(7/2)姨捨で撮影した列車たち

今日は、マニ50の甲種を待っている間にやって来た列車を紹介します。

甲種はEH200とマニ50の2両編成ですが、編成長がE127系2両より少し長いかなと思っていると丁度EH200-5が牽引する2084レがやって来ました。

EH200-5

2019.7.2 12:44撮影 2084レ 桑ノ原信号場~姨捨間

この場所は背景に善光寺平野が望めますが編成は20m車3.5両くらいしか入らない場所です。
これでEH200の長さが掴めました。

続いて甲種の露払いになるE127系の普通列車が到着です。

E127系

2019.7.2 12:57撮影 2238M 桑ノ原信号場~姨捨間

どうせなら115系が走っている頃に来たかったですね。

続いて甲種がやって来た訳で、撮影後は後続の松本行が来るまで近くの猫カフェでランチの予定でしたが、店主怪我のためのお休みの張り紙。

仕方なく姨捨公園で撮影することにしました。

E127系後追い

2019.7.2 14:10撮影 2243M 桑ノ原信号場~姨捨間(後追い)

甲種がEF64だったら満足してこの電車に乗って長野に戻ってバスで帰ったのですが・・・

桑ノ原信号場で交換した「しなの」がやって来ます。

しなの16号

2019.7.2 14:21撮影 16M 桑ノ原信号場~姨捨間

この場所だと8両編成だといい感じで構図に収まったのですが、6両だとちょっと短いですかね。
ココで2084レを撮影すればよかったかな。

この後松本行が来るので駅に戻りホームからやって来たE127を撮影します。

E127系 ホームから

2019.7.2 14:33撮影 2240M 桑ノ原信号場~姨捨間

通信ケーブルが無ければ最高なのですけど・・・でも駅のホームから撮影したとは思えない風景ですよね。

スイッチバックで入線した松本行に乗車して藪原に向かいました。
また姨捨で撮影してみたいものです。




鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です