(3/25)タイ国鉄Hua Lam Phong駅

混雑しているタイ国鉄のキハ47(車内はキハ47とほぼ同じなので)に乗ってファランポーン駅(バンコク中央駅)へ向かいます。
バンコク近郊ということでローカル色はなかったですが、気動車のエンジン音とジョイント音にしびれてしまいました(笑)

1時間ほどで終点ファランポーン駅に到着です。
行止り式のターミナル駅らしい建物で、アジアでもこの駅以上に終着(始発)駅と言う言葉が似合う駅は無いような気がします。

丁度3番線にはシンガポールへ向かうブルジョア列車「イースタン&オリエント急行」が停車していました。
この列車でシンガポールまで行くのもいいかも知れませんが、個人駅には乗り継いで普通の寝台列車で行くほうが楽しいかな
この車両、NZのディーゼル特急の車両を改造したそうですが、台車がコイルばねで101系みたいなのは日本製だからそうです。

列車先頭に歩いていくと1番線に懐かしい車両が留置されていました。
定期列車からは引退した元ブルートレインです。
連休時には急行列車の増結運用に入るようですからもう一度乗ってみたいですね。

チェンマイ行の9列車とE&Oの並びです。9レ中国製の新型寝台車で組成されていて、それまで9レで使われていた韓国製の寝台車が13レに回りJR車を置き換えました。

E&Oは17:50にバンコクを発車します。
13レの入線を見たかったのですが、この後の予定もあるのでこの辺で切り上げました。

タイ国鉄でのんびり旅したいなぁ~

鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です