(2/2)DE10の「DL大樹」撮影(その1)

C11の運転よりDE10での運転したほうが撮影者が集まると言う「DL大樹」の撮影に出掛けてみました。

南栗橋、下今市で乗り換えて大桑駅で下車して大谷向~大桑間の撮影地に向かいます。
15分ほどで倉ケ崎の有名ポイントに到着します。

6050系

2019.2.2 11:22撮影 313レ 大桑~大谷向間(後追い)

4両編成なのでDL大樹の長さを確認するには丁度良いですが、どうせなからダブルパンタの6050系を撮りたかったなぁ。

撮影地の直ぐ脇で保線工事を行っていたので列車見張り員が接近まで何分とアナウンスしてくれるので助かりました。
さて上りの2列車がやって来ます

DE10-1099 DL大樹

2019.2.2 11:31撮影 2レ 大桑~大谷向間

DE10-1099と14系と言う組み合わせは国鉄時代でもあまり見ることは無かったから新鮮です。そう言えば急行天北がDE15の牽引でしたね。

取り敢えずDE10を撮れたので次の目的地へ移動しようと駅に戻りますが途中でいい場所があったので、もうひと撮りしました。

100系スペーシア

2019.2.2 11:47撮影 1115レ 大桑~大谷向間(後追い)

後追いですが特急スペーシアが通過していきました。
この場所も悪くないですね。

この後、大桑駅に戻り移動します。

鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です