(10/1)SL重連「SLググっとぐんまみなかみ」往路その1

高崎のD51-498とC61-20が重連では5年ぶりに「SLググっとぐんまみなかみ」号として運転されると言うので撮影に行ってきました。この日は久喜で行われる日本信号㈱の鉄道まつに顔を出す予定もあり、現地入りは午後となりました。

定番は激混みになているだろうから、マイナーな場所で撮影をしようと最初に向かったのは新前橋~群馬総社間のストレートです。上り線側からだと逆光になる場所ですが、曇りなら大丈夫だろう考えてチョイス。

でも予定より遅く現地には13時過ぎに到着したので、場所があるか心配していたのですが余裕で場所確保出来ました。

群馬県警のPCが巡回して警戒する中、ギャラリーも増えてきます。下り線側にも人が出てきましたが列車で隠れる位置なのが救いです。
新前橋発車の汽笛が聞こえSLの姿が見えてきました。いい煙でやってきたと思ったら絶気の汽笛合図。煙が保ってくれればとまずは望遠で

D51-498+C61-20重連(望遠)

2016.10.1 13:34撮影 9731レ 新前橋~群馬総社間

続いてサブの広角で

D51-498+C61-20重連(広角)

2016.10.1 13:34撮影 9731レ 新前橋~群馬総社間

なんとか煙も出てくれてよかったです。
先月のハルツ狭軌鉄道のSLも良かったですが、大型蒸気重連の迫力はいいですね~。

ここから駒寄PAインターまで直ぐなので、ダメ元で追いかけてみます。

あ、この日の朝、久喜に行く前に久喜~東鷲宮間にたちよりかる~く撮影もしてみました。
前夜の小山ロンチキ工臨の返空があるかなと思ったら早朝スジだったようで・・・

鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です