(2/17)さよなら185系踊り子撮影記その3

185系踊り子を撮れたので次の目的地に移動しようと駅に向かうと、ホームから「まもなく1番線のサフィール踊り子1号が到着します」とのアナウンス。
あっそっか、9号の続行でサフィールがあったんだと、先ほどの場所に戻って、おまけ?でサフィールも菜の花と桜バックで撮影です。

サフィール踊り子

2021.2.17 13:18撮影 3001M 河津~稲梓間

スーパービュー踊り子の後継車ですが、派手さは無いしなんか欧州のローカル列車みたいなデザインなんで個人的にはなんかパッとしない車両なんですよね。これも30年後にはフィーバーになるのかな?

10分後の上り列車に乗るので駅に戻ります。
今回は「南伊豆フリー乗車券」都区内発6,270円を利用しました。今回30%割引の「えきねっとトクだ値」を使えば安くなるのですが、帰路は最後になる185系グリーン車を利用したかったので、割引が使えず、計算したらこの切符を使った方が安かったのです。
ホーム先端から乗車する列車を桜と一緒に撮影です。

河津駅

2021.2.17 13:28撮影 5650M 河津駅

桜に気を取られて先頭車の前パンタがカツカツになってしまいました。

8000系に揺られて10分程の片瀬白田駅で下車して有名撮影地に向かいます。
185系を海バックで押さえておきたかったのですが、到着時はいい感じだったのですが、やはり冬場の太陽は高度が低いので山影がどんどん迫ってきました。

伊豆急

2021.2.17 14:15撮影 5645M 片瀬白田~稲取間

185系通過10分前にやってきた8000系は3両編成でしたのでいい感じで収まりましたが、前と後ろの影がどんどん伸びてきます。

踊り子13号は10両編成なのでせめて4号車あたりまで光線があたって欲しかったのですが、片瀬白田駅で踊り子と交換となる上り普通列車が通過した際は前3両に日が当たるのがギリギリでしたが・・・

185系踊り子13号

2021.2.17 14:25撮影 3033M 片瀬白田~稲取間

ほんの数分でさらに太陽が傾き、光線が当たったのは2.5両分でした。これはちょっと残念でリベンジしたいけど無理かな・・・

この後サフィール踊り子が戻ってくるのでココで後追い撮影しようかと思ってましたが、さらに影が伸びてきたので、ココでの撮影をあきらめて漁港側で撮影することにしました。

サフィール踊り子

2021.2.17 14:33撮影 3002M 稲取~片瀬白田間

もう少し時間があれば場内信号機の先あたりまで行きたかったのですが、ココで妥協です。
まあサフィールですしね。

この後上りの踊り子14号が185系なのでまだ日の当たる熱川寄りに移動します。
その4へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です