撮影するために東上線で市川駅へ向かいました。

鉄道コム

(1/10)C58-363SLパレオ「東武動物公園号」その3

武州日野で昼食の後、上りの撮影になりますが、山間部この時期は逆光やら良い場所があまりありません。とりあえず先発する下りで三峰口へ向かいます。
白久のポイントも何人か既にスタンバっているのと完全な山陰なので見送り、三峰口駅手前の直線がいい感じだったので、三峰口発車を狙うことに。

セッティングを済ますと、下りの急行がやってきました。

急行秩父路

2015.1.10 13:56撮影

下りSLをココで撮るのも良さそうですが、煙は期待できそうもないですね。

SLは14:03に汽笛一声で三峰口駅を発車。白煙を吐きながら構内から本線へ入りそのままで来て!と願いましたが、徐々に薄くなってしまいました。

SLパレオ三峰口発車

2015.1.10 14:05撮影


白久に向かって少し勾配がある感じだったのですが、引き出してしまえば後は力は要らないのでしょうかね。

さらに引きつけてアップで

SLパレオ三峰口発車2

2015.1.10 14:05撮影

動輪をアップで。

SLパレオアップ

2015.1.10 14:05撮影


この動きはSLの最大の魅力ですよね。

この後、後続の上り普通列車で追い掛けます。

鉄道コム

(1/10)C58-363SLパレオ「東武動物公園号」その2

樋口駅に戻り、こうやって電車で追い掛けが出来るなら車利用では無く、電車を使って少しは秩父鉄道に貢献しないとねぇ~と思いながら、古き良き時代を彷彿されるベンチに座って後続の普通列車を待ちます。

秩父でSLを追い抜き、武州日野駅で降車します。
駅手前の踏切は既に3名ほどスタンバイされていたので、その先の踏切に急ぎます。こちらは誰も居らず光線状態も良いので準備をすると汽笛が聞こえてきます。なんせ8分しか余裕が無いので大急ぎでビデオを用意してカメラは手持ちでスタンバイ。

C58-363武州日野

2015.1.10 12:39撮影


この辺は上り勾配が続くので煙を期待したのですが、鉄橋に入る前までは白煙が綺麗だったのですが、鉄橋を渡るにつれ息切れ状態になってちょっと残念。

C58はゆっくりとした足取りで駅への勾配を上がって行きました。
撮影後は、駅近くの食堂「ポルカドッツ和我家」で昼食にします。

鉄道コム