(1/8)初撮りは中央西線遠征で(2)

大桑村のコミュニティバスは木曽福島の合同庁舎前止まりなのでそこから駅まで歩きます。

ここからは駅レンタカーで移動します。中央西線の貨物は本数も少ないので4撮影の合間に温泉巡りをしようと言う魂胆なのです。
レンタカーで上松町の桟温泉に立ち寄って朝風呂してから3084レを撮影に倉本~須原間の撮影地へ。

国道から山道に入った俯瞰ポイントに向かうと先着者がスタンバイされています。いろいろと構図を考えたのですが、国道が目障りだったのと場所は空き地ですが「立ち入り禁止」の札が掛かっている場所なので林道入口のポイントに戻りました。

3084レの先行なる普通列車で構図を確認。

313系 1826M 倉本~須原間

2016.1.8 12:06撮影 1826M 倉本~須原間

晴れ間も見えてましたが次第に雲が流れてきて晴れたり陰ったりになってしまいました。予報は曇り時々晴れでしたからねぇ

須原で1826Mと交換となったしなの9号が通過するのを後追いで。

しなの9号

2016.1.8 12:11撮影 2009M 倉本~須原間(後追い)

大阪始発のしなの9号は来春の改正で大阪乗り入れが無くなるんですね。

ちょっと立ち位置を修正して3084レを待ちます。陰ったり晴れたりとやきもきしているとS字カーブからEF64が姿を現します。

EF64-1015 3084レ

2016.1.8 12:20撮影 3084レ 倉本~須原間

まずは列車主体で
続いて広角で
EF64-1015+EF64-1045

2016.1.8 12:20撮影 3084レ 倉本~須原間

3084レ通過時には運良く晴れてくれました。

やっぱり山男は山岳地帯で撮影するとカッコよさが引き立ちますねぇ~
この後3084レ後続のしなの退避があるので先回りします。

鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です