(4/2)桜と亀戸線その2

先週、桜が咲き始めた時に撮影した後、天気が悪い日が続き毎日眺めながら通勤してましたが散り始めた今日、ようやく晴天な空が広がったので通勤途上に撮影してきました。

先週は満開前でしたのでボリューム感が今ひとつでしたが、流石に散り間際だと桜らしくなりますね。

2020.4.2 9:01撮影 小村井~東あずま間

まずは赤色の8000系がやってきました。

4分後に曳舟行が到着します。

8000系ヘッドマーク付き

2020.4.2 9:05撮影 小村井~東あずま間(後追い)

後追いで去りゆく8000系を撮影しますが、なんやらヘッドマークが付いてますね。
来週からの交通安全週間の告知マークでした。

8000系

2020.4.2 9:08撮影 小村井~東あずま間

3本目の最後は黄色でした。

桜も今日、明日が最後ですかね。
来年はいろいろ桜を撮影したいですね。




鉄道コム

(3/26)桜と亀戸線

ついに東京都知事から不要不急の外出自粛が出ましたが、うちの会社は時差出勤にはなってますがテレワークと言う物が整備されておらず出社するしかありません。

朝も余裕があるし混雑する電車に乗るのも嫌なので会社まで徒歩通勤してますが、その途中に亀戸線を横断します。
先日、10000系の試運転もあり8000系最後の春かも知れないので、通勤途上にちょっと寄り道してみました。

8000系と桜

2020.3.26 9:02撮影 小村井~東あずま間

亀戸線の桜と言えば、東あずま駅脇の公園です。
丸八通りから撮影しますが、フェンスが少し高いので手を伸ばしてライブビュー撮影です。

8000系 黄色

2020.3.26 9:05撮影 小村井~東あずま間(後追い)

今年の桜は咲いている所とまだの所がまだらにあるのでボリューム感が出ないのが残念です。

8000系 緑

2020.3.26 9:08撮影 小村井~東あずま間

朝のラッシュ時なので3編成を僅か5分強の撮影できます。

さて、夜間の外出も控えるようにとのことなので、夜の新小岩(信)撮影も自粛しましょう。
春休みで、なんやら子供鉄が集結してあまり撮影環境も良くないようですしね。




鉄道コム

(3/24)東武10000系亀戸線試運転

2両編成の8000系がトコトコと走っていた亀戸線に今日というのか昨晩の終列車後に10000系の試運転がありました。
元々10000系は本線登場時に2両編成が亀戸線で運用されていましたが、とある問題が発生してから入線禁止となり、長いこと入線してませんでしたが、流石に8000系の亀戸線にも世代交代の足音が聞こえてきました。

深夜2時半過ぎに小村井駅にやってきた10000系は4両の為、ゆっくりとホームに進入し出発相当の閉塞信号機手前で停車しました。

10000系試運転

2020.3.24 2:35撮影 試13レ 小村井~東あずま間

まずは亀戸線と判るように小村井駅舎を入れて撮影です。
20秒停車の後、タイフォンを鳴らして明治通り踏切を通過していきます。
2020.3.24 2:35撮影 試13レ 小村井~ひがしあずま間

2020.3.24 2:35撮影 試13レ 小村井~東あずま間

亀戸線で4両と言うと普段2両なので長く感じます。

試運転は亀戸で折り返して来ますのでホームを挟んで曳舟側の踏切に移動すると2名程の撮影者が居ます。みなさん深夜なのにご苦労さまです。(笑)

さて上りはどこで停車するか?さっきは閉塞信号機手前で止まったので同じだとすると踏切の中程なんだよなぁ~と待っていると明治通りの踏切が鳴動して10000系がやってきます。

