SGの煙を上げるED76

ED76-517

北海道の電気機関車と言えばED76-500番台。九州の0番台と違い貫通扉があって、ED75の親戚みたいに見えます。
ED76はSGを搭載しており、引退直前までSGを使っていました。
冬に北海道に行くと、SGの煙をなびかせていました。
札幌駅が高架になる前の姿も懐かしいものです。

ED76-511.jpg

51系の客車列車は、朝夕の通勤列車として設定されてました。小樽駅に客車を留置した後ED76は単機で札幌運転所まで回送されるので、排煙している最中です。
機関車の回りが暖かったのを覚えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です