【過去画像】DD51-1083の配給列車

今日は、久しぶりにカメラを持たなかった一日でしたので、過去画像を。このところ最近の撮り鉄の話題しかアップしていないのでBLOGのタイトルと内容が一致していないので、タイトルを変えようかと悩んでいます。
さて、今日の画像は札幌駅で撮影した釧路運転所所属のDD51-1083号機が牽引する苗穂工場入出場列車です。

DD51-1083

急行「まりも」の間合い仕業で、手稲~苗穂間を一往復する運用がありました。当時、定期運用で札幌運転所に入区する唯一のDD51が「まりも」仕業で、苗穂の非電化区間に入線する為にDD51がその任にあたっていた訳です。
DD51-1083がまだ現役なのは嬉しい限りです。

鉄道コム

(過去画像)国鉄色のEF64-1001

今晩は新小岩(信)に蘇我行きロンチキが停車していましたが、どうやら牽引機はDE10の様で、前回同様に1571号機の可能性が高いので撮影は見送りました。
最近、更新していなかったので、今日は久しぶりにBLOGタイトルに沿った過去画像から、高崎機関区公開時に展示されたEF64-1001号機です。

EF64-1001

この公開は昭和61年位だったかと思います。この時展示されたEF55-1がその後動体復活する契機になった公開でもありました。
この時はまだまだ現役だったEF62やEF63と並んで展示されたEF64-1001ですが、その後塗装変更されてしまったので、国鉄色の1001号機はこの時が最初で最後の撮影でした。
国鉄色のロクヨンはいいですね。
蘇我貨物1091レにロクヨンが入るようになってまだ国鉄色が来てないので、早く上京して来ないかと待ちわびてます。

鉄道コム

EF65-1046牽引の「あけぼの」

「あけぼの」も定期列車として運転するのもあと1週間ほどになりました。昨日も鶯谷にも撮影者が居ましたし、赤羽も場所取りが厳しくなってきたようです。
今日は過去画像から、EF65-1046牽引の「あけぼの」を上野駅で撮影した写真です。

EF65-1046「あけぼの」

昭和60年頃の撮影だったと思います。この時代は奥羽本線経由の純粋?な「あけぼの」でしたから田端区のEF65が牽引してました。田端区は初期型中心に配置されてましたから、東京口のブルトレと違ってデカパンタのPS17が印象的でしたね。

鉄道コム

新小岩操車場

先週からカメラが再入院中と言うことで、退院する今週後半まで「鉄」はお休みです。コンデジがあるのですが古く高感度耐性も無いし連写も出来ないしと夜の撮影はねぇ~
なので今日は、過去の画像です。

新小岩操車場

昭和61年頃の新小岩操車場の様子です。
奥に写っているのが小松陸橋で、写真の左側が新小岩工場になります。なのでちょうど蔵前通り脇のマンションがある辺りですね。
撮影している場所は新小岩機関区の機留線脇です。今はグラウンドになっている辺りです。さらに右側は今も残る発着線がある場所と言った感じです。
今でこそ日に数本しか無い貨物列車ですが、昭和の終わりまでは新金線にも1時間に1本程度は貨物が走っていたし、新小岩駅構内までDD13やDE10が入換で行ったり来たりしていたものです。
この当時は、まさに操車場と言う雰囲気で今からが想像が出来ない程賑わってましたね。

鉄道コム

EF66-27牽引の特急貨物

今日は、久々に過去画像の紹介です。
鶴見の花月園前で撮影したEF66-27牽引のコンテナ貨物です。今この27号機が走ると沿線各地には鉄が集結するほどの花型スター機関車になりました。

EF66-27

土曜日に武蔵野線で30号機を撮影しましたが、やはり運転席上のクーラーに違和感を感じてしまいました。
運転台の労働環境改善は昔からの懸案事項でありましたら、クーラーが付いたことでかなり改善されたのでは無いでしょうか
この27号機はPS17ですね。今は22Bになっていますから余計に今の姿を違うように見えます。
当時、EF58ブームの後はEF66ブームが来るって友人が言ってましたが、確かにそうなっています。


鉄道コム

品川駅で入換をするEF58-36

今日の会社帰り、新小岩(信)にはEF65-1106がロンチキA編成牽引して停車していました。例によって7番線に5972レへ継承するコキ車がブロックしていたので撮影しませんでした。
さらに5971レは国鉄色の1019号機予定で、バルブ撮影済みなので今日は出掛けませんでした。
なので?昔の写真から・・・
広島から荷36レを牽引して汐留までやってきた米原区のEF58-36です。
東京機関区へ入区する為に単機でやってきたところを横須賀線ホームから撮影したものです。

EF58-36

今では東海道新幹線の品川駅ホームになっているあたりをやって来て、この後東海道線の下り線を横断して11番線の隣の引き上げ線に入り、東機に向います。

EF58-36

新幹線の反対側には品川機関区があり下水処理場とかあって閑散としていた場所でしたが、今は高層ビルが立ち街並みも大きく変わってしまいました。


鉄道コム

総武線を行くEF65PF+EF81の重連単行

今日は久しぶりに過去画像の紹介です。
まだ京葉線が全通していない頃は千葉へ向かう貨物列車は新小岩操経由でした。蘇我に機関区設備が無かったので、蘇我まで牽引した機関車は滞泊の際は新小岩機関区へ回送していました。

Scan-090719-0021.jpg

今で言う送り込みの関係で新小岩操~蘇我間には重連単行が何本が設定されていました。
どういう訳か、異形式同士がほとんどでしたね。

Scan-090719-0022.jpg

写真は下総中山駅で撮影したものですが駅前に高層ビルが少なくホントのどかな駅でした。


鉄道コム

雨の中を走るEF62荷物列車

梅雨時期は嫌ですね。
この週末は「鉄」撮影はしなかったので過去画像からそんな梅雨の時期に撮影した画像を紹介します。
1986年(昭和61年)の6月に東海道線で撮影したEF62-20(多分20号機です)の急行荷物列車31レ(の筈)です。「リゾート21」の甲種を撮影に行った際に撮影しました。

EF62-20

朝方はパラパラ雨だったのが、徐々にに雨足が強くなってしまいましたが、頑張って撮影していました。
今じゃや億劫がって撮影に行きませんしねぇー


鉄道コム

奥多摩駅で発車を待つEF15

最近はBlogタイトル通りの写真を紹介していませんでしたので、今日は過去の画像を紹介します。
昭和60年頃の撮影だと思います。奥多摩駅で発車を待つ奥多摩工業の石灰輸送列車です。
ED16亡き後、数年間はEF15とEF64が共通運用で使用されていました。

Scan-090912-0023.jpg

EF15-170の隣にはEF64-1000番台が停車しています。画像がハッキリしませんが1021号機のようです。
この時期、何両かの1000番台が八王子機関区に配置されて青梅線で活躍していました。その後中央線の貨物削減で余剰となったEF64の一般形を使うようになり、高崎に転属していますので青梅線で活躍した時期は短かったですね。


鉄道コム

鹿島貨物を牽引するDD51-898

今日は久しぶりにBlogタイトルに戻って、過去写真です。
この1年近くEF64の鹿島貨物を撮影し続けてきましたが、その昔は佐倉のDD51が牽引していました。全線電化された千葉にDD51が残った理由の一つが鹿島貨物の存在でした。

DD1-898

898号機も佐倉から高崎に転属しましたが、10年ほど前に廃車となってしました。緑色のコンテナを見ると国鉄時代を思い出します。
昭和61年頃だと思いますが、小岩駅周辺には高い建物が無くてスッキリしていたのが判ります。


鉄道コム