2020.3.24 2:54撮影 試14レ 小村井~東あずま間

2020.3.24 2:54撮影 試14レ 小村井~東あずま間

ゆっくりと入線して所定停車位置で一旦停車し、こちら側の踏切が降りたのを確認して1両分前だしして一旦停車。再びタイフォンを鳴らして出発していきました。

今日は、東武でもう一つの試運転が日光であるので、そちらにも行くつもりだったのですが、そちらはコロナの関係で中止となってしまったのが残念です。




鉄道コム

(3/22)SL大樹1号

昨日は鬼怒川でお泊りだったので今朝、移動の合間にSL大樹の1レを新高徳の鬼怒川橋梁で撮影してきました。

C11-207 1レ

2020.3.22 9:21撮影 1レ 大桑~新高徳間

まずは橋梁の中程で。
場所柄、もう少し煙があるかなと思いましたが今日は気温も高かったのでこんなものでしょうかね。

2020.3.22 9:21撮影 1レ 大桑~新高徳間

2020.3.22 9:21撮影 1レ 大桑~新高徳間

橋梁を渡りカーブに差し掛かるC11-207です。大桑~新高徳間はカーブと勾配が続く区間なので一番運転に気を使う区間だと思います。

三連休最終日だけあって朝の1レは乗客は少なかったですね。

DE10-1099

2020.3.22 9:21撮影 1レ 大桑~新高徳間(後追い)

後部のDE10を後追いで
先月は検査でC11の単独牽引だったんですよね。

さて次の目的地に向かうので撮影はこれにて終了です。




鉄道コム

ワンマン車4色夜の流し

地元近くを走る東武亀戸線は都内のローカル線と呼ばれてます。まあ2両編成の電車がトコトコと亀戸と曳舟を行ったり来たりしてますし、沿線は下町のまちなかですからね。

そんな亀戸線にも世代交代が近いみたいなので、会社帰りに寄り道して流し撮りしてみました。
この区間を走るワンマン仕様は5編成ありますが、そのうち3編成がそれぞれ塗装が異なるのでどうせならコンプリしようと4日間通ってみました。

オリジナル塗装 8570-8670

オリジナル塗装 8570-8670

黄色 8575+8675

リバイバルカラー黄色塗装 8575-8675

赤色 8577-8677

リバイバルカラー赤色塗装 8577-8677

オリジナル塗装 8565-8685

オリジナル塗装 8565-8685

緑色 8568+8668

リバイバルカラー緑色塗装 8568-8668

今度は昼間の明るい時間に全色撮っておきたいですね。




鉄道コム

(2/2)DE10の「DL大樹」撮影(その3)

小佐越からやって来たリバティに乗車して1駅、新高徳で下車します。
この区間はリバティでも特急券が不要なのは嬉しいですが、行きに下今市から乗った際は満員でデッキ立ちいなってしまい混雑時はかえって6050系の普通の方が良いかな~。

新高徳駅から大桑方面に歩き鬼怒川を渡り道路から鬼怒川の橋梁を俯瞰できるポイントへ。以前ロケハンした時に良さそうと思っていたポイントです。
先着者の後ろに入り待っていると下り列車がやって来たので後追い撮影で構図確認です。

6050系

2019.2.2 14:45撮影 103レ 新高徳~大桑間(後追い)

4両編成ですが後ろ2両は会津鉄道所有車でした。この構図だとWパンタ車だと分かりづらいですね。

この普通が新高徳でDLと交換となります。

DL大樹4号

2019.2.2 14:50撮影 4レ 新高徳~大桑間

よくよく見るとスノープロウが無いのでATS車上子が目立ちます。まあJRの車は緑色なのでそれに比べると目立ちませんけど・・・。
それと煙突カバーの銀塗装が大宮工場の入換機時代の名残りですね。

撮影後、新高徳駅に戻り続行の上り列車で帰路につきます。
下今市で特急に乗り換えますが丁度4号で到着した編成の入換を行っていました

14系入換

2019.2.2 15:22撮影 入換 下今市駅

こうやって14系が現役で走っているとは・・・
後ろに予備のオハフ15が居てなんか国鉄な雰囲気です。

2019.2.2 15:22撮影 入換 下今市駅

2019.2.2 15:22撮影 入換 下今市駅

メガネ屋の看板が変な位置になってしまいました。

この後の浅草行特急に乗車して帰ったのですが、北千住を出発した後、鐘ヶ淵の通過線で停車してしてしまいました。なんと春日部を通過した10分後に人身事故が発生した関係で浅草駅の特急ホームが満線で発車待ちとの事で、後続の普通列車に抜かれると言う珍しい?事態に遭遇しました。

