(7/21)武蔵野線経由の1091レを

今日は鹿島貨物の1093レが国鉄色のEF65-2087で、武蔵野線経由になった1091/4097レが全検上がりのEF65-2089と言うことで久々に午前中のカモレ撮影に出掛けてみました。

梅雨空だったのでこれなら曇ポイントの東船橋だなと言うことで通過20分前に現着して用意します。NEXやE217で長さを確認したのですが・・・
EF65-2067牽引の1093レがやって来たときに道路の速度標識を外そうとちょっと構え位置を直したのがいけなかった・・・

EF65-2067  1093レ 船橋~東船橋間

2019.7.21 11:27撮影 1093レ 船橋~東船橋間

後方が切れてしまいました。
まあ、今日の本命で無かったのは幸いです。

気を取り直して、西船橋へ移動し駅ナカで昼食を済ましてから印内の跨線橋近へ向かいます。全検直後の塗装がキレイなうちに撮影しておきたかったのですが、ちょっと天気がイマイチなのが残念です。

EF65-2089

2019.7.21 12:31撮影 4097レ 船橋法典~西船橋間

ちょっと早着気味だったのか、EF65-2089はかなりゆっくりした速度で通過していきました。
ダイヤ改正後始めて1091/4097レを撮影しましたが日曜の積載が悪いのは変わりませんね。

この後用事があったので帰宅。
思ったより用事が早く終わり帰ってきたので、市川で出迎えることにしました。

晴れていれば夕日が差し込むのですが、この天気では露出も厳しいので流すことします。
まずはEF65-2089の1090レです。

EF65-2089 1090レ 市川駅

2019.7.21 18:25撮影1090レ 市川駅

蛍光灯カバーが温存されましたが、パット見塗装でカバーが有るのが分かりづらいですね。

5分続行でEF65-2067の1092レです。お昼に失敗しているので上手く止まりますように・・・

EF65-2067 1092レ

2019.7.21 18:30撮影1092レ 市川駅

まだ明るかったのでSSが稼げたので止まりました。

今日は国鉄色のEF65だけの撮影で終了です。




鉄道コム

(7/2)姨捨で撮影した列車たち

今日は、マニ50の甲種を待っている間にやって来た列車を紹介します。

甲種はEH200とマニ50の2両編成ですが、編成長がE127系2両より少し長いかなと思っていると丁度EH200-5が牽引する2084レがやって来ました。

EH200-5

2019.7.2 12:44撮影 2084レ 桑ノ原信号場~姨捨間

この場所は背景に善光寺平野が望めますが編成は20m車3.5両くらいしか入らない場所です。
これでEH200の長さが掴めました。

続いて甲種の露払いになるE127系の普通列車が到着です。

E127系

2019.7.2 12:57撮影 2238M 桑ノ原信号場~姨捨間

どうせなら115系が走っている頃に来たかったですね。

続いて甲種がやって来た訳で、撮影後は後続の松本行が来るまで近くの猫カフェでランチの予定でしたが、店主怪我のためのお休みの張り紙。

仕方なく姨捨公園で撮影することにしました。

E127系後追い

2019.7.2 14:10撮影 2243M 桑ノ原信号場~姨捨間(後追い)

甲種がEF64だったら満足してこの電車に乗って長野に戻ってバスで帰ったのですが・・・

桑ノ原信号場で交換した「しなの」がやって来ます。

しなの16号

2019.7.2 14:21撮影 16M 桑ノ原信号場~姨捨間

この場所だと8両編成だといい感じで構図に収まったのですが、6両だとちょっと短いですかね。
ココで2084レを撮影すればよかったかな。

この後松本行が来るので駅に戻りホームからやって来たE127を撮影します。

E127系 ホームから

2019.7.2 14:33撮影 2240M 桑ノ原信号場~姨捨間

通信ケーブルが無ければ最高なのですけど・・・でも駅のホームから撮影したとは思えない風景ですよね。

スイッチバックで入線した松本行に乗車して藪原に向かいました。
また姨捨で撮影してみたいものです。




鉄道コム

(7/2)中央西線81レと5875レ

姨捨でマニ50の甲種を撮影した後、1時間後の松本行に乗車します。輸送計画のスジは篠ノ井から8560レのスジだったの追い掛けが可能でしたが早い時刻に変更となり、追い掛けが不可能になりました。
でもそのお陰?で西線の81レと5875レを藪原で撮影できることになり、松本から中津川行に乗車して藪原に向かいます。

