(5/6)令和の初撮影はカシオペア紀行返却から

令和になっての初撮影は、なんともカシオペアからになりました。
平成最後の撮影も奇しくもカシオペアでしたから、今年はカシオペアを撮れと言うお告げなんでしょうかね(笑)

3日に出発したカシオペア紀行信州ですが、予定されていたEF64-1053が不調で急遽EF64-37の登板になったとか。3日は撮影出来なかったので返却だけはと思い、朝5時過ぎに亀有の駐車場8階へ車を止めると既に数名の撮影者が居ました。

カシオペアは金町で30分程の停車があるのでこの後、続々と追っかけ組が到着して、脚立が2列、さらには3列になり大混雑になりました。
金町に停車していたEF64-37のライトが動き出しやって来ました。新中川の橋梁を渡ると速度も上がってきたので1/1000で迎え撃ちます。

2019.5.6 5:53撮影 回9450レ 松戸~金町間

2019.5.6 5:53撮影 回9450レ 松戸~金町間

シャッター音が響き渡り国鉄色となったEF64が通過していきました。
雲が太陽を隠したお陰で逆光にならず済みましたがその分露出が低いのでISOを上げての撮影となりました。

この後、日暮里で推回を撮ろうと思ってましたが、これだけの人出じゃ場所も無いかな~と思いながら車を出すと、「鉄」の車が一斉に出たので料金所渋滞にはまり、1時間100円で済む筈が、2分オーバーして200円になってしまいました。それに雨も降り出したので日暮里には向かわず帰宅しました。(どうやら日暮里では推回は被られたとか)




鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です