(3/31)由比で貨物列車撮影

富士川~新蒲原間での撮影を終えた後、由比の漁港で「桜えび三昧」を楽しんだ後、午後に3本カモレがあるので撮影しようと興津寄りの高台かあ狙いますが、由比に着いた時は良い天気でしたが次第に雲が広がってきました。

211系や313系ばかりで飽きて来た頃5075レがやって来ます。

EF66-114

2018.3.31 15:22撮影 5075レ 由比~興津間

桜が結構散っていてボリュームが無いのが残念です。海も入るのでいいと思ったのですが・・・

この後、EF64-1044の3075レがありますが、ココで撮影すると予定してた帰路の列車に間に合いません。
まあ天気も悪いからココじゃなくてもという事で駅に近い漁港裏へ
通過は16:15過ぎだろうとゆっくりしながら向かったのが悪かった様で、ポイントに着くと既に蒲原方にEF64の姿が・・・

EF64-1044

2018.3.31 16:09撮影 3075レ 蒲原~由比間

あわてて撮影したので暗い仕上がりになってしまいました。晴れていれば順光で撮れたのですが・・・

この後、駅に戻り熱海行を待っていると貨物列車通過のアナウンスが入ったので跨線橋から構えると

EF65-120

2018.3.31 16:22撮影 2079レ 由比駅

どうやら遅れていた2079レの様でした。

この後やって来た熱海行に乗車して帰路につきました。

鉄道コム

(3/31)東海道線上り貨物列車

新蒲原駅から歩いて富士見橋へ向かうと、どういう訳か富士山と反対側の上り線撮影地に撮影者が集まっていました。
あれ、今日はなにかイベント列車でもあったっけ?と思いながら下り列車の撮影ポインので用意をすると先着者の方から上りの国鉄色の5086レが遅れているとの話でした。

トヨタロンパスの後に来るかもと上り線側で待っているとEF210-120の1060レが定時でやって来ました

EF210-108

2018.3.31 9:45撮影 1060レ 新蒲原~富士川間


この続行で5086レが来るかなと思いましたが、どうやら東静岡で停車している様でEF66-27が早いカモという事で下り線側に移動してニーナ様を待っていると、東静岡を出た5086レが先にやって来ました。

EF65-2065

2018.3.31 10:48撮影 5086レ 新蒲原~富士川間

陸橋上から撮影したのでちょっとケーブルがウルサイですが、まあ国鉄色のPFですからね。

でこの後、EF66-27がやってきました。ココで撤収でも良かったのですが、日鐵ロンチキがクロスパンタの桃牽引で上がって来ており、折角なのでそれまで残業することに。
駅前まで買い出ししたりして時間を潰して、12時半過ぎに8090レがやって来ました。

EF210-108 8090レ 新蒲原~富士川間

2018.3.31 12:34撮影 8090レ 新蒲原~富士川間

EF210-108の牽引でレールをしならせながら通過していきます。
なんでもクロスパンタの桃太郎はクロモモと呼ばれているとか(笑)

日鐵チキは一度は東海道本線で撮影したかったので撮影出来て良かったです。
さて、折角静岡まで来たので由比で桜えびを食べに行こう!と言うことで駅に戻ります。

鉄道コム

(3/31)富士山と桜バックに貨物列車

昨日、富士川~新蒲原間で富士山と桜バックの撮影に行って来ました。EF66-27が来ると言うサプライズがありその他、予定していた貨物列車が霞んでしまいましたが、当初の目的だった列車を紹介します。

現地に到着して用意していると2059レがやって来ました。

EF66-105

2018.3.31 8:55撮影 2059レ 富士川~新蒲原間

2059レは所定、吹田機関区のEF210仕業なのですがこの日は運用差替えでEF66-105が牽引しいきました。

三脚を立ててる途中で来たので手持ちで撮ったので右サイドが切れてしまいました。
予定ではこの日では一番のネタ?になるトヨタのロンパス、2053レです。

EF210-143 2053レ 富士川~新蒲原間

2018.3.31 9:27撮影 2053レ 富士川~新蒲原間

定時にEF210-143の牽引で通過していきました。
この時点でEF66-27が下っているとの情報でしたからネタ度してはランクが下がりましたが綺麗な編成美のカモレを富士山と桜がさらに彩りました。