駅近くの食堂で遅い昼食と言うより早い夕食を済ましてから藪原駅先の木曽川橋梁でエセ広島色のEF64-1046牽引の81レを待ちますが、やはり山間部とあって露出が厳しくなってきます。

EF64-1046

2019.7.2 17:24撮影 81レ 宮ノ越~藪原間

まずはタイガーロープの無い場所を望遠で狙いますが、ベスト位置だと串パンになってしまうので、串パンにならない場所で撮影してから広角にスイッチします。
2019.7.2 17:24撮影 81レ 宮ノ越~藪原間

2019.7.2 17:24撮影 81レ 宮ノ越~藪原間

中間の空コキが残念ですが、1046号機もそろそろ入場時期を迎える様なので塗装がどうなるか?

この日は三脚の代わりに折りたたみの踏み台を持ってきたのでこの場所の撮影に活躍しました。
踏み台があれば待ち時間に座れるしちょっとした柵越し撮影も楽ですし、三脚より軽いので電車移動時には重宝します。

この後45分後に重連の5875レがやって来ますが、露出が次第に落ちてきます。ただ5875レは藪原で中線停車なので速度は遅い筈なのでSSはその分稼げます。

中線の場内信号機が注意現示となりロクヨンがやって来ました。

2019.7.2 18:10撮影 5875レ 宮ノ越~藪原間

2019.7.2 18:10撮影 5875レ 宮ノ越~藪原間

EF64-1015と1033号機のコンビでゆっくりと橋梁を渡ってきました。

200mmから70mmにスイッチしてもうワンカットです。

2019.7.2 18:10撮影 5875レ 宮ノ越~藪原間

2019.7.2 18:10撮影 5875レ 宮ノ越~藪原間

この時期なら流さすに撮影で出来ます。
撮影後、駅に戻り18:20発の松本行で塩尻に向かうと奈良井で8878レとスレ違います。車なら両列車を狙えるのですけどね・・・

塩尻に戻り、あずさ34号を待つ間に5875レが追い掛けてくるのでホーム脇の道路から狙ってみました。

EF64-1015塩尻駅

2019.7.2 19:12撮影 5875レ 塩尻駅

うーんもう少し奥まで来るかと思ったのですが手前で停車してしまいました。
ゴーストも出るしあまり良い条件では無かったですね。
この後、19:37発のあずさに乗車して帰って来ました。




鉄道コム

(6/7)福岡カモレ撮影遠征(その5)

香椎カーブで撮影した後、香椎から弥生が丘に移動します。ココで昼過ぎにEF81が2本、そのうち1本は銀釜様が来ますのでそれを撮影しようとやって来ました。

ネットで見た場所を探して基山側に歩くと第四種踏切があり、どうやらココらしいぞという場所だったのですが、線路脇の木々を交わすには架線柱に被りつきになります。
さすがにこのご時世に被りつきは「アウト」でしょうから他の場所を求めて移動します。

もう一つ基山寄りの踏切あたりでどうかなと場所を探っていると踏切が鳴動します。
しまった。もう時間切れかと言うことになり編成が全部入るか判りませんが、踏切から狙うことにします。

すると青白釜が見えEF81-451がやって来ました。

EF81-451 基山~弥生が丘間

2019.6.8 13:02撮影 8085レ 基山~弥生が丘間


あれ、この運用は香椎で単機だった502号機が入る運用の筈ですが、調べて見ると1時間前通過する筈の臨8085レの様です。
次が銀釜様の4095レですが、このスジに502号機の4083レになる可能性が高そうです。

とりあえずこの場所はあまり良くないのでさらに場所を求めて移動し、基山方の踏切を見てみるとさっきより遠くまで見通せるます。
丁度、特急がやって来たので試し撮り。

ハウステンボス

2019.6.8 13:53撮影 4013M 基山~弥生が丘間


ウンこれなら、ここで撮影することにします。

在線状況を見ると4095レのスジで非営業列車が下ってます。これが4083レだとすると4095レは1時間後の同じパターンスジで下ってくるかも知れません。
踏切が鳴動して銀か青白かと基山方を見ていると青白のEF81-502が接近しました。

EF81-502 基山~弥生が丘間

2019.6.8 14:03撮影 4053レ 基山~弥生が丘間


やはり4083レでした。

となると4095レはどれくらい遅れるか?九州はパターンダイヤなので1時間後の同じパターンか?

