(12/18)国鉄色の1094レとキヤ回

今日は休暇を取得していたので日鐵チキとキヤ回でもと思っていたら国鉄色になったEF64-1028が鹿島貨物に入ったので急遽予定変更して成田線へ遠征しました。

早めに家を出て神崎の道の駅で早めの昼食&買い物を済ましてから松木作踏切へ。
通過1時間前ですが、踏切先の轍に撮影者が集まっています。うーん田んぼの中まで人が入っているのでうーん、なんかなぁ~と道路から狙っている人の隣で狙うことにします。

その前に1093レがやって来ます。でも逆光なんですけどね・・・

EF65-2087 1093レ 滑河~下総神崎間

2017.12.18 12:33撮影 1093レ 滑河~下総神崎間

1093レはEF65-2087の牽引でした。1093レが通過した後、南から厚い雲がやって来て太陽を隠してしまいました。うーん、PF時代に松木作で国鉄色が来る時っていつも曇だったよなぁ~と。
成田にアプローチする機体が見え、午前中は34だったのが16になった様です。

幸運な事に13時を過ぎた頃に雲が流れていき太陽が顔を出て露払いの448Mが通過する頃には太陽の周りには雲一つ無い快晴になりました。踏切が鳴動して遠くから1094レが接近してきます。

EF64-1028 1094レ 下総神崎~滑河間

2017.12.18 13:24撮影 1094レ 下総神崎~滑河間

鹿島貨物にEF64が入ってから全検出場した国鉄色は今まで無かったのでこんな綺麗な国鉄色を撮れるとは・・・

今日は2台体制でしたのでまずは望遠で狙って続いて広角のサブで

EF64-1028 1094レ 下総神崎~滑河間

2017.12.18 13:23撮影 1094レ 下総神崎~滑河間

サブは35mmで架線柱を挟んでの構図となりました。

撮影後は急いで撤収して1094レを追い掛けます。
次はモノサクでと考えてましたがこの時期、亀崎はサイドに日が当たらないので駅寄りの道路から狙うポイントへ向かいました。
ただ、モノサクは来年のダイヤ改正でただの快速になるエアポート快速が、釣れたクロムツを横取りするサメの様に撮影者を喰いに来ます(ってこの例えが判る人っているか?)

さて今日はどうか?と通過10分前に到着して用意していると先行のNEXが通過して行き次は1094レですが、EF64がカーブの先に見えて来ました。しかしエアポート快速がやって来てThe End。

モノサク被り

2017.12.18 14:14撮影 1094レ 佐倉~物井間

ココはどちらも定時で通過すると亀崎で、どっちかが遅れたりすると位置がズレるんですよね。
まあこればかりは運ですから仕方ないです。

さて追いかければ東京街道には間に合うのですが、今日はキヤ回があるので内房線へ向かいます。流石に一般道では間に合わないので松が丘から市原まで高速を使い、五井~姉ヶ崎間へ。
光線が正面から当たる感じで微妙ですが、あまり時間も無いので日が回って来ることを期待しますが・・・

DE10-1697 キヤ回

2017.12.18 15:40撮影 回9199レ 五井~姉ヶ崎間

うーん、やっぱりサイドが弱いです。まあ時期的に仕方ないですかね。

これにて終了という事でゆっくり一般道&京葉道路経由で地元の帰ってきて新小岩に立ち寄るとEF65-1105が入換をしてロンチキ工臨の組成作業中でした。

EF65-1105 工9865レ 新小岩(信)

2017.12.18 18:15撮影 工9865レ 新小岩(信)

今日は熱海工臨との事で発車までまだ時間もあるので今日は発車を待たずに撤収しました。

今日はなかなか良い休日?でした。

鉄道コム

(1/17)D51-498「SL館山」試運転その3

折角、館山まで行ったので運転区に入区し運転整備の様子を見てから帰ろうと寄り道してみると電留線に整備用の仮設ピットが出来ていました。
その手前で待っていると駅から引き上げて来るのは16:20との情報でしばし待つと駅を出発する際の白煙が上がりました。

