ブルートレイン「富士」 EF65-513代走

EF65-513富士

一見、EF65-500P型時代の写真かと思えるのですが、連結器の回りを見れば、旅客用では無く貨物用だと判ります。
それに富士が山型ヘッドマークになったのは、EF66牽引になってからですから500Pの時代ではありません。
この写真は昭和60か61年の夏だったかと思います。
上り富士を牽引していたEF66が途中故障して、沼津機関区のEF65-513が代走し、折り返しの下り富士に同機が充当されたのです。(下関まで牽引したのか?沼津で交代したのかは不明です)
東海道筋のブルートレインは78年までEF65-500番台が牽引してましたが、旅客用のP型で、写真のような「貨物向け」のF型がブルートレインを牽引するのは、非常にレアなケースだった筈です。
この日は、たまたま同級生が通学で上り富士が500番台だったのを目撃して、半信半疑で撮影に向かったのを思い出しました。
行ってみると、それも貨物用のF型だったので興奮してシャッターを切っていたようです。
EF65-513回送富士機回し中の出雲と並ぶ513号機

当時は今のような情報網が発達していない時代でしたから、東京駅や田町駅には、マニアの姿は殆ど無く、ゆったりと撮影できましたね。
東京駅も13番線があった時代も懐かしい。
この写真以外にもいろんな写真が出てきました。時間を見てデジタル化&UPしておこうと思っています。

4 thoughts on “ブルートレイン「富士」 EF65-513代走

  1. 隠密 says:

    はじめまして。
    信濃国は善光寺平に潜伏しております「隠密」と申します。
    どうぞよろしくお願いいたします。
    古い記事へのコメントで恐縮です。
    NゲージでF機を購入したさい、国鉄時代のEF65 513号機について調べておりましたところ、こちらにたどり着きました。
    F機がブルトレをけん引、これは珍しいですね。
    しかもヘッドマーク掲出というのが泣かせます。
    きっと513号にとって最初で最後の晴れ舞台だったのかも知れませんね。
    この写真を参考に模型のカスタマイズや「富士」のヘッドマークの掲出など、楽しませていただいております。
    貴重な写真の掲載、ありがとうございました。

    • TRAVAIR says:

      隠密さん、はじめまして。
      もう古い話ですが、EF65-513号機が代走で「富士」を牽引している写真は結構貴重だと思っています。
      今ならすぐに情報発信されて大パニックになりますが、この時代は携帯電話すらない時代でしたからね。
      今思うと、EF66で牽引していたブルトレをF型機が牽引してよく定時運行できたものだと感心してしまいます。定数に余裕はなかった筈ですからね。

  2. Hakata C says:

    オハネ24700形が組みこまれていますので、1986年だと思います(オハネ24700形が連結されたのは86年3月~86年11月)。

    • TRAVAIR says:

      Hakata Cさん、こんにちは
      情報ありがとうざごいます。
      EF65-513が富士を代走牽引したのは1986年、昭和61年の夏と言うことになりますね。
      当時はネットなんかない時代でしたから、こういう代走もひっそりと走ってあまり記録がないようです。513号機が沼津で交代したのか?調べても判りませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です