在線状況を調べると箱崎あたりを下っている非営業列車があります。これが南福岡でアプリから消えなければ4095レの可能性が高いのでアプリを確認し続けると南福岡で消えず下ってます。だとすると30分遅れの4095レだという事で待っていると踏切が鳴動して、銀釜様のお姿が・・・

EF81-303 基山~弥生が丘間

2019.6.8 14:33撮影 4095レ 基山~弥生が丘間


今回の遠征では3度目の拝謁となりました。

この後、パターン的に鳥栖タから鍋島までの臨8057レを牽引する可能性があるのですが確実に運転される確証が無かったのでこれにて撮影は終了。(結局は運転が有ったようです)
オーソドックスな写真ですが銀釜様の撮影が出来たので今回の遠征は目的は達成出来たので良かったです。

この後は甘木鉄道の乗り潰しをして甘木で温泉入ってから西鉄久留米経由で福岡に戻り21時過ぎのStarFlyerで帰ってきました。




鉄道コム

(6/7)福岡カモレ撮影遠征(その4)

EH500の上りカモレ後は2本のEF81下りカモレになります。どっちかに303が入らないかなと調べてみるとA31仕業の5075レに303が入ったようです。
昨晩、門司に戻っているので今日のどこかしらの運用に入るかと期待していましたが、撮影出来る運用に入ってくれました。

そうそう、前回10月に香椎カーブに来たときは香椎線はまだキハ47シリーズの宝庫でしたが、新車のBEC819系蓄電池電車「デンチャ」だらけになっていました。うーん残念。

そして竹下へ回送となる編成もなんか新車だらけなのはなんか迫力に欠けます。

入換

2019.6.8 10:48撮影 入換 九産大前~香椎間


2071レがやってくる前にこんなシーンもありました。
香椎線

2019.6.8 10:54撮影 2735C 九産大前~香椎間

JR九州の新型車が上手く揃いました。

5075レはダイヤ乱れに影響で本来なら5075レの後になる2071レが先行してやってきます。そして続行で5075レの様子です。
しかし先に来た2071レは残念な事にEF81-502の単機でした。

EF81-502 2081レ 九産大前~香椎間

2019.6.8 10:59撮影 2071レ 九産大前~香椎間


荷が無いのか列車自体大幅遅れなので機関車の送込みで単機で来たのか?判りませんがちょっと残念です。

そして1本普通列車を挟んでド本命の5075レです。

EF81-303 5075レ 九産大前~香椎間

2019.6.8 11:17撮影 5075レ 九産大前~香椎間

香椎カーブでは昔EF81-301と302を撮影していますので303が撮れたのは良かったです。これで太陽で出ていればもっと良かったのですが・・・

これにて香椎カーブの撮影は終了です。
次の場所で銀釜をもう1回撮影に向かいます。




鉄道コム

(6/7)福岡カモレ撮影遠征(その3)

朝練の後、ホテルで朝風呂を浴びてからチェックアウトをします。
余分な荷物は駅のコインロッカーに預けたいところなんですが、G20財務大臣会議が福岡で開催されているので、駅のコインロッカーが前面閉鎖されています。
なので、ホテルで荷物を預かってもらい、昨晩に引き続き吉塚駅に向かい、まずはED76牽引の4081レを狙います。

篠栗線ホームで在線状況を見ながら待っていると、若干遅れて千早操を出発した様です。そろそろ来るなと思ったら4番線に篠栗線の到着アナウンスが入ります。これはヤバいか?

篠栗線がホームに到着すると4081レの接近放送が入り、青白のEF81が見えてみました。あれ、EF81?

EF81 454 遅5057レ 吉塚駅

2019.6.8 9:30撮影 遅4091レ 吉塚駅


朝の大宰府信での被りと同様になってしまいました。
でもEF81となると運用差替えなのか? 後で判りましたがEF81-454は昨晩吉塚駅で流す予定だった4091レで大幅遅延で通過したようです。

この後は香椎に移動してお馴染みの香椎カーブでカモレを3本狙います。今日は休日だけあって3名の方おり、空いている場所に入らせて貰います。

811系

2019.6.8 10:08撮影 147M 九産大前~香椎間

811系も製造から30年経つんですよね。

さて在線状況を見ると遅れなのかそもそも休日ダイヤで時刻が違うのか、貨物時刻表からの想定時刻より遅いようです。でも貨物列車が下って来ているのが判るので助かります。

まずやってきたのは、ED76-83牽引の1063レでした。

ED76-83 1063レ 九産大前~香椎間

2019.6.8 10:11撮影 1063レ 九産大前~香椎間

今朝のED76は1000番台でしたから0番台は嬉しいですね。

この後、上り1074レが千早(操)を出たようなので反対側から狙ってみました。

EH500-65

2019.6.8 10:11撮影 1064レ 香椎~九産大前間

EH500-65の牽引で通過していきました。

EH500の福岡タ以南への入線も噂されていますからED76やEF81の置き換えもそう遠くない感じがします。




鉄道コム

(6/7)福岡カモレ撮影遠征(その2)