でも電留線に入って来たところを撮影です。

D51-498

2017.1.17 16:23撮影 入換 館山電留線

209系と並んで房総らしさを出してみました。

12系を切り離して整備ピットに移動して整備が始まりました。

D51運転整備

2017.1.17 16:28撮影 館山電留線

ピット線に入ると周りが慌ただしくなり線路脇のフェンスを作業員が取り外しに掛かりました。
クレーン車も到着して石炭の補給作業を始めるようなので、本線側に回り込んでみました。
D51-498

2017.1.17 16:35撮影 館山電留線

沈みゆく太陽の光線が第一動輪を照らしています。
もう少し正面から狙いたかったのですが、障害物が多かったので・・・

クレーン車がアームを伸ばして石炭の積み込み作業が始まりました。

石炭積み込み作業

2017.1.17 16:43撮影 館山電留線

この袋にどれくらいの石炭が入っているのでしょうかね?
この日は2袋積み込みしました。

日没の時間を過ぎると徐々に周りも暗くなり撮影者も居なくなってきました。三脚も持って来てバルブ撮影してみます。

D51バルブ

2017.1.17 17:21撮影 館山電留線

SLをバルブ撮影する機会はなかなかありませんからね。

露光時間を変えてみたりと色々試しながらのバルブ撮影は楽しいものです。発車時間を気にせず撮影できるのも良いです。

さてそろそろ撤収する前に手前から撮影してみようと三脚のエレベーターをを上げて背伸び撮影してみました。

D51正面

2017.1.17 17:35撮影 館山電留線

さて片付けようと車に向かうと、いきなり安全弁から蒸気の放出が始まりました。

ボイラーの蒸気が貯まりすぎたのでしょうか。いつぞやの空焚きにならないようにお願いしますよ。

さて、明日から本番運転が始まりますが、用事などで撮影に行けないのが残念です。

鉄道コム

(1/17)D51-498「SL館山」試運転その2

鴨川で撮影した後追いかけますが、海岸の駐車場に停めていたので出遅れてしまいした。海岸沿いの128号線は混雑するのが目に見えてますので、ココは遠回りですが車の少ない県道181~県道34号~国道410号を使い九重~館山間で目を付けていた場所へ。
なんとか九重通過10分前に到着しましたが、予想以上に背後の林から伸びる影が線路に落ちていました。

移動する時間も無いのでそこで撮影することにしますが、市街地近くとあってギャラリーが結構集まっていましたが鉄ちゃんは自分だけと穴場でした。

9124レ 九重~館山間 望遠

2017.1.17 15:38撮影 試9124レ 九重~館山間

まずは望遠ですが、カーブでDE10が隠れてしまいました。まあ逆に見えない方が良いのかな?
サブ機の広角にスイッチします。
D51-498 九重~館山間 広角

2017.1.17 15:38撮影 試9124レ 九重~館山間

もう少し引き構図で撮りたかったのですが、そうなると完全に顔が影に入ってしまうので日が当たるギリギリの場所で撮影です。なんとか後ろにDE10が付いているが判ります。

まあ、追い掛けはダメ元でしたから撮影出来ただけでもヨシとしましょう。
この分だと週末の本番では追い掛けは難しいでしょうね。

鉄道コム

C61-20「SL内房100周年記念号」

三日間の本番運転ですが、金曜日は仕事、土曜日は用事があり、撮影出来るのは本日の最終日だけ。午前中は、大原でヒラメ釣りをして、帰りがけに袖ヶ浦で撮影する事にして出掛けてきました。
午前中は散々な釣果で失意のまま、袖ヶ浦へ。
今日やってきたDE10は1752号機でした。試運転の時は1704号機だったのですが、本番は交代したのですかね。

DE10-1752

2012.2.12 14:41撮影
ギャラリーの構図乱入など、まあいつもの騒ぎがあったりしましたが、SLがやってくる時間になりました。
かなり警笛を鳴らながらやってきたので、結構、線路に近寄っているギャラリーが多いのか?
駅通過あたりでは完全燃焼状態でしたが、駅先の踏切あたりから排煙し始めたのですが、案の定、煙が流されて来て、客車を見えなくしちゃいました。

