(7/2)姨捨で撮影した列車たち

今日は、マニ50の甲種を待っている間にやって来た列車を紹介します。

甲種はEH200とマニ50の2両編成ですが、編成長がE127系2両より少し長いかなと思っていると丁度EH200-5が牽引する2084レがやって来ました。

EH200-5

2019.7.2 12:44撮影 2084レ 桑ノ原信号場~姨捨間

この場所は背景に善光寺平野が望めますが編成は20m車3.5両くらいしか入らない場所です。
これでEH200の長さが掴めました。

続いて甲種の露払いになるE127系の普通列車が到着です。

E127系

2019.7.2 12:57撮影 2238M 桑ノ原信号場~姨捨間

どうせなら115系が走っている頃に来たかったですね。

続いて甲種がやって来た訳で、撮影後は後続の松本行が来るまで近くの猫カフェでランチの予定でしたが、店主怪我のためのお休みの張り紙。

仕方なく姨捨公園で撮影することにしました。

E127系後追い

2019.7.2 14:10撮影 2243M 桑ノ原信号場~姨捨間(後追い)

甲種がEF64だったら満足してこの電車に乗って長野に戻ってバスで帰ったのですが・・・

桑ノ原信号場で交換した「しなの」がやって来ます。

しなの16号

2019.7.2 14:21撮影 16M 桑ノ原信号場~姨捨間

この場所だと8両編成だといい感じで構図に収まったのですが、6両だとちょっと短いですかね。
ココで2084レを撮影すればよかったかな。

この後松本行が来るので駅に戻りホームからやって来たE127を撮影します。

E127系 ホームから

2019.7.2 14:33撮影 2240M 桑ノ原信号場~姨捨間

通信ケーブルが無ければ最高なのですけど・・・でも駅のホームから撮影したとは思えない風景ですよね。

スイッチバックで入線した松本行に乗車して藪原に向かいました。
また姨捨で撮影してみたいものです。




鉄道コム

(7/2)東急へ移籍のゆうマニ50甲種輸送

今日はJR東日本から東急に移籍する元ゆう連結用のマニ50の甲種輸送があるとの情報を以前から頂いていたので休暇申請して用意をしていたところ、ダイヤ情報のネット版に掲載されたダイヤが、当初の情報と篠ノ井から異なっていました。

当初、洗馬で8084レを撮影してから姨捨に向かう予定でしたが、急遽前日に予定変更して長野経由で姨捨に向かうことにしました。
往路はたまたま京王高速バスの長野行が1500円だったのでコレを利用して姨捨には12時前に到着しました。
曇ったり日が差したりと梅雨らしい天気ですが、雨にならないだけマシです

着いた頃はまだ場所も余裕でしたが、続々と撮影者が集まり3、40人にはなった頃、篠ノ井を発車したとの情報でダイヤ情報の時刻が正しいようです。

マニ50甲種姨捨俯瞰

2019.7.2 13:05撮影 9464レ 桑ノ原信号場~姨捨間

EH200-9に牽引されて日本三大車窓の善光寺平野バックに颯爽と駆け上がってきました。マニ50を1両じゃパワーありすぎ?じゃないかな

車で来た撮影者は一斉に次の撮影地に向かっていくなか、駅に戻ります。
マニ50は姨捨で下り列車退避の為、25分程停車するのでホームからマニ50を撮影します。

ゆうマニ 姨捨駅

2019.7.2 13:12撮影 9464レ 姨捨駅

添乗係員がいるので窓が空いてます。

貨物の停車位置だったのでEH200はホーム先だったので駅脇の道路から撮影します。

EH200-9

2019.7.2 13:15撮影 9464レ 姨捨駅

今回の甲種はEF64が牽引するかなと期待して休んだのですが、残念ながらEH200でした。まあEH200がマニ50を牽引するのは最初で最後かも知れませんから贅沢は言えません。

この後、冠着方のSカーブで撮ろうと移動します。下りのしなのが通過した後、EH200がやって来ました。

EH200-9  9464レ 姨捨~冠着間

2019.7.2 13:36撮影 9464レ 姨捨~冠着間

アウトカーブから狙ったのですが、もう1両位編成があればしまった絵になったかも知れませんね。

振り向いて、去りゆくマニ50を

マニ50後追い

2019.7.2 13:36撮影 9464レ 姨捨~冠着間(後追い)

来年の北海道で使用する為に東急に譲渡されたマニ50ですが、どれだけ活躍できるのか?
もしかすると来年だけになるのかな?

ダイヤが変わったことで、列車での追いかけは出来なくなったので、この後は西線に転戦します。




鉄道コム