(9/27)本日の5971レはEF65-2117

本日の5971レは新小岩(信)で未バルブのEF65-2117が入ったので撮影してきました。
全検出場から2ヶ月を経過していますが、まだ綺麗な塗装でした。

EF65-2117 新小岩(信)

2016.9.27 22:23撮影 5971レ 新小岩(信)

先行する快速が定時だったので出発信号が進行現示してから起動まで余裕があったので、修了基準を満たす撮影が出来ました。

鉄道コム

ハルツ狭軌鉄道撮影記(9/4その3)

先程8920レをEisfelder talmühleから牽引した釜はココで機回しをしてベルニゲーロデからやって来たEisfelder talmühle行き8903レの牽引機になって再びEisfelder talmühleへ向かう運用になります。

99 7245-6 8903レ

2016.9.4 12:49撮影 8903レ Drei Annen Hohne~Elend間

この先は下り勾配なので逆向き運転になります。
後追いでカーブに入って行くところを撮影します。逆向き運転の時は後追いの方がなんか絵としては決まりますね。
8903レ 後追い

2016.9.4 12:49撮影 8903レ Drei Annen Hohne~Elend間(後追い)

時刻表では8903レには水・土曜日には無蓋貨車改造の展望車が連結されるのですが今日は日曜日なので連結されていません。

8903レ 後追い

2016.9.4 12:49撮影 8903レ Drei Annen Hohne~Elend間(後追い)

列車最後尾を現すXの標識が渋いです。
なんか乗客が自撮り棒で撮影していますね(笑)
続いて8920レがドライアンネホーネ駅を発車します。
99 7232-4 8920レ

2016.9.4 12:51撮影 8920レ Drei Annen Hohne~Schierke間

1本前の8941レ程ではありませんが良い煙を吐きながらやってきました。

先程、8903レを撮影した踏切に現地人がかなり列車まで接近して居ますが欧州ではすべて自己責任です。

99 7232-4 8920レ後追い

2016.9.4 12:51撮影 8920レ Drei Annen Hohne~Schierke間(後追い)

狭軌鉄道と言ってもSLの迫力には感動しちゃいますね~



その2へ>  <旅行記へ>  <その4へ>

鉄道コム

(9/25)いつもの1091レと1093レ

今日は1095レがEF64-1049なので成田線に遠征も考えたのですが予報が良くなかったので中止しましたが、起きるとまずまずの天気だったので行けば良かったかなと思いつつ、いつもの1091レ撮影に中川橋梁へ。

まいあさんも来られて2人で寂しく撮影です。それもその筈、今日は2代目「なのはな」の廃車回送があったんですね。すっかりOUT of 眼中でした(笑)

EF65-2138 1091レ 金町~新小岩(信)間

2016.9.25 10:56撮影 1091レ 金町~新小岩(信)間

最近、微妙に通過が遅くなった1091レはEF65-2138の牽引です。機次位が空コキだと後ろのマンションが写りこんでしまうのが残念です。

折り返しは環七陸橋にします。そろそろココは逆光がキツクなってくる時期なので今日はいつもの広角でスカイツリーを入れる構図から列車アップで狙う事にしてみます。

EF210-125 新小岩(信)~小岩間

2016.9.25 11:16撮影 1093レ 新小岩(信)~小岩間

今日の1093レはEF210-125でした。このところ1093レにPFが代走で入る事が多いので要注意列車です。

桃太郎だと前面が傾斜しているのであまり面つぶれしないのですが、PFは直角なので面つぶれになりやすいのでさらに接近戦で撮影してみることに。

2016.9.25 11:25撮影 1091レ 新小岩(信)~小岩間

2016.9.25 11:25撮影 1091レ 新小岩(信)~小岩間

現像時に明るさを調整して面つぶれしないようにしたのですが、こんなものでしょうかね。
これから冬場は接近戦で補正かな。

あ、1094レは単機なので撮影はしませんでした。

鉄道コム

(9/24)EF64-1001新津工臨返空、他

今日は新津からチキの返空があるので、朝牽引機を確認するとEF65-501という情報がありますが、どうやら機関車故障の為遅れている様子。
結局、新津から牽引してきたEF64-1001がそのまま新小岩まで牽引することになったようで2時間遅れで高崎操を出た模様。

多分、新小岩には少し遅れる程度で着くだろうと12:40頃に定位置でスタンバイすると「まいあさん」もこらえれ一緒に撮影することに。
操車係が定時に事務所を出たのでまもなくかと思い準備しますが、なかなかやって来なく雨も降ってきました。