SL内房100周年

2012.2.12 15:20撮影
試運転初日が白煙だけだったので、黒煙モクモクで通過してくれたので良かったです。
C57春さきどり号の最終日には、機関助士が「また会おうね」と書いた紙を見せてくれました。今年もあるのかな?と機関車アップを撮影すると、何やら持ってます。
煙が邪魔でよく見えなかったのですが、拡大してみると

ありがとう

「ありがとう」の文字
次回、千葉にSLがやってくることはあるのかな?


鉄道コム

C61-20「SL内房100周年記念号」試運転 最終日 木更津運転区

今日から本運転が始まった、「SL内房100周年記念号」ですが、紹介する写真は、試運転最終日の写真です。
駅構内の入換作業を見届けた後、東口から木更津運転区の方に歩きました。
矢那川を渡り、対岸の土手からちょうど整備線が見渡せます。
戻って来たC61は、この整備線で給炭作業を行います。
クレーンで釣り上げた麻袋には石炭が入っていて、スコップで石炭を炭水車に積み上げていきます。

2012_02_08_0109.jpg

整備作業を見ていたら、客車を留置線へ入換たDE10がやってきて、ターンテーブルに乗って停車しました。すると係員が集まって、「そーれ」でターンテーブルを回して進路を変えてました。
ココのターンテーブルは手動なんですね。

2012_02_08_0133.jpg

日も影ってきたので、撤収しようと思い片付け始めたら、C61がピットの方へ推進で移動を始めました。

2012_02_08_0146.jpg

ターンテーブル上は、アリがあるくような超スロースピードで通過していきました。

2012_02_08_0154.jpg

日が陰ると急激に寒なって来たので、推進していく姿を撮影して駅に戻り、帰路につきました。


鉄道コム

C61-20「SL内房100周年記念号」試運転 最終日 木更津構内入換

昨日の試運転最終日、袖ヶ浦で撮影した後、後続電車で木更津駅まで行き、構内入換シーンを撮影してきました。
列車は木更津駅の2番線に停車していて、客車からは既にC61が切り離されていました。

2012_02_08_0055.jpg

上り列車が入線した後、16時頃から入換が始まりました。

ドレン

ドレンを盛大に吐き出しながら、君津方へ引き上げます。
ルート構成が変わり、推進で構内へ戻ってきます。

2012_02_08_0077.jpg

構内に戻ってきたら、サービス?でドレン吐き出ししながら、今度は千葉方へ
下りホームの先端付近まで引き上げるので、駅舎の影にならない所まで来てくれます。

2012_02_08_0090.jpg

今度は運転区に向かうのですが、これまた大サービス?ドレンを盛大に吐き出して前進していくC61
ゆったりとした速度で、ターンテーブルを通過して整備線に向かいました。


鉄道コム

C61-20「SL内房100周年記念号」試運転 最終日

いよいよ今週末に本運転を迎える「SL内房100周年記念号」ですが、今日が試運転最終日。本日は、蘇我駅発車を狙おうと思ったのですが、1時間前ではベストポジションは埋まっていたので、浜野寄りの3線区間に向かいました。
架線柱周辺に人垣が出来ていて、こちらも良いポジションは三脚や脚立が立っていて、なんとか隙間に入れて頂きました。
時折日が差すのですが、厚い雲がやってきて、SLがやってくる頃には影ってしまいました。それにココは、SLにが遅れると上りと被ると聞いたので、ハラハラものでした。