ロンパスが行くと直ぐに上り1068レが通過するので後追い撮影で

EF210-141

2018.3.31 9:29撮影 1068レ 富士川~新蒲原間(後追い)

そろそろ遅れの5086レが来ても良いのだけれどもと言うのですが、まだやって来ません。
EF66-27とEF65-2065どっちが先かと言う話になりますが、上りより下りでしょうと言うことで待っていると5073レがやって来ました。
EF210-114 5073レ 富士川~新蒲原間

2018.3.31 10:25撮影 5073レ 富士川~新蒲原間

この時間になると光線状態は朝方よりかなり良くなっています。

この後5086がやって来て、11時過ぎに昨日掲載したEF66-27が来ました。
このシチュエーションでEF66-27を撮れるなんて次回あるか?どうか。桜は咲くけど富士山が見えるとは限らないしね・・・

この後、8090レで日鐵チキが上がってくるので、それまで残業することにしました。

鉄道コム

(3/31)富士山と桜バックにEF66-27

今日は桜のコラボ写真を撮ろうと遠征してきました。
いろいろと候補があった中から東海道本線で富士山と桜をバックに撮影出来る、富士川~新蒲原間に行ってみようと18きっぷで出掛けて来ました。

ダイヤと運用を確認すると午前中のカモレは桃と鮫だから、午後は大井川鉄道に転線しようかなと考えてましたが、現地に着くと先着者の方から、東海道筋の貨物ダイヤ乱れの影響で国鉄色EF65-2065の5086レが遅れているとの事でしたが、さらに驚きの情報がもたらされました。
EF66-27が8時半頃に横浜羽沢から下ったとの言うのです。
まさかガゼじゃないの?と半信半疑でしたが、ポツポツと目撃も上がって来てこれは滅多にないチャンス到来と言うことに。

EF65とEF66どっちが先か?と言うことになり、目撃情報から時刻を推測するとどちらも11時頃だと言うことで、上りは正面が陰るし富士山も桜も無いからEF66重視だよねと言うことで10名程が待っている中ニーナ様がやって来ました。

EF66-27

2018.3.31 11:11撮影 遅?レ 富士川~新蒲原間

富士山と満開の桜バックに東海道本線のスター、EF66-27を撮影出来て感無量です。

貨物は良く遅れで残念な結果になる事が多いのですが、こういうラッキーな事も偶にはあるものですね。
ちなみに桜は今日あたりが一番の見頃でしたね。
明日は185系の団臨もあるのでココも賑わうことでしょう。

この他の写真はまた明日。

鉄道コム

(3/24)衣浦臨海鉄道を撮る

昨日はAirAsia Japanで千歳から中部へ日帰りで行ってきました。
中部ではとんぼ返りなのでどうしようかなと色々考えていると、中部空港から衣浦臨海鉄道が近いと判って調べてみると、うまい具合に2本の貨物が撮影出来ることが判り撮影して来ました。

中部空港には12時に到着してレンタカーで半田埠頭駅へ向かい半田埠頭13:13着の550レを待ちます。今日は土曜日だけど運休は無いよねと待っていると係員が出て来たのでホッと一安心。
踏切が鳴動して550レがやって来ました。

KE65-1550レ 半田埠頭

2018.3.24 13:10撮影 550レ 半田埠頭

DE10と同形式のKE65-1の牽引でフルコンでした。
550レは半田埠頭駅の荷役線に入り、早速荷物の積み下ろしが始まりました。

KE61の入換があるかなと待っていると、機回し線を通ってやって来ました。

KE65-1 入換 半田埠頭

2018.3.24 13:18撮影 入換 半田埠頭

このまま折返しの551レになるから機回しかなと思ったら機関区に入り給油作業が始まりました。

さてこの後は碧南線に移動します。
有料の海底トンネルをくぐると5分程で碧南市駅に着きます。構内には既にKE65-3が白ホキを携え停車中です。
事前に調べた撮影ポイントを見て回り、明石公園の歩道橋から撮影することにしました。まだ列車来るまで30分程あるので桜が咲き始めた公園を散策すると丁度良い時間に。

