(3/6)ED75-758郡山工臨その2

松川から先行するE720系の普通に乗車して、工臨より先回りをします。
何箇所か候補の中から選んだのは五百川駅近くの陸橋上です。
五百川駅で下車して歩いて向かうと駅近くの踏切辺りに鉄が数名、架線柱に寄り添っていたので、どんな様子だろうと見ると丁度この辺りは線間が広くてタイガーロープが無い場所でした。さらに良い感じひねりもあるのでココで撮ることにします。

運よくEH500-35のカモレが来たので長さ確認をして工臨を待ちます。

EH500-35 3058レ 本宮~五百川間

2017.3.6 16:01撮影 3058レ 本宮~五百川間


それにしても踏切脇に居たので通りすがりの車から「何か来るんですか?」と何回聞かれたことか(笑)
まあ、貨物列車としか言いようが無いですね・・・
さて工臨は貨物の後やってくるので待っていると駅の上り列車接近放送が入ります。踏切も鳴動するので方向矢印を確認するとED75がやって来ました。
ED75-758工9582レ 本宮~五百川間

2017.3.6 16:13撮影 工9582レ 本宮~五百川間


これで太陽が出ていれば順光になった筈ですが、今日は太陽の輪郭が時たま見える程度の曇り空なのが残念。まあこればかり仕方ないですね。

これにて工臨撮影は終了で五百川駅から後続の新白河行に乗車しての帰り道、郡山駅でED75に再会しました。
チキ牽引を終えて仙台に単機回送される様です。

単?レ 郡山駅

2017.3.6 16:50撮影 単?レ 郡山駅

新白河行は郡山で停車時間があったので撮影しておきます。
ちょっとしたお土産みたいなものでしょうかね(笑)

この後は東北本線を新白河、黒磯、宇都宮で乗り継ぎ南下して帰京しました。

(3/6)ED75-758郡山工臨その1

日曜の夜、月曜日に前から一度は撮影してみたいと思っていたED75の工臨があるとの情報を得た後、そう言えば3月中に取得しないとならない休暇が有るンだよな~と良からぬ?考えが出て、出社後午後半休を申請して遠征することになりました。

上野から昼過ぎの新幹線に飛び乗り、郡山で在来線に乗り換えて松川駅で下車します。駅から歩いて以前に「ELSLふくしま復興号」を撮影したポイントに向かうと、通過30分前に到着することが出来ました。

ココは晴れるとサイドが陰ってしまうポイントですが、今日は曇り空だった事もありこちらをチョイスしました。

準備をしているとEH500-38のカモレがやって来たので長さ確認をします。

EH500-38 5090レ 金谷川~松川間

2017.3.6 14:48撮影 5090レ 金谷川~松川間


タキの石油専貨でEH500だとコンテナばかりを見ていたので、なんか新鮮に見えます。

この後、松川駅の中線場内が注意信号を現示し、ゆっくりとお目当てのED75-758が牽引する工臨がやって来ました。

工レ 金谷川~松川間

2017.3.6 14:58撮影 工9582レ 金谷川~松川間


チキ6両とちょっと短めですが、レールは2段積みで満載です。

駅に戻ると中線に工臨が停車中です。先行する上り普通列車が来るまで撮影します。

 工9582レ 松川駅

2017.3.6 15:13撮影 工9582レ 松川駅


現存するED75は全て700番台なのがちょっと残念ですが、貴重な釜の一つです。撮影していたら上り本線を通過するカモレの牽引機がEH500-1でした。ちょっと撮影したかったですね。

岩切のチキは初めて見ましたが、2両つづでユニットを組んでユニットごとに列車標識の円盤を付けているンですね~

郡山工臨 郡山工臨

2017.3.6 15:15撮影 工9582レ 松川駅

越中島のチキとは雰囲気が違うので面白いです。

さて、上り列車が来たので先行します。

鉄道コム

【北海道遠征③】まもなく飛び去る485系「白鳥」を撮影

「はまなす」で青森に到着した後、一風呂浴びて駅前の長尾で青森名物の朝ラーを堪能した後、8:06発の津軽線普通列車の乗車して蟹田へ。
蟹田から木古内まで485系「白鳥号」に乗車します。

今回使用したキップは「北海道フリーきっぷ」で中小国が境界線となっており青森から中小国までの乗車券があれば利用できます。ただ蟹田から木古内まで特急利用の場合、乗車券だけで利用できる特例がありますが、「北海道フリーきっぷ」の場合特例は適用されず特急券が必要になります。

その特急券もマルスでは発券できず、料金補充券で発行することになり、最近では貴重なキップを入手することが出来ました。

青函トンネル内の140km運転を堪能し木古内で下車します。この折り返しになる白鳥号を撮影する為、駅前のバス停から渡島当別~釜谷間の撮影地に向かうのですが、木古内駅にはコインロッカーが無く全ての荷物を持ち運ぶ羽目に。

10:26発の函館バスで西三ツ石で下車。バス停から坂道を上ったところの踏切へ向かい直ぐにやってくる筈の貨物3080列車を撮影しようと待ちますが時間を過ぎてもやってきません。

おかしいなぁと思っていると踏切が鳴動し遠くからスーパー白鳥がやってきました。

スーパー白鳥20号

2016.2.19 11:08撮影 4020M 渡島当別~釜谷間

どうやら貨物の先行となるスーパー白鳥が遅れていたようです。
函館で接続する北斗の待ち合わせだったのでしょうか?

続行でカモレが来るかと思いきや反対側からスーパー白鳥95号がやって来ました。踏切周辺ではあまり場所が良くないので後追いで海岸線を走るカットを

スーパー白鳥95号

2016.2.19 11:15撮影 4020M 渡島当別~釜谷間(後追い)

やはり貨物はダイヤ乱れの影響なのかやって来ません。

続いて木古内行の122Dがやって来ました。

2016.2.19 11:20撮影 122D 渡島当別~釜谷間

2016.2.19 11:20撮影 122D 渡島当別~釜谷間


単行なