(5/27)C11-207「SL大樹」試運転その2

新高徳の鬼怒川橋梁で撮影した後、後続の会津マウントエクスプレスで鬼怒川温泉駅に向かいます。
そう言えば、SL大樹が通過する少し前に栃木県警のパトカーが見回りしていましたね。撮り鉄の違法駐車狙いでしょうかね。

鬼怒川温泉駅に到着すると丁度、C11が機回ししている最中でした。改札を出て駅を出ると正面にターンテーブルが出来ており、観光客が集まっています。

下り本線に引き上げた後、ターンテーブル線に転線してきたC11がゆっくりとターンテーブルに乗ります。

C11-207

2017.5.27 17:25撮影 入換 鬼怒川温泉駅

JR西日本から譲渡されたターンテーブルに乗り回頭するC11です。駅前に堂々とターンテーブルを造るのもSLが一つのアトラクションと言うことなのでしょう。

まだC11は回頭している間に急いで下今市方の陸橋へ向かいDE10-1099の機回しを狙います。

DE10-1099

2017.5.27 17:30撮影 入換 鬼怒川温泉駅

下り本線の引き上げ位置までやってきたDE10ですが、煙突カバーが大宮時代の銀塗装のままです。
それにしてもスノープロウが無いのでATS車上子が目立ちますね。

晴れれば良かったのですがこの日は曇り空だったこともありかなり徐々に露出が無くなってきます。早く入換が始まらないかなと待ちます。それにしてもホームに14系が停車している姿を見ると私鉄の駅とは思えないです。

C11の入換が始まったのは17時50分でした。

C11-207入換

2017.5.27 17:52撮影 入換 鬼怒川温泉駅

下り本線まで引き上げて誘導信号で下り本線へ転線していきます。

すると背後にパトカーがやって来て陸橋に駐車していた車が注意されていました。栃木県警は見物駐車も取り締まっているようです。

発車前に煙が結構あがっていたので発車の煙が期待出来るかなと思ったのですが、残念ながら発車に必要な蒸気は作り終えていたようで、無煙発車です。

C11-207鬼怒川温泉~鬼怒立岩(信)

2017.5.27 18:09撮影 試?レ 鬼怒川温泉~鬼怒立岩(信)


先行する下今市行の6050系が出発することにはISO1000で1/400、F2.8でしたがさらに露出が無くなりSLが発車する頃にはISO1250まで上げたのでザラつき感が出てしまいました。

走り去るC11をアップで

C11アップ

2017.5.27 18:09撮影 試?レ 鬼怒川温泉~鬼怒立岩(信)

それにしても上りの最終SLのが18時過ぎとなると冬場は完全な夜汽車になりますね。

さてこれにて今日の撮影は終了です。
185系を撮影したら引き上げるつもりが夕方まで残留することになりましたが、C11が撮れたので良かったです。試運転もこれから8月の営業運転に向けて本格的になるようです。(朝と夕方のスジで試運転し昼間のスジは運休になるパターンの様です)
それに今日は、撮影者も少なかったので良かったですが、これから撮影者も増えてくるでしょうね。

トラブル無く営業運転を迎えることが出来れば良いのですが・・・

鉄道コム

(5/27)C11-207「SL大樹」試運転その1

185系の集約臨を撮影した後、SL大樹の試運転があると言うので鬼怒川線に乗ってロケハンしつつ移動します。
鬼怒川温泉には毎年何回か行っているので土地勘はありますけど撮影地となるとどこが良いのかイマイチ判らないので鉄が居るようなば場所を探していると新高徳駅手前、旧ウェスタン村近くの割掘り区間を俯瞰している場所に集まっていました。
ここなら駅にも近いしと新高徳駅で下車して歩いて向かおうとすると、鬼怒川の手前で鉄橋を渡る場所を正面から狙える場所があり、先着者が居ましたがいい感じで撮れそうです。正面狙いでちょっとカーブしてサイドも入るし

100系スペーシア

2017.5.27 15:51撮影 1127レ 大桑~新高徳間

100系スペーシアも2020年に新造特急が出来るらしいのでそろそろ先が見えてきました。

鉄橋上を正面を狙ってみるとどんな感じかと500系で試しどり

500系リバティ会津

2017.5.27 16:25撮影 1129レ 大桑~新高徳間

うんこれもいいね。ココは大桑側からカーブで鉄橋になってさらにこの先もカーブで速度がも出ないしこの先は緩いけど上り勾配が続くので煙もあるかもと期待して待ちます。

そろそろSLががやって来る頃合いです。近く踏切が鳴動してSLが排煙しながらやってきました。

鉄橋進入

2017.5.27 16:50撮影 試?レ 大桑~新高徳間

DE10が後ろに付いているのが判ればとカーブ上のDE10が見えたところでシャッターを切りましたが200mmでは遠いですね。
さらに引き付けて本命位置で

C11-207SL大樹

2017.5.27 16:50撮影 試?レ 大桑~新高徳間

続いて70mmで第二本命位置で。ちょっと煙が薄くなりましたけどいい感じです。

C11-207試運転

2017.5.27 16:50撮影 試?レ 大桑~新高徳間

この構図だとC11の後に連結されているATS搭載のヨが目立たないのでいいかも?
ただ、この場所は夏の朝向きの場所です。この日は曇っていたので良かったですが、晴れると正面に日が当たるかどうか?です。

さて、続行列車でターンテーブが設置された鬼怒川温泉まで追い掛けます。

鉄道コム

2017年春の大遠征撮影記(動画編)

先月末の関西本線・三江線・鹿児島本線・山口線への大遠征時に撮影したビデオをクリック化してYoutubeにアップしました。

DD51の独特なジョイント音にエンジンが唸る音、里山に響くキハ40の息吹、廃止が近づく三江線、そしてC57-1の力強いを走りをそれぞれご堪能?ください。

この記事で春の大遠征関係の紹介は終了です。
気がつくともう5月で1ヶ月も経ってしまい、三江線も残り10ヶ月となります。また機会があれば乗りたいですが流石に無理かな・・・

鉄道コム

(4/22)C12-66の「SLもおか」撮影~その5~

茂木の道の駅で上りのSLもおかを撮影した後、SLを追い掛けます。ですがどうも真岡鉄道沿線には黒い雲が覆っています。うーむこれでは露出が出ないなぁ
先回りしたのは、西田井~北真岡間の菜の花ポイントです。月初めに来た時はまだ菜の花はあまり咲いてませんでしたが、この日は菜の花の絨毯状態でした。空は少しは明るくなりましたが・・・風が強く吹いています。

2017.4.22 15:08撮影 125レ 西田井~北真岡間(後追い)

西田井で交換する125レを後追い撮影します。

ちょっと構図修正をしているとSLが西田井駅を発車する汽笛が聞こえてきました。

C12-66と菜の花

2017.4.22 15:13撮影 6002レ 西田井~北真岡間

少しは煙を吐いていましたが完全に風に流れています。
何回かココで撮影していますが、曇ったり煙が無かったりとビッシときまらないのですよねー

パラっと雨も降ってきたので急いで撤収して先回りします。
6002レの最後はやはり折本発車でしょうと言うことで駅先の踏切で待ちます。スプリング転轍機に照明灯が出来たので場所が限られるようになりましたね。6002レと交換となる129レが到着すろとC12も到着です。1分停車で発車となりますが、煙は・・・

C12-66折本発車

2017.4.22 15:50撮影 6002レ折本駅

発車前に蒸気を作ってしまったのか発車時には煙が少なくなってしまいました。

まあでも太陽が少し顔を出したのでナンバープレートが光りました。
さてこの後6002レは下館に着いたらDE10が先頭になって6103レとなって戻ってくるので、朝送り込みを撮影した二高前~折本間で最後の撮影にします。

DE10 6103レ

2017.4.22 16:10撮影 6103レ 二高前~折本間

JRのDE10だとATS-Pの車上子が目立ってしまいますが、真岡のDE10は下回りがスッキリしています。

これにて撮影は終了です。
この後、真岡のキューロク館に寄って9600型を見物した後、真岡市内で今日の反省会を行って帰路につきました。

鉄道コム

(4/22)C12-66の「SLもおか」撮影~その4~

上りのSLもおか撮影では定番な茂木~天矢場間の撮影地と言えば、何箇所かありますが、その中からまずは茂木道の駅脇に行ってみると公園内の枝垂れ桜がいい感じで咲いていたので、ココで撮りましょうということになりました。

ココなら天矢場への勾配が始まる場所で煙も期待できる場所です。それに今日はC12ですし
ただ桜を入れようとする、アウト側から狙うのでサイドが影ってしまいます・・・が、今まで晴れていた空に雲が結構出てきました。
丁度126レが来るので試し撮りしてみます。

2017.4.22 13:22撮影126レ 茂木~天矢場間

これくらいの感じならサイドも陰らずに済みそうです。SLの煙でバイパスの車や標識が消えるだろうし・・・
時折晴れ間が見えたり曇ったりと、こちらで待っていて通過直前にピーカンって言うパターンも考えられるし・・・うーん悩むなぁ。

でも徐々に雲が厚くなってきておいおい、そんなに曇るなよぉとISOを上げます。SLの先行となる128レを撮影します。

真岡鉄道

2017.4.22 14:13撮影 128レ 茂木~天矢場間

フォトショで調整していますがうーん結構暗いなぁ。
続いてSLがやって来ますが、少しは明るくなりました。
茂木を発車する汽笛が聞こえ、爆煙でくるかなぁ~と待っていると・・・あれ、煙は?
C12-66 SLもおか

2017.4.22 14:28撮影 6002レ 茂木~天矢場間

お陰で桜が綺麗に入りました。(涙)

C12は軽快なジョイント音を響かせながら天矢場の峠を登っていきました。
さて我々もあとを追います。

鉄道コム

(4/22)C12-66の「SLもおか」撮影~その3~

下館発車を撮影した後、県道を使いSLを追い掛けます。真岡駅での停車時間を利用して先回したのは、北真岡~西田井間の五行川橋梁手前の土手です。

ココは桜並木の間を走るSLを撮影出来るポイントで、桜のシーズンは大変な人出になりますが、既に桜は散ってしまいましたのでガラガラです。SLは10分ほどでやって来ますので急いで用意をして待ち構えます。

C12-66 北真岡~西田井間

2017.4.22 11:17撮影 6001レ 北真岡~西田井間

この脇は「真岡りす園」で観客を喜ばそうと煙を出す事が多いのですが、今日は出ませんでしたねぇ~

まあ、こういう日もあるさと次のポイントへ移動します。
下り3発目は笹原田の牧場脇にしてみました。
踏切先の高台から撮影するのがセオリー?ですが今日は手前に子牛が居たのでこれを絡めて撮ろうと言うことで、市塙でSLと交換となる122レを

牛と真岡鉄道

2017.4.15 11:50撮影 122レ 笹原田~市塙間


最初はもう少し線路寄りにたむろっていた子牛達ですが、徐々に離れて行きます。

流石にエサで子牛を寄せ付ける事も出来ず、SLが市塙駅を発車する汽笛が聞こえてくる頃には、さらに遠ざかって絡めることが出来ず、牛を諦め線路に寄ることに

C12-66 笹原田~市塙間

2017.4.22 11:55撮影 6001レ 笹原田~市塙間

既に踏切が鳴動していたので、構図やらなんやら考える暇も無く、C12はいい走りをしながら通過していきました。
うーむ。ちょっと失敗かなぁ

これにて下りの撮影は終了です。

この後は茂木駅でターンテーブルで回頭するC12を見物した後、午後の撮影に備えます。

鉄道コム

(4/22)C12-66の「SLもおか」撮影~その2~

さて送り込み回送の後はSL本運転の撮影となりますが、どこで撮ろうかと言うことで、いくつかのの候補からまずは、煙は確実な下館発車の場所を見てみましょうと、下館駅先の栄踏切へ行ってみます。

先着が1名で場所の確保も大丈夫なので、ココで撮りましょうとなりました。ココではSLの入換から撮影することも出来ます。先行する115レが発車した後、側線から本線に転線する姿を撮影します。

C12 入換

2017.4.22 10:21撮影 入換 下館駅


発車時刻が近付くとC12は煙を吐き出して発車準備を始めます。
そして定刻に下館発車です。
C12-66 SLもおか 発車

2017.4.22 10:35撮影 6001レ 下館~下館二高前間

ドレンを吐きながらゆっくりと走り出しました。
良い煙を吐きながら近づいてきたところを200mm(320mm相当)で狙います。
2017.4.22 10:35撮影 6001レ 下館~下館二高前間

2017.4.22 10:35撮影 6001レ 下館~下館二高前間

さらに引いてカーブを曲がって行く姿を
2017.4.22 10:35撮影 6001レ 下館~下館二高前間

2017.4.22 10:35撮影 6001レ 下館~下館二高前間

今日はC12に「市貝芝ざくら」号のヘッドマークが付いてます。

やはり下館発車の煙は裏切りません(笑)

さてSLを追い掛けましょう。

鉄道コム

(4/22)C12-66の「SLもおか」撮影~その1~

土曜日は、鉄仲間と真岡鉄道に遠征してきました。

最近、真岡鉄道を撮影する場合は、ドライブ次いでに往路だけとか復路だけとかのパターンが多く、久々の朝の回送から返却までフルコース撮影となりました。

まずは、9時に折本~二高前間に到着し回送を狙います。まだ田んぼには水は入って無かったので水鏡狙いは出来ませんでしたが、麦畑の方は結構穂が成長していたので、麦畑を入れて狙ってみることにします。

練習でやって来た下館行きの112レを

 112レ 折本~下館二高前間

2017.4.24 9:12撮影 112レ 折本~下館二高前間


うーんこの位置だとバックの道路標識が入ってしまうなぁ~と、色々と位置を変えて構図を考えてココならどうだろうと言う場所に構えます。
 113レ 下館二高前~折本間

2017.4.24 9:48撮影 113レ 下館二高前~折本間


下館から折返しの113レで試し撮りをして、うんこれなら良いだろうと確定です。

113レは折本でSL送込みの回6000レと交換となるので、折本発車の汽笛が聞こえてきます。

DE10-1535

2017.4.24 9:52撮影 回6000レ 折本~下館二高前間


DE10-1535牽引の50系のしんがりに付いていたのはC12-66で、今日は久々にC12の牽引するSLもおかを撮影出来そうです。

バック青空だったらもっと良かったかも知れませんが、国鉄色のDE10も貴重ですからね~。
さてこの後はSL本運転の撮影へ向かいます。

鉄道コム

(3/25)2017年春の大遠征撮影記13

良い煙を堪能した後、車で来た道を引き返します。
国道を走っていると徳佐と鍋倉の間でSLを追い抜くことが出来き、次は篠目の発車を考えていましたが、渡川のオーバークロス手前の駐車スペースが空いていたので臨時停車します。
急いで準備すると渡川駅へ進入するC57の姿が見えます。

ココは煙は期待出来ない場所ですが、稀に出るときもあるのですが・・・

C57-1 渡川

2017.3.25 16:28撮影 8522レ 渡川~長門峡間

渡川駅に進入する姿が見えまする煙は無し。
橋梁を渡る際に汽笛を鳴らす蒸気は出ましたが、やはり出ませんねー
それに完全な曇り空になってしまったのが残念です。

手持ちなので広角にスイッチして撮影します。

C57-1 渡川~長門峡間

2017.3.25 16:28撮影 8522レ 渡川~長門峡間


絶気状態でC57はオーバークロスを抜けて長門峡を目指して通過していきました。

車に戻り国道を南下すると長門峡駅で停車中のC57を抜きます。
渡川では曇っていたのが長門峡を過ぎるといい天気です。これなら篠目の発車もいい感じで撮れるかもと先を急ぎますが、国道から篠目駅に入る裏道の踏切が鳴動してしまい、渡れず国道経由で駅に向かったので、駅に到着したのは篠目発車の3分前でした。

C57-1 篠目発車

2017.3.25 16:43影 8522レ 篠目~仁保間


用意が終ると直ぐに発車となり、まずは給水塔と腕木信号を入れて撮影します。
この雰囲気は良いですよね~

999が出発するシーンを思い出します(笑)

C57-1 篠目発車 縦

2017.3.25 16:43影 8522レ 篠目~仁保間


最後は縦位置で。
前回、篠目発車を撮影した時は太陽が陰ってしまったので今回は順光で撮影できたのは良かったです。

さて、この先の追掛けは山口市内の道路状況によります。
仁保入口交差点は問題無く通過できこれならもう1発可能だろうと走らせますが、県庁前あたりで渋滞し微妙な感じに。

仁保津手前のお立ち台に到着し車を止めて三脚を取り出すと近くの踏切が鳴動しギリギリで間に合いました。

C57-1 大蔵~仁保津間

2017.3.25 17:24撮影 8522レ 大蔵~仁保津間


篠目では日が差していましたが、こちらでは丁度通過前に雲で遮られ通過後に晴れると言ういつものパターンでした。

今日は予報がコロコロ変わったので撮影者は少なかったのが幸いしてか、上りで4回撮影出来たのはなかなか上出来きでは無いでしょうか?
これで予定していた撮影行程は全て終了です、ココからなら山口宇部道路の流通センターICが間近なので空港に向かいましょう。

鉄道コム

(3/25)2017年春の大遠征撮影記12

当初の遠征計画では、三江線乗車の翌日はSLやまぐちの撮影をして、山口宇部空港からJALで帰京する計画でした。
が、やっぱりEF81やED76を撮影したいなぁ~と九州入りを決意して予定を変更したのですが、天気予報がコロコロ変わり前夜の予報では、九州は天気が悪く山口は晴れ間も出るとの事で急遽、予定変更したのです。

赤間から小倉に向かう車内で、モバイルsuicaアプリで小倉からのさくら552号の指定券をEX-IC特急券を購入しておきます。EX-IC特急券なら自由席料金で指定席を利用出来るので少しはお得感があります。
小倉駅で乗換する間に折尾駅名物の「かしわ飯」を購入してホームに上がるとさくら552号が入線してきました。

新山口まではたったの20分しか無いので食べ終わると新山口駅到着のアナウンス。
新山口に13時に着くと太陽が出ていい天気です。新幹線口駅前にあるタイムズレンタカーで車を借りて津和野を目指します。山口市内で少し込んだものの14時半前には鷲原の撮影地に到着です。

思ったより撮影者は少なく、アウト側から撮影することにします。
まずはSLの先行となる8562Dを

キハ40 8526D 津和野~船平山間

2017.3.25 14:50撮影 8526D 津和野~船平山間


さっきまで日が差していたのですが、通過前に曇ってしまいました。
うーむ。自分が雲を呼んでしまったか?

今日はビデオを三脚に据えて、カメラは手持ちで煙によって縦と横を直ぐ持ち替えられる様にします。
津和野でSLと交換となる2545Dが通過し、しばらくすると津和野を発車する汽笛が聞こえます。

ほどなくして鳴滝踏切あたりを通過するSLが見えます。

C57 鳴滝 付近

2017.3.25 15:50撮影 8522レ 津和野~船平山間


うん、まずまずの煙を出しているなぁとSLの姿を追うと本山踏切辺りでは煙に元気が無くなり、これは悪いパターンか?。

カーブで姿が見えなくなり大蔭踏切から姿を現したC57-1は良い煙いを吐きながらやってきました。

C57 鷲原 横

2017.3.25 15:52撮影 8522レ 津和野~船平山間


ストレートをやってくる姿を撮影した後は、縦位置にスイッチします。

C57-1 鷲原 縦

2017.3.25 15:52撮影 8522レ 津和野~船平山間


やはり津和野の登りはいい煙を出してくれます。

最後は線路を横断する電線が入ってしまいますが、迫力の一枚を撮ることが出来ました。

C57-1 鷲原 アップ

2017.3.25 15:52撮影 8522レ 津和野~船平山間


SLは白井の里を目指してトンネルに消えていきます。

SLがやってくる直前になって少しは太陽の光が届くようになりました。お陰で少し明るく撮影出来ました。
さてSLを追掛けましょう。