10分ほどの抑止で運転再開になり予定より少し遅れての帰着となりました。

鉄道コム

(2/2)DE10の「DL大樹」撮影(その2)

大桑から混雑する会津マウントエクスプレスで小佐越へ移動して駅前のガストでお昼にした後、新高徳寄りの有名撮影地の反対側へ行ってみました。

悪くは無いのです結構影が落ちており日が当たる場所だと架線柱が邪魔だったりとちょっとイマイチでどうしようかと思っているうちに時間切れでDL大樹3号がやって来ました。

DE10-1099

2019.2.2 13:23撮影 3レ 新高徳~小佐越間

ゆっくりとした足取りでDE10がやって来ました。
やはりココは曇りの日が良さそうです。

駅に戻る途中、まだ時間があるので撮影しながら駅へ戻ります。

2019.2.2 13:35撮影 119レ 小佐越~新高徳間(後追い)

鶏頂山が入るのでいい場所だと思ったのですが、陸橋とか後ろの国道とかうるさい感じです。もう少しサイドが取れれば良いのですが電柱が邪魔だし・・・

下り列車が来るので今度は陸橋寄りで狙ってみます。

6050系

2019.2.2 13:48撮影 101レ 新高徳~小佐越間

列車がやってくる直前に太陽が雲で隠れてしまいました。まあ晴れても逆光になるので曇った方が良い場所です。

さて4レ撮影の為、小佐越駅に戻り移動します。

鉄道コム

(2/2)DE10の「DL大樹」撮影(その1)

C11の運転よりDE10での運転したほうが撮影者が集まると言う「DL大樹」の撮影に出掛けてみました。

南栗橋、下今市で乗り換えて大桑駅で下車して大谷向~大桑間の撮影地に向かいます。
15分ほどで倉ケ崎の有名ポイントに到着します。

6050系

2019.2.2 11:22撮影 313レ 大桑~大谷向間(後追い)

4両編成なのでDL大樹の長さを確認するには丁度良いですが、どうせなからダブルパンタの6050系を撮りたかったなぁ。

撮影地の直ぐ脇で保線工事を行っていたので列車見張り員が接近まで何分とアナウンスしてくれるので助かりました。
さて上りの2列車がやって来ます

DE10-1099 DL大樹

2019.2.2 11:31撮影 2レ 大桑~大谷向間

DE10-1099と14系と言う組み合わせは国鉄時代でもあまり見ることは無かったから新鮮です。そう言えば急行天北がDE15の牽引でしたね。

取り敢えずDE10を撮れたので次の目的地へ移動しようと駅に戻りますが途中でいい場所があったので、もうひと撮りしました。

100系スペーシア

2019.2.2 11:47撮影 1115レ 大桑~大谷向間(後追い)

後追いですが特急スペーシアが通過していきました。
この場所も悪くないですね。

この後、大桑駅に戻り移動します。

鉄道コム

(8/4)磐越の前にSL大樹撮影

今日は、C57故障でDE10代走の磐越西線へ遠征してきました。でもC57では無いのであまり追いかけする気にもなれず、SL大樹1号を撮ってから喜多方周辺で撮ればいいやと言うことでまずは朝出発して大谷向~大桑間へ

朝の1号だからなのか?撮影者の姿は無く、あれ今日は運転日だよな不安になります(笑)

リバティ

2018.8.4 8:50撮影 1114レ 大谷向~大桑間(後追い)

