(3/24)東武10000系亀戸線試運転

2両編成の8000系がトコトコと走っていた亀戸線に今日というのか昨晩の終列車後に10000系の試運転がありました。
元々10000系は本線登場時に2両編成が亀戸線で運用されていましたが、とある問題が発生してから入線禁止となり、長いこと入線してませんでしたが、流石に8000系の亀戸線にも世代交代の足音が聞こえてきました。

深夜2時半過ぎに小村井駅にやってきた10000系は4両の為、ゆっくりとホームに進入し出発相当の閉塞信号機手前で停車しました。

10000系試運転

2020.3.24 2:35撮影 試13レ 小村井~東あずま間

まずは亀戸線と判るように小村井駅舎を入れて撮影です。
20秒停車の後、タイフォンを鳴らして明治通り踏切を通過していきます。
2020.3.24 2:35撮影 試13レ 小村井~ひがしあずま間

2020.3.24 2:35撮影 試13レ 小村井~東あずま間

亀戸線で4両と言うと普段2両なので長く感じます。

試運転は亀戸で折り返して来ますのでホームを挟んで曳舟側の踏切に移動すると2名程の撮影者が居ます。みなさん深夜なのにご苦労さまです。(笑)

さて上りはどこで停車するか?さっきは閉塞信号機手前で止まったので同じだとすると踏切の中程なんだよなぁ~と待っていると明治通りの踏切が鳴動して10000系がやってきます。

2020.3.24 2:54撮影 試14レ 小村井~東あずま間

2020.3.24 2:54撮影 試14レ 小村井~東あずま間

ゆっくりと入線して所定停車位置で一旦停車し、こちら側の踏切が降りたのを確認して1両分前だしして一旦停車。再びタイフォンを鳴らして出発していきました。

今日は、東武でもう一つの試運転が日光であるので、そちらにも行くつもりだったのですが、そちらはコロナの関係で中止となってしまったのが残念です。




鉄道コム

One thought on “(3/24)東武10000系亀戸線試運転

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です