KE65-3 5573レ 碧南市~東浦間

2018.3.24 14:25撮影 5573レ 碧南市~東浦間

もう少し時間が遅ければ正面に日が当ったかも?まあサイドに日が当ってますからヨシとしましょう。
今日撮影した1号機、3号機ともに衣浦臨海鉄道の自社発注機でした。
この後、ホキは稲沢まで行き夜に富田へ向かうことになります。

 5573レ 碧南市~東浦間(後追い)

2018.3.24 14:25撮影 5573レ 碧南市~東浦間(後追い)

朝の下りはKE65の送り込みも兼ねての重連になることで有名ですから一度撮影してみたいですね。

この後は半田市の温泉に寄って中部空港へ戻り、夕方のフライトで千歳空港経由で東京に戻って来ました。

鉄道コム

(3/18)隅田川で配8592レ撮影

今日は予定も無く、1094レは単機だし家でのんびりしようとしてたら、国鉄色のEF65-2066が配8592レで宇都宮から隅田川に向かっているとの事。
なら今日は寒くも無いし運動がてら自転車で隅田川まで出掛けてみました。

15:20に隅田川に着いて場所を見ているとEH500が到着してきました。

EH500-27 3054レ 隅田川駅

2018.3.18 15:23撮影 3054レ 隅田川駅

札幌ターミナルからの3054レでした。

発着番線に入った3054レの編成をHD200-4が荷役線へ入換します。

HD200-4 入換 隅田川駅

2018.3.18 15:30撮影 入換 隅田川駅

3054レを牽引してきたEH500も機留線へ入換していきました。

入換が終わると列車接近灯が点減し配8592レが到着します。

 配8592レ 隅田川駅

2018.3.18 15:45撮影 配8592レ 隅田川駅

宇都宮(タ)を出発した時はコキ1両でしが越谷(タ)で2両増結した様です。

折返し線に入った配8592レは推進運転で発着線へ転線しますので歩道橋へ移動します。

EF65-2066

2018.3.18 15:50撮影 配8592レ 隅田川駅

発着5番線にゆっくりと入線していきました。入換標識が点灯してませんから推進運転は列車扱いなんでしょうかね。

コキを開放して機留線へ移動の為に再び引き上げ位置まで来たところを撮影します。

EF65-2066 入換 隅田川駅

2018.3.18 15:59撮影 入換 隅田川駅

国鉄色になったEF65-2066を昼間に撮影したのは今回が初めてです。週末に1091レに入って欲しいところですね。

さて撤収しましょう。

鉄道コム

(3/2)DD51重連を撮る~その5~

桑名で遅いお昼を済まして、駅前にドムドムハンバーガーがあるのを発見して感激した後、普通列車で永和駅まで移動します。
ココで午後のDD51重連を狙います。

直ぐに8380レがやってきるので永和駅手前から到着を狙います。午後の上り列車はどこも逆光になってしまうのが残念です。

DD51-892 8380レ 白鳥(信)~永和間

2018.3.2 14:59撮影 8380レ 白鳥(信)~永和間

8380レは朝の重連コンビDD51-892と1028のコンビです。
8380レは永和で20分程停車するので駅先に先回りします。

てくてくと歩いて日光川の土手にはなんとか8380レ発車の3分前に到着出来ました。
DD51がエンジン音を響かせて石油を満載したタキを引連れて土手への勾配を登って来ます。

DD51-892 8380レ 永和~蟹江間

2018.3.2 15:25撮影 8380レ 永和~蟹江間

かなり逆光が厳しいですが仕方ないですね。

この後1時間後に8072レがありますが、それまで近くの「尾張温泉東海センター」で一汗流して1時間後に再び土手で8072レを狙います。

DD51-1801 8072レ 永和~蟹江間

2018.3.2 16:25撮影 8072レ 永和~蟹江間

8380レは手前まで引きつけたので8072レは少し列車に寄ってみました。
先頭は元佐倉区のDD51-1801号機でした。

8072レの後、下り8079レを撮影するので光線状態の確認を兼ねて後追い撮影してみました。
昨年、3月下旬に撮影した際は光線状態は良好な順光でしたが、まだ順光になるには少し時期が早かったようです。