用意ができると3両編成のリバティが通過していきました。
光線状態が良さそうな場所を選んだのですが、丸みのあるリバティなら大丈夫ですね。

続いて6050系の普通が露払い代わりにやって来ます。

6050系

2018.8.4 8:57撮影 307レ 大谷向~大桑間

2扉クロスシート車はなかなか貴重ですよね。

この後、SLがやって来ます。故障してDE10牽引っていう事は無いかな?と思ってみましたが、SLの汽笛が聞こえて来ました。今日も元気にC11-207のようです。

C11-207

2018.8.4 9:10撮影 1レ 大谷向~大桑間

煙を期待?して上を空けておきましたが、この天気じゃ煙も出ないか・・・

この後撤収して会津街道を北上すると大樹のスジが寝ているのでSLを追い抜いて小佐越駅を通過したのでワールドスクエア駅と立岩信号所間に寄り道します。

C11-207

2018.8.4 9:35撮影 1レ 東武ワールドスクウェア~鬼怒立岩(信)間

さっきは気が付きませんでしたが、今日のヘッドマークは「花火」なんですね。そういえば大谷川の花火大会が今日でしたし、あちこちでも花火大会のピークですからね。

朝方で車もスムーズに走れたので、もうワンカット撮影出来たのはラッキーでしたね。

さて会津に向かいましょう。

鉄道コム

(5/27)C11-207「SL大樹」試運転その2

新高徳の鬼怒川橋梁で撮影した後、後続の会津マウントエクスプレスで鬼怒川温泉駅に向かいます。
そう言えば、SL大樹が通過する少し前に栃木県警のパトカーが見回りしていましたね。撮り鉄の違法駐車狙いでしょうかね。

鬼怒川温泉駅に到着すると丁度、C11が機回ししている最中でした。改札を出て駅を出ると正面にターンテーブルが出来ており、観光客が集まっています。

下り本線に引き上げた後、ターンテーブル線に転線してきたC11がゆっくりとターンテーブルに乗ります。

C11-207

2017.5.27 17:25撮影 入換 鬼怒川温泉駅

JR西日本から譲渡されたターンテーブルに乗り回頭するC11です。駅前に堂々とターンテーブルを造るのもSLが一つのアトラクションと言うことなのでしょう。

まだC11は回頭している間に急いで下今市方の陸橋へ向かいDE10-1099の機回しを狙います。

DE10-1099

2017.5.27 17:30撮影 入換 鬼怒川温泉駅

下り本線の引き上げ位置までやってきたDE10ですが、煙突カバーが大宮時代の銀塗装のままです。
それにしてもスノープロウが無いのでATS車上子が目立ちますね。

晴れれば良かったのですがこの日は曇り空だったこともありかなり徐々に露出が無くなってきます。早く入換が始まらないかなと待ちます。それにしてもホームに14系が停車している姿を見ると私鉄の駅とは思えないです。

C11の入換が始まったのは17時50分でした。

C11-207入換

2017.5.27 17:52撮影 入換 鬼怒川温泉駅

下り本線まで引き上げて誘導信号で下り本線へ転線していきます。

すると背後にパトカーがやって来て陸橋に駐車していた車が注意されていました。栃木県警は見物駐車も取り締まっているようです。

発車前に煙が結構あがっていたので発車の煙が期待出来るかなと思ったのですが、残念ながら発車に必要な蒸気は作り終えていたようで、無煙発車です。

C11-207鬼怒川温泉~鬼怒立岩(信)

2017.5.27 18:09撮影 試?レ 鬼怒川温泉~鬼怒立岩(信)


先行する下今市行の6050系が出発することにはISO1000で1/400、F2.8でしたがさらに露出が無くなりSLが発車する頃にはISO1250まで上げたのでザラつき感が出てしまいました。

走り去るC11をアップで

C11アップ

2017.5.27 18:09撮影 試?レ 鬼怒川温泉~鬼怒立岩(信)

それにしても上りの最終SLのが18時過ぎとなると冬場は完全な夜汽車になりますね。

さてこれにて今日の撮影は終了です。
185系を撮影したら引き上げるつもりが夕方まで残留することになりましたが、C11が撮れたので良かったです。試運転もこれから8月の営業運転に向けて本格的になるようです。(朝と夕方のスジで試運転し昼間のスジは運休になるパターンの様です)
それに今日は、撮影者も少なかったので良かったですが、これから撮影者も増えてくるでしょうね。

トラブル無く営業運転を迎えることが出来れば良いのですが・・・

鉄道コム