EF64-1001 チキ

2016.9.24 13:28撮影 工9862レ 新小岩(信)

結局、30分遅れで新小岩(信)に到着しました。
雨も結構強く画像に写ってしまったのが残念です。それにしても最近、新津工臨の返空は高崎の釜を使いますね~

一旦帰宅して1094レはパスしようかと思ったのですが、雨も小降りになりこれなら撮影できるかもと思い、いつもの東京街道踏切へ。

EF64-1025 1094レ

2016.9.24 15:28撮影 1094レ 新小岩(信)~金町間

1094レはEF64-1025牽引でやってきました。
なんか先週よりも雑草が伸びているような感じです。
早く草刈りしてくれないかなぁ~

帰り道、荒川土手で夜の工臨があるか確認しようと寄り道します。

DE10-1603

2016.9.24 16:13撮影 単7282レ 平井~新小岩

今日は単機でやってきたので発送はなしです。

さて今日はこれで打ち止めかと思いきや、今晩の5971レはホキ交検がある筈と夜遊びに出掛けてみます。

EF65-2080 ホキ付き

2016.9.24 22:23撮影 5971レ 新小岩(信)

定位置に行くと5971レはEF65-2080の牽引で予想通りホキ4両付きでした。
発車まで待ち、出発信号現示シーンを撮影して撤収しました。

鉄道コム

ハルツ狭軌鉄道撮影記(9/4その2)

ドライアンネンホーネ駅で下車し、ブロッケン側にある踏切へ向かいます。
先程乗車してきた8940レはドライアンネンホーネ止まりでブロッケン行きになって折り返し運転となります。

99 7247-2 8941レ

2016.9.4 12:03撮影 8941レ Drei Annen Hohne~Schierke間

気温も低く良い煙を吐き、サービス?のドレンも盛大に出して通過していきます。

8941レ後追い

2016.9.4 12:03撮影 8941レ Drei Annen Hohne~Schierke間(後追い)

機関車次位の荷物車が良い味を出してます。
15分後にEisfelder talmühleからやって来る8920レがあります。ドライアンネホーネはブロッケン線とノードハウゼン線との分岐駅になっており両方の路線を撮影できます(ノードハウゼン線は3往復しかありませんが・・・)
99 7245-6 8920レ

2016.9.4 12:23撮影 8920レ Elend~Drei Annen Hohne間

逆向きでやって来るかと思ってましたが、前向きでやってきました。ノードハウゼン線ではここまで上り勾配だからこっちが前になるのですね。
8920レが到着すると次はブロッケンからの上り2番列車8932レが到着します。
99 7235-7 8926レ

2016.9.4 12:39
撮影 8926レ Schierke~Drei Annen Hohne間

もう駅間近なので煙は期待していませんでしたが、排煙が白くなびいてくれたので良かったです。

この時間はドライアンネホーネ駅の見せ場でもあります。ベルニゲーロデからEisfelder talmühle行きの8903レが到着して3本のSL牽引列車が集うのです。

3本のSL牽引列車が並ぶ

3本のSL牽引列車が並ぶ

もう少し駅よりに行って撮影したかのですが、8903レの発車時刻は迫っていたので、遠くからの遠望になってしまったのがちょっと残念です。



その1へ>  <旅行記へ>  <その3へ>

鉄道コム

ハルツ狭軌鉄道撮影記(9/4その1)

日が明けて9/4。
快晴だった前日と違い今日はどんより曇。予報では一時雨ともあったので撮影には向いてない1日になりそうです。

今日はまずは始発でブロッケンまで行った後、ドライアンネンホーネ駅まで戻ってここで撮影をする予定です。
ベルニゲローデ駅に行くと、朝の牽引機が出庫準備をしていました。

出区準備中の99 7235-7

出区準備中の99 7235-7

客車はDLによって西門駅から回送されてきており乗車券を購入して8931レに乗車します。

ベルニゲローデ駅を発車し西門駅からはカーブと上り勾配が続きます。

勾配区間をブラスト音響かせる

勾配区間をブラスト音響かせる8931レ

デッキに出て左右に曲がりながら走るSLを撮影します。

40分程でドライアンネンホーネ駅に到着。

ドライアンネホーネ駅で給水

ドライアンネンホーネ駅で給水

ここで約10分程停車して給水が行われます。ここからはブロッケン山の登頂区間に入りますが、駅を発車後は次第に霧が掛かってきて、
終点のブロッケン駅は霧の中でした。
ブロッケン駅に到着後、機回し

