(5/22)EF64&DD51撮影遠征-その4-

名古屋駅から15:44発の四日市行の普通列車に乗って永和駅で下車し、蟹江駅方に戻った土手上からDD51とDF200の重連を狙います。

今回のダイヤ改正で8075レが機関車の送り込みを兼ねて前位にDD51が入り異形式重連となった注目の列車です。なので平日ですが4,5名が既にスタンバイしていました。

用意をしていると上りのタンカー8072レがやってきました。

DF200-220 8072レ 永和~蟹江間

2019.5.22 16:25撮影 8072レ 永和~蟹江間


すっかり関西本線の顔となったDF200-220ですが、8072レの存在を忘れていて急いで撮ったのでケツが切れてしまいました。

313系などで試し撮りのあとお目当ての8075レがやってきます。

DD51+DF200 8075レ 蟹江~永和間

2019.5.22 16:46撮影 8075レ 蟹江~永和間

まずは望遠で名古屋の高層ビル群と三河の山を入れてみました。

そして広角で

2019.5.22 16:46撮影 8075レ 蟹江~永和間

2019.5.22 16:46撮影 8075レ 蟹江~永和間

今日は切抜き文字ナンバーで最若番のDD51-825号機で次位はDF200-216です。
この時期になると石油需要も落ち着くのでタキは短めです。冬場になると日が落ちてしまいしますから夏場限定の列車です。

この後は永和駅に戻り弥富駅に移動します。上りの2084レがDD51牽引ですが、永和で10分停車となり遅くなってしまうのでちょっと移動です。
弥富駅から永和よりに歩いて直ぐの場所が以前、列車からロケハンした時に良さそうだったので試しに来てみたのですが邪魔な標識があり微妙な感じです。

と言っても移動する時間も無いのでまずは縦位置で

2019.5.22 17:37撮影 2084レ 弥富~白鳥(信)間

2019.5.22 17:37撮影 2084レ 弥富~白鳥(信)間

200mmでは足りないのでトリミングしています。

2019.5.22 17:37撮影 2084レ 弥富~白鳥(信)間

2019.5.22 17:37撮影 2084レ 弥富~白鳥(信)間

2084レはDD51-857でスノープロウ取り付け車でした。個人的にDD51はスノープロウが付いている方が精悍な顔つきで好きですね。

これにて撮影は終了です。弥富駅17:54発の名古屋行に乗車して、名古屋から「のぞみ」で帰ってきました。
今回は新幹線利用でしたが、18期間なら一部新幹線利用になりますが18きっぷでもほぼ同じ行程で撮影が出来るので夏に試してみようかなと思ってます。
なんせDD51も次の改正で置換えになる可能性もありますからね。




鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です