C61-20「SL内房100周年記念号」試運転

今日から「SL内房100周年記念号」の試運転が始まりました。試運転日は前回のC57「春さきどり」同様に時刻表に掲載されたとの同然状態でした。
上りの送り込みから撮影をして、下りは五井~姉ヶ崎間の養老川土手で撮影しました。
11時40分頃に現着しましたが、多くの撮影者が集まっていました。

2012_02_03_0048.jpg

2012/2/3 13:36撮影(35mm)
煙が出るかな風に煽られないかな?と待つこと2時間、やってきたC61は良い感じの黒煙を吐きながら土手の築堤を登ってきました。少し西風が吹いていたので、煙が流され客車が影になりましたが、バックのマンションが隠れてくれたのはラッキーでした。
姉ヶ崎の長時間停車を利用して、袖ヶ浦に先回りしました。
朝。上りの撮影に来た際に、浮戸川の土手に場所を確保しておいたのですが、14時20分頃に現着した際にはこちらもかなりの人出になっていました。構図内の田んぼに入って来た撮影者が居たりして罵声にはなりませんが、本番運転の時はどうなることやら・・・

白煙

2012/2/3 15:16撮影(40mm)
SLはほぼ定時でやってきました。袖ヶ浦駅通過する手間あたりで黒煙が登っているのが見えたので期待していたのですが、残念ながら白い排煙蒸気だけでした。
まあこれはこれで冬らしいのですけどね。
C57の春さきどり号の時に比べて試運転の撮影者は倍位いたのではないでしょうか?明日は土曜日なのでかなりの人出になることでしょう。
最後に、市営球場近くの「ラーメン寿」でチャーシュー麺を食べて帰ってきました。


鉄道コム

One thought on “C61-20「SL内房100周年記念号」試運転

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です