ブロッケン駅に到着後に機回しした上り列車牽引となります。

これでは撮影にならないのでそのまま折り返し列車に乗車します。

途中スイッチバック式の信号所に停車。ここで下り2番列車を退避します。

信号所で8933レを退避

スイッチバックの信号所で8933レを退避

ドライアンネンホーネ駅まで戻ると曇っているものの霧は無いのでこの後も撮影が出来そうです。


9/3その3へ>  <旅行記へ>  <その2へ>

鉄道コム

ハルツ狭軌鉄道撮影記(9/3その3)

夕食の後、散歩がてら駅まで行ってみます。欧州の駅は改札が無いので自由に入ることが出来ます。
ホーム先端のお立ち台で整備中のSLを眺めていると8938レが到着します。

2016.9.3撮影 Wernigerode駅

2016.9.3撮影 Wernigerode駅

到着を流し撮りしました。
ヴェルニゲローデには機関区がありますが客車は隣の西門駅に留置するので推進運転で回送します。

2016.9.3撮影 推回8938レ Wernigerode駅

2016.9.3撮影 推回8938レ Wernigerode駅

発車するところ流しますが、完ぺきに止まりませんでしたが夜の雰囲気が出たかな。流し用に35mmを持ってこなかったのが悔やまれます。

2016.9.3撮影 99 7241-5 Wernigerode機関区

2016.9.3撮影 99 7241-5 Wernigerode機関区

8934レを牽引してきた99 7241-5が推回が終わり単機で機関区に戻り整備線に入ってきました。

2016.9.3撮影 Wernigerode機関区

2016.9.3撮影 Wernigerode機関区

次第に暗くなりバルブ撮影の雰囲気が出てきました。
SLバルブは撮影する機会が少ないので楽しいですね。
2016.9.3撮影 Wernigerode機関区

2016.9.3撮影 Wernigerode機関区

今回持ってきた三脚はビデオ用にかった簡易なものなので一眼では荷が重くブレ無いように撮影するのに苦労しました。

さて、明日の朝から活動するのでホテルに戻って明日に備えましょう


その2へ>  <旅行記へ>  <9/4その1へ>

鉄道コム

(9/19)広島色EF64-1046の1094レ

今日は鹿島運用に広島色のEF64-1046が入ったので成田線内で撮影しようかと思いましたが生憎の天気。

1094レの後は成田でスポッティングしようと思ってましたがこれでは行っても良い写真は撮れないと遠征せずに地元中心で撮影することにしました。

まずは船橋の海神カーブ手前で狙うことにして船橋へ向かうと既に下総中山には3人位の鉄がいました。最近、下総中山駅ホームで脚立を使って撮影している屑鉄もいるようなので撮影禁止にならなければよいのですが・・・

こんな天気なので海神カーブは誰もおらず場所は選び放題です。とりあえずあまり濡れない位置で狙うことに。

EF64-1046 1094レ 船橋~西船橋間

2016.9.19 14:41撮影 1094レ 船橋~西船橋間

晴れるとサイドが陰ってしまう位置だったのですが、広島色の特色であるサイドが出たので良かったです。(ちょっと左右が開いてしまいましたが)

撮影後は京成船橋から特急で高砂まで移動し、いつもの東京街道踏切へ向かいます。
船橋では霧雨程度でしたが都内に戻ったら結構な振りになっていてズボンの裾を濡らして踏切に到着すると、まいあさんがスタンバイされてました。なんと船橋の駅で撮影されており自分より一本は早い京成でココについたとの事でした。

EF64-1046 1094レ 新小岩(信)~金町間

2016.9.19 15:28撮影 1094レ 新小岩(信)~金町間

土曜日は正面狙いでしたが、今日はサイド狙いにしました。でも、雑草がかなり邪魔になりました。夏にJRが草刈りしたのにあっと言う間にぼうぼうになりました。

今日はこれで終了です。
結構濡れてしまいました。家に帰って道具を乾燥させないとね。

鉄道コム

ハルツ狭軌鉄道撮影記(9/3その2)

ヴェルニゲローデ駅から路線バスで10分程のハーツ大学前で下車して道路から坂を少し上がったところにハーツ狭軌鉄道のハーツ大学前駅があります。
駅を出ると100m程併用軌道になっており、併用軌道をSLが走るとあって人気の場所でもあります。

直ぐに日に3往復ある山向こうのEisfeder Tahlmühl駅からやってくる8904レがやってきますが、残念ながら逆向き運転&逆光です。

HSB 8904レHasserode~Hochschule Harz間

2016.9.3 16:24撮影 8904レ Hasserode~Hochschule Harz間

99 7243-1牽引で2分遅れて到着。2分遅れなら欧州では定時ですね。

反対側に移動して8904レが次の西門駅で下り最終の8939レと交換してやって来るのを待ちます。
こっちなら順光で撮影できます。

HSB 8939レ

2016.9.3 16:41撮影 8939レ HochschuleHarz~Hasserode間

先ほど、ヴェルニゲローデ機関区で出発準備をしていた99 7247-2の牽引でやってきました。最後部にEisfeder Tahlmühl行きの気動車が連結されているのですが、カーブで見えませんね。

撮影後、西門駅まで歩いて行こうと線路脇の遊歩道を歩いていると汽笛が聞こえます。さっきに行った8939レのかと思ったのですが、汽笛が近づいてきました。
なんだろう?と思って足を止めて線路を眺めていると列車がやってきました。

2016.9.3 16:51撮影 臨レ HochschuleHarz~Westmtor間

2016.9.3 16:51撮影 臨レ HochschuleHarz~Westmtor間

おお、マレー式の99 5902の重連じゃないですか!
イベント時に使用される99 5901と5902が重連運転でした。
レトロ風の客車を牽引して山を下ってきました。来るのが判っていたらもう少しまともな場所で待っていたのですが・・・

この後西門駅まで歩いて旧市街をちょっと散策した後8924レを西門前の大踏切で撮影します。
ハーツ狭軌鉄道は大通りを渡るのですが、遮断機が無くまるで併用軌道みたいな感じです。

HSB西門前大踏切

2016.9.3 17:51撮影 8924レ HochschuleHarz~Westmtor間


8924レは99 7232-4の牽引でした。
この後、歩いてホテルまで帰って夕食です。



その1へ>  <旅行記へ>  <その3へ

鉄道コム

(9/17)EF81-81高崎工臨返空

朝起きてみると、予報に反して青空がのぞいています。昨晩の流し撮りが今一だったこともあり、ならば順光のEF81-81を撮ろうという事で、武蔵野線へプチ遠征。

意外と渋滞などで現着したのは11時少し前で、誰も居ませんでしたのでもう通過したか?と焦りましたが、用意をして目撃情報からまだ通過していないようです。
情報から11:15頃通過かなと想定して待っているとやってきました。

EF81-81ロンチキ 武蔵野線

2016.9.17 11:12撮影 工9774レ 新三郷~三郷間

本当は次のカットが本命なのですが、ゾーンAFがピンを外してしまい失敗。なので後パンタが架線柱に掛かってしまいました。
この後は地元に戻ってもうワンカットです。

新金線の踏切をロケハンしながら向かいますが、流石に土曜日工臨でお召し機とあって有名どころの踏切は数名スタンバイしています。
さらに大分雲が出てきたので、これなら新小岩(信)の入線かなと昼飯替わりにマックで月見バーガーを買って定位置へ。

EF81-81ロンチキA 新小岩(信)

2016.9.17 12:54撮影 工9774レ 新小岩(信)

けっこうこの場所も撮影者が集まりましたね。単回はパスしていったん帰宅して1094レを狙います。

今日はEF64-1021号機で先月撮影していますが、曇り空だったのでリベンジです。
いつもの様に東京街道踏切に行くと、船橋で1094レを撮影されていたまいあさんも来られて2人で撮影です。

EF64-1021 1094レ 新小岩(信)~金町間

2016.9.17 15:28撮影 1094レ 新小岩(信)~金町間

太陽の位置が先月に比べて随分と低くなりました。
ここで撮影できるのもあと僅かですかね。

この後は、おまけではありませんが荒川鉄橋で越中島工臨の午後戻りを撮影しようと寄り道。

DE10-1704  工7282レ 平井~新小岩間

2016.9.17 16:13撮影 工7282レ 平井~新小岩間

今日は土曜日だから発送があれば東高島か宇都宮かなと思ったら、DE10-1704がチキ2両を牽引してやってきました。
行き先を確認したら「水戸(荒川沖)」でした。
すると2夜連続でEF81の工臨となりますね。この後用事があるので発送の撮影が出来ないのが残念です。

鉄道コム
a