(11/12)影落ちの1094レと5971レバルブ

今日は区役所に行く用事があったので午後休暇。
ならば1094レを狙おうと市川駅に寄ってみます。この時期は影落ちで200mm(320mm)が無いと厳しいのですが、EF64-1005牽引の1094レが射程範囲に入った時に緩行B線の影を踏んでしまいました。

EF64-1005 市川駅

2019.11.12 14:46撮影 1094レ 市川駅


あちゃーそうきたかと。並走する列車の影まで気が回りませんでした。
この後はいつもの東京街道踏切に行きますがこの時期は正面には日がほとんど当たらないんですよね。
EF64-1005

2019.11.12 15:29撮影 1094レ 新小岩(信)~金町間


これから2月位までの間は新金線内は厳しくなりますね。

今日は夜発送の工臨があるので新小岩(信)に行くと7番線に交検チキが留置されていて、留置ホキも居るのでロンチキだと編成が入らないなと思っているとDE10-1751牽引のロンチキCが到着です。

DE10-1751

2019.11.12 16:19撮影 工7282レ 新小岩(信)


DE10は交検チキと上手い具合に並んで停車しましたので、これば夜のバルブはイマイチだなと思っていたところに5971レに国鉄色になったEF65-2097が入ったとの情報で再び新小岩(信)へ
EF65-2097

2019.11.12 22:23撮影 5971レ 新小岩(信)


この釜は初めて寝台特急「さくら」に乗車した時の牽引機であったのでちょっと感慨深い釜なんですよね




鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です