蘇我~浜野

2012.2.8 13:22撮影
手持ち撮影だったのですが、構図が構える都度変わってしまうのが難点ですね。
今日は電車移動だったので、蘇我駅に戻り姉ヶ崎停車時間を利用して先回りです。
袖ヶ浦駅からまずは浮戸川の土手を目指します。既に多くの鉄が集結していましたが、前回よりサイド寄りの場所が空いていました。でもなんかバックがゴチャゴチャしている感じがするので、小櫃川土手を見るとまだ空いて、前回は邪魔になっていた枯れススキの減っている感じだったので、移動してみました。
C57春さきどり号の試運転時と同じポジションに構えることが出来きました。
一時は厚い雲に日差しが遮られましたが、SLがやってくる時にはいい光線状態になってくれたのはうれしかったです。
小櫃川土手2012.2.8 15:20撮影
前回浮戸川の時は白煙でしたが、今日は排煙&蒸気混じりのねずみ色で通過してくれたのは良かったです。


鉄道コム

C61-20「SL内房100周年記念号」試運転 動画編

今回の試運転を動画撮影したのを編集しました。
やっぱりSLの音はいいですねぇ~

袖ヶ浦では、土手の一つ手前の踏切辺りまでは、ねずみ色のいい煙だったんですけどねぇ~
それとシャッター音の嵐を何とかしたいところですが、外部マイクを別なところに置いておけば良いのですがそこまでは機材にお金が回りません。


鉄道コム

C61-20「SL内房100周年記念号」試運転 DL編

木更津から千葉みなと間は、DE10が先頭に立ち、C61はぶら下がる格好で回送されます。今回は旧客7両とJR東日本の全ての旧型客車が連結されるとあって、回送も撮影してきました。
まずは、巌根~袖ヶ浦間です。下りを撮影した浮戸川土手の対岸側からの撮影です。朝到着した時にはバックに薄っすら富士山が見えたのですが、列車がやってくる頃には見えなくなってしまいました。

2012_02_03_0006.jpg

撮影後、袖ヶ浦駅に立ち寄り用事を済ました後、16号を五井方面に走らせ、姉ヶ崎駅の停車時間を利用して先回りして、姉ヶ崎~五井間で撮影しました。

2012_02_03_0022.jpg

考えてみれば、DE10と旧型客車と言う組み合わせ初めて撮影しました。
五井で下りSLを撮影して、再び袖ヶ浦に戻って来て準備していると、14:40にDE10が戻ってきました。蘇我で切り離されて、単機で木更津へ向かうところです。

2012_02_03_0063.jpg

運転士さんが手を振りながらサービス?をしながらの運転です。でもDE10だと運転台が横向きなので手を振りづらいんじゃない?


鉄道コム

C61-20「SL内房100周年記念号」試運転

今日から「SL内房100周年記念号」の試運転が始まりました。試運転日は前回のC57「春さきどり」同様に時刻表に掲載されたとの同然状態でした。
上りの送り込みから撮影をして、下りは五井~姉ヶ崎間の養老川土手で撮影しました。
11時40分頃に現着しましたが、多くの撮影者が集まっていました。

2012_02_03_0048.jpg

2012/2/3 13:36撮影(35mm)
煙が出るかな風に煽られないかな?と待つこと2時間、やってきたC61は良い感じの黒煙を吐きながら土手の築堤を登ってきました。少し西風が吹いていたので、煙が流され客車が影になりましたが、バックのマンションが隠れてくれたのはラッキーでした。
姉ヶ崎の長時間停車を利用して、袖ヶ浦に先回りしました。
朝。上りの撮影に来た際に、浮戸川の土手に場所を確保しておいたのですが、14時20分頃に現着した際にはこちらもかなりの人出になっていました。構図内の田んぼに入って来た撮影者が居たりして罵声にはなりませんが、本番運転の時はどうなることやら・・・

白煙

2012/2/3 15:16撮影(40mm)
SLはほぼ定時でやってきました。袖ヶ浦駅通過する手間あたりで黒煙が登っているのが見えたので期待していたのですが、残念ながら白い排煙蒸気だけでした。
まあこれはこれで冬らしいのですけどね。
C57の春さきどり号の時に比べて試運転の撮影者は倍位いたのではないでしょうか?明日は土曜日なのでかなりの人出になることでしょう。
最後に、市営球場近くの「ラーメン寿」でチャーシュー麺を食べて帰ってきました。


鉄道コム