8072レ 8072レ 永和~蟹江間(後追い)

2018.3.2 16:25撮影 8072レ 永和~蟹江間(後追い)

8072レは編成全てが緑タキでした。

この後20分後に特定外来種(笑)のDF200がやって来ます。

DF200-216 8075レ 蟹江~永和間

2018.3.2 16:45撮影 8075レ 蟹江~永和間

ようやく活動が始まった赤熊は次ダイヤ改正からは関西本線の顔になるかも知れませんね。

さてこれで今回の撮影は終了です。
永和駅17時発の名古屋行に乗車して、名古屋、豊橋、浜松、静岡、熱海乗り継ぎで帰って来ました。
ココ数年何回か通った関西本線遠征もDD51重連運用が無くなると足が遠のくかも・・・。

鉄道コム

(3/2)DD51重連を撮る~その4~

午前中は四日市で撮影して午後は場所を移動して撮影します。平日ですが、四日市周辺は撮影者がちらほら居ましたね。
やはりDD51の終焉が近いからでしょうかね。週末になるともっと撮影者も増えると思われますからトラブルが無ければ良いのですが・・・。

四日市11:26発の快速みえで1駅、桑名駅に移動します。
直ぐにDF200の5282レがやってきますので急ぎ撮影ポイントへ向かいますが、本命ポイントまであと100m程のところでDF200が接近してしまいました。

DF200-216 5282レ 朝明(信)~桑名間

2018.3.2 11:44撮影 5282レ 朝明(信)~桑名間


架線柱がちょっと邪魔ですが仕方無いですね。
この後、下りの本命ポイントへ移動して2089レを待ちますが通過時刻を過ぎてもやってきません。
南紀4号

2018.3.2 12:16撮影 3004D 桑名~朝明(信)間(後追い)


先に上り南紀4号が通過していきます。
うーん、遅延かな。東北方面は嵐で貨物列車の運休とか遅延が生じているので2089レに継承する列車が来てないかな~

DD51がいつ来るかと待ってましたが、この様子だと2080レが先になりそうなので、朝明(信)寄りの近鉄益生駅近くの歩道橋から狙います。
DD51-825が南四日市から戻って来ました。ダイヤ的にどうしても上り貨物列車は逆光になってしまいます。

DD51-8252080レ 朝明(信)~桑名間

2018.3.2 13:03撮影 2080レ 朝明(信)~桑名間


撮影後は2080レを眺めながら本命ポイントへ戻ります。すると2080レに時折地元で撮影する蘇我貨物1091レに時折連結されているコキ200-148の姿がありました。
もしかして四日市から蘇我に向かうのでしょうかね。

元の場所に戻ると直ぐにDD51重連の8079レがやってきます。

DD51-857 8079レ 桑名~朝明(信)間

2018.3.2 13:11撮影 8079レ 桑名~朝明(信)間

スノープロウ付きのDD51-857が先頭で次位は1801号機の重連です。時間的にサイドへの光線が弱くなってしまいますが、DD51の重連はいいですね~。

2089レが来なかったのは残念ですが、お腹も減ったことだしお昼にしましょう!

鉄道コム

(3/2)DD51重連を撮る~その3~

海蔵川で撮影した後、四日市駅付近へ移動しますが、どういう訳かこの頃になって雲が取れていい天気になりました。
どうして晴れて欲しい時に曇って、曇って欲しい時に晴れるのかな・・・

ココで北浜踏切近くで単8972レを狙おうと待っていると駅からDE10が入換でコスモ石油のコンビナートへ入って行きました。これから午後の発送となる8380レの準備でしょうか。

