(11/15)天王寺-堺間を繋ぐ大阪唯一の路面電車【阪堺電車】その2

貸切電車はあびこ道車庫を出庫して、天王寺駅前に向かいます。撮り鉄班は返しの回送をどこで撮ろうかとロケハンしながらの帰路ですが、太陽の位置が低いこの時期は、建物の影が線路に落ちて、道路併用区間は曼荼羅状態でした。
天王寺駅前では折り返し電車が輻輳して入線にて間取りましたが無事到着。撮り鉄班は急いで先行する電車に乗って、目星を付けていた駅まで行きますが、後続でモ164が追い掛けてきています。
神の木電停で降り、直ぐ準備してモ164を待ちます。

モ164

2014.11.15 15:45撮影
乗務員さんも我々に気づいてくれました。(笑)
実は我々の貸切電車の後に別の貸切電車がモ166号車で運転されるのを車庫で確認しており、その送り込みと先ほどすれ違ったので、そいつがやって来るのを待つことに。

モ603

2014.11.15 16:05撮影
路面電車って言う感じの顔つきですね。
電車は10分おきなのですが、ハルカの開業もあって休日は混雑で遅れ気味になるそうです。

モ505

2014.11.15 16:09撮影
お昼にも撮影したキン肉マンラッピングです。
そろそろ166号が来るんじゃないかな?来てくれないと露出がなんて話していたら列車接近で構内踏切が鳴動。

モ354

2014.11.15 16:15撮影
残念、黄色のモ354でした。形式が違うけど車体はさっきのモ505と同じような車体ですね。
続行で、釣り掛け音が聞こえて来て、本命?のモ166がやって来ました。ちょうどココは南海電鉄高野線をオーバークロスするので勾配になっているので釣り掛け音が響き渡ります。

モ166

2014.11.15 16:17撮影
これにて阪堺撮影は終了です。
反省会が行われる天王寺へ戻って、宴会と相成りました。

鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。