土曜日、朝5時過ぎに起きて外を見てみるとどんより曇り空、早朝に4本の下り貨物列車を朝練しようと博多5:50発の大牟田行で都府楼南駅に向かいますが、天気がなぁ~

都府楼南駅で下車しますが霧雨状態なので傘を差しながら太宰府信号所へ歩いて向かいますが、あと一歩のところで下り側に渡ろうとした踏切が鳴動し4093レが接近します。すると上りの接近表示します。あれーまさかの被りかと構えます。

ED76-1021 4093レ 太宰府(信)

2019.6.7 6:28撮影 4093レ 太宰府(信)

上り列車が通過するとED76-1021が姿を表し、なんとか撮影出来たと言う感じです。

この後、本命ポイントに移動しますが、この場所はかなりピンポイントな狭い場所です。天気が悪かったので誰もいませんでしたが、先着者が居たら駄目かも。

415系

2019.6.8 6:50撮影 2325M 太宰府(信)

熊本行の415系がやってきました。
本来なら415系の前にEF81牽引の大牟田行1151レがあるのですが工場が休業しており

続いてED76の59レがやってきます。

ED76-1017 59レ 太宰府(信)

2019.6.8 6:54撮影 59レ 太宰府(信)

霧雨が降る中ED76-1017がゆっくりした速度で通過していきました。この場所は晴れれば順光になるのですがこの天気が悔やまれます。

59レの後は続行で8057レがやってきます。

EF81-452 8057レ 太宰府(信)

2019.6.8 7:09撮影 8057レ 太宰府(信)

昨晩、吉塚駅で撮影した452号機がやってきました。

これで朝練は終了です。




鉄道コム

(6/7)福岡カモレ撮影遠征(その1)

先週末は福岡に行って来ました。
すべての用事が済み、ホテルにチェックインして大浴場で一風呂浴びて・・・夜遊びに行くかと向かったのは中洲では無く、吉塚駅です。
夜のカモレを流そうと22時過ぎ到着して、4091レを撮影しようかと思ったのですが、山口県内大雨の影響で遅延との事でED76牽引の1070レを待ちます。

JR九州の在線状況アプリで確認すると想定ダイヤより遅れていますが上ってきてます。貨物列車通過のアナウンスが入りヘッドライトが見えました。

EF81 303 1070レ 吉塚駅

2019.6.7 22:19撮影 1070レ 吉塚駅

あれー銀釜のEF81-303じゃないですか!
今日、鹿児島(タ)から熊本(タ)まで臨時貨物を牽引したところまでは知ってましたが、差替えられたようです。
前回10月に来たときも吉塚駅でEF81-303を撮影してましたが、今回も撮影できるとはラッキーです。

この後、鳥栖からの4094レを待ていると415系の下り列車がやってきました。

415系

2019.6.7 22:40撮影 4263M 吉塚駅

関門通過用に415系が残ってますが、いつまで残れるか・・・

4094レは遅れているようですが在線状況で位置が判るのは素晴らしいです。

EF81-716 4094レ 吉塚駅

2019.6.7 22:45撮影 4094レ 吉塚駅

ローピンEF81-716の牽引でやってきました。
銀釜の次はローピンとなかなか運が良いです。

そしてこの後1086レが来るのですが、遅れて23時を過ぎそうです。ココまで来て帰るのも何なので待っているとようやく通過放送が入りやってきました。

EF81 4521086レ 吉塚駅

2019.6.7 23:11撮影 1086レ 吉塚駅

今度はヘッドライトの位置が低いEF81-452でした。

流し撮りなのでトリミングしていますが、こうやって3列車ともちゃんと止まったのは嬉しいですね。この後、ちょうど上り列車が出たばかりで20分程待ち、博多のホテルに戻って翌日に備えます。




鉄道コム

(5/22)EF64&DD51撮影遠征-その4-

名古屋駅から15:44発の四日市行の普通列車に乗って永和駅で下車し、蟹江駅方に戻った土手上からDD51とDF200の重連を狙います。

今回のダイヤ改正で8075レが機関車の送り込みを兼ねて前位にDD51が入り異形式重連となった注目の列車です。なので平日ですが4,5名が既にスタンバイしていました。

