千葉局ミステリー号

昭和61年の8月下旬に北オクの14系6両を使った千葉局主催のミステリー列車が、千葉~成田~我孫子~金町~新小岩~越中島~新小岩~千葉のルートで運転されました。

DD51

写真は、越中島から戻ってきた所を新小岩の団地から撮影したものです。越中島まで14系が入線したのはこれが最初で最後だったのでは?。
牽引機が886号機でなんで842号機じゃないんだとがっかりしたものです。
でもヘッドマークまで作って千葉局としてはかなりの力が入ってましたね。この列車は平井と小岩でも撮影しているのですが、ネガが見当たりません。どこ行ったかなか?


鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です