DE10-1581 入換 四日市

2018.3.2 10:35撮影 入換 四日市

まさか入換中に単8972レと被らないよなぁ~
再び踏切が鳴動して単8972レが出発です。
DD51-1804単レ 四日市~富田浜間

2018.3.2 10:45撮影 単8972レ 四日市~富田浜間

朝、冬期間運転の6287レを牽引して来て稲沢まで単機で帰るのですが、今日は次位に四日市で入換運用に就いていたDE10-1727が無動力回送で連結されていました。
DE10-1727 単8972レ 四日市~富田浜間(後追い)

2018.3.2 10:45撮影 単8972レ 四日市~富田浜間(後追い)

単機だと絵的に面白くありませんが、重連となると絵になります。
さて撮影後は急いで南四日市寄りに移動します。
先程撮影したDD51-825の2085レが8081レとなって南四日市まで向かうのを撮影します。
架線柱が邪魔な順光側にするか、架線柱の無いスッキリしたサイドが陰る側かで悩みましたが、やはり順光側でしょうと言うこで構えて踏切が鳴動するといきなり陰られました。
DD51-825 8081レ 四日市~南四日市間

2018.3.2 10:56撮影 8081レ 四日市~南四日市間


こりゃ駄目だと露出設定を変えるとDD51の姿が見えたら、今度はいきなり日差しが回復して露出を大急ぎで直してなんとか撮影出来ました。

8081レが行くと今度は直ぐに塩浜発の5282レがやって来ます。
塩浜貨物線に移動しますが、天白川土手で狙いたかったのですが、そこまで行く途中に踏切が鳴動し始めます。

DF200-216 5282

2018.3.2 11:01撮影 5282レ 塩浜~四日市間

まあ記録程度と言うことで・・・

さてこれで四日市周辺の撮影は終了です。自転車を返却して11:26発の快速みえで移動します。

鉄道コム

(3/2)DD51重連を撮る~その2~

朝日から通勤通学で混雑する2両編成の亀山行に乗り、富田で停車中の8072レを追い抜きます。四日市で下車して「こにゅうどうレンタサイクル」を借りて渋滞する名四国道の脇を自転車でスイスイと走り海蔵川へ向います。

「海蔵川土手で朝の重連を順光で撮る」と言う宿題があったのですが、厚い雲が丁度太陽を遮る様に鎮座しています。
雲の動きが緩く、8271レが来るまでに晴れるか微妙な感じです。

1311M

2018.3.3 8:20撮影 1311M 富田浜~四日市間


先行する1311Mが通過した後、晴れ間が覗きこれは!と思ったのですが、直ぐ影ってしまいました。あー運が悪いなぁ~
DD51のヘッドライトが見え、8271レがやってきました。

2018.3.3 7:23撮影 8271レ 富田浜~四日市間

次位はDD51-892で上手く、架線柱間で抜けないか探ってみたのですが・・・
この区間は架線柱間隔が狭いので難しいです。

この次のDD51まで1時間ちょい時間が開くので近くのなか卯で朝食にしてから、近鉄線撮影で時間を潰してから再び海蔵川へ戻り、セメントシャトルの5363レを狙います。なんか朝方より雲が厚くなったような・・・

DD51-1156 5363レ 富田浜~四日市間

2018.3.2 9:42撮影 5363レ 富田浜~四日市間

今日のセメントシャトルは鷲別からやって来たDD51-1156です。旋回窓ですがスノープロウが無いとなんか締まりが無い様な気がするのは自分だけでしょうかね。

次のターゲットは40分後の2085レですが、風が強く太陽が雲で隠れてしまい寒い!
なので近くのコンビニに避難することにします。

2085レがやって来る10分前に再び海蔵川に戻り、同じ構図では面白く無いので少し線路寄りの位置で構えてみました。

DD51-825 2085レ 富田浜~四日市間

2018.3.3 10:19撮影 2085レ 富田浜~四日市間

2085レは切り抜きナンバーのDD51-825でした。単機牽引ならこの位置の方が良いかも知れませんね。

さてこれで海蔵川での撮影は終了です。
今回は海蔵川では太陽に嫌われてしまいました。どうもこの時期は朝方は雲が出やすいらしいですが、今回は運が無かったと言うことで諦めて、次の撮影ポイントへ向かいます。

鉄道コム