(9/1)「SL 東北DC陸羽東線号」D51-498送込み配給

今日は「SL東北DC陸羽東線号」に使われるD51-498が小牛田へ配給されるとの事でしたので撮影に出掛けて来ました。時間的にSL大樹5号を撮影してから新高徳からのバスを使えば間に合うダイヤダイヤだったので一石二鳥な撮影が出来ます。

新高徳から黄色いマイクロバスで矢板駅には14:42に到着。
配給は矢板15:07到着で後続を退避するので、一発目は場所的に微妙ですが、配給の後続列車に乗る関係で駅先の道路から中線到着を狙います。

EF81-95 D51-498回送 回9141レ 片岡~矢板

2021.9.1 15:06撮影 回9141レ 片岡~矢板間


EF81-95牽引でD51にオヤ12に12系4両が続きますが、やはり架線柱で最後尾が隠れてしまいました。
まあこれは前座と言うことで駅にに戻ります。

EF81-95 配9141レ 矢板駅

2021.9.1 15:12撮影 配9141レ 矢板駅

ホームに入ると警官も警備していましたが、都心では無いのでそんなに多く無く平和に撮影が出来ました。

D51-498 配9141レ 矢板駅

2021.9.1 15:12撮影 配9141レ 矢板駅

D51の出張運転と言えば前回、羽越東線で運転の際にはボイラー空焚きでえらい目に遭いましたが今回は大丈夫ですかね。

15分発の後続列車で一駅乗って野崎駅で下車して国道のオーバーグロースへ向かいます。電車から結構な撮影者がるのが見えましたが現地に行くと、線路側に固まっていてサイド側は余裕が有りそこで構えることにします。

SL回送は速度制限があるので、EF81-95が箒川橋梁をゆっくりと渡って来ました。

配9141レ 矢板~野崎間

2021.9.1 15:40撮影 配9141レ 矢板~野崎間

なので、まずはで望遠カットで狙ってからの引いての2カット撮影が出来ます。

EF81-95 15:40撮影 配9141レ 矢板~野崎間

2021.9.1 15:40撮影 配9141レ 矢板~野崎間

鬼怒川線では雨が降ってましたが、ココでは雨が止んでくれたので助かりました。

さてSL撮影は那須塩原でも停車があり後続列車を2本退避します。駅に戻って後続列車に乗って那須塩原へ移動し、中線に停車しているSLを横目に駅先に移動します。
退避2本目の普通が発車する頃から再び雨が降り出してきました。

2021.9.1 16:42撮影 配9141レ 那須塩原~黒磯間

2021.9.1 16:42撮影 配9141レ 那須塩原~黒磯間

露出条件が悪くなりましたが、速度が遅いのでSSを下げてなんとか撮影出来ました。

この先はさらに露出も厳しくなりますからココで追い掛けは終了です。
できれば交流区間まで行きたいところですが、宇都宮行に乗って撤収しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です