用意をしていると上りのタンカー8072レがやってきました。

DF200-220 8072レ 永和~蟹江間

2019.5.22 16:25撮影 8072レ 永和~蟹江間


すっかり関西本線の顔となったDF200-220ですが、8072レの存在を忘れていて急いで撮ったのでケツが切れてしまいました。

313系などで試し撮りのあとお目当ての8075レがやってきます。

DD51+DF200 8075レ 蟹江~永和間

2019.5.22 16:46撮影 8075レ 蟹江~永和間

まずは望遠で名古屋の高層ビル群と三河の山を入れてみました。

そして広角で

2019.5.22 16:46撮影 8075レ 蟹江~永和間

2019.5.22 16:46撮影 8075レ 蟹江~永和間

今日は切抜き文字ナンバーで最若番のDD51-825号機で次位はDF200-216です。
この時期になると石油需要も落ち着くのでタキは短めです。冬場になると日が落ちてしまいしますから夏場限定の列車です。

この後は永和駅に戻り弥富駅に移動します。上りの2084レがDD51牽引ですが、永和で10分停車となり遅くなってしまうのでちょっと移動です。
弥富駅から永和よりに歩いて直ぐの場所が以前、列車からロケハンした時に良さそうだったので試しに来てみたのですが邪魔な標識があり微妙な感じです。

と言っても移動する時間も無いのでまずは縦位置で

2019.5.22 17:37撮影 2084レ 弥富~白鳥(信)間

2019.5.22 17:37撮影 2084レ 弥富~白鳥(信)間

200mmでは足りないのでトリミングしています。

2019.5.22 17:37撮影 2084レ 弥富~白鳥(信)間

2019.5.22 17:37撮影 2084レ 弥富~白鳥(信)間

2084レはDD51-857でスノープロウ取り付け車でした。個人的にDD51はスノープロウが付いている方が精悍な顔つきで好きですね。

これにて撮影は終了です。弥富駅17:54発の名古屋行に乗車して、名古屋から「のぞみ」で帰ってきました。
今回は新幹線利用でしたが、18期間なら一部新幹線利用になりますが18きっぷでもほぼ同じ行程で撮影が出来るので夏に試してみようかなと思ってます。
なんせDD51も次の改正で置換えになる可能性もありますからね。




鉄道コム

(5/22)EF64&DD51撮影遠征-その3-

3075レとトヨタロングパスの撮影後、武豊線の尾張森岡駅へ歩き、13:34発の大府行に乗車し、大府で普通列車に乗り換えて次の目的地笠寺に向かいます。

13:57に到着してホームから構内を見渡すと、撮影予定の赤ホキの姿がありません。あれーウヤかな?と思っていたら名古屋臨海のDD13似のDD5529が牽引してきました。

DD5529 名古屋臨海

2019.5.22 13:59撮影 12レ 笠寺駅

名古屋臨海の撮影は今回は初めてです。名古屋臨海もなかなか魅力的な被写体かも知れません。

この後、駅先の踏切に移動しますが、踏切が入換中で降りたままなので跨線橋で渡り撮影できそうな場所を探します。

2019.5.22 14:05撮影 入換 笠寺~熱田間

2019.5.22 14:05撮影 入換 笠寺~熱田間

5783レの組成作業で機留線からEF64-1003が入換を始めます。

跨線橋からなんとか5783レの発車は撮れそうです。

EF64-1003赤ホキ 5783レ 笠寺~熱田間

2019.5.22 14:23撮影 5783レ 笠寺~熱田間


5783レは定刻に笠寺を発車です。
石灰石を輸送するホキも、昔は各地で走っていましたが今ではココだけになってしまいました。

さて撮影後は急いで駅に戻り28分発の岐阜行に乗車します。これに乗れれば名古屋駅で64重連の8084レに間に合います。
8番線ホーム先端に向かうと10分程で8084レがやって来ました。

EF64-1017 8084レ

2019.5.22 14:53撮影 8084レ

EF64-1017とEF64-1008の更新色コンビでした。

撮影後は名古屋定番の住よしの「きしめん」を食べて関西線ホームで一休みします。
この後は〆のDD51撮影ということですが、その前に先程撮影したEF64-1028が名古屋貨物ターミナルから帰ってきるのでホームで撮影します。

EF64-1028

2019.5.22 15:33撮影 1255レ 名古屋駅

臨海高速のホームがあるので、もう少し後方から撮りたかったのですが、関西線の接近放送も入っていたので中途半端な感じになってしまいました。

さてこの後は関西線へ向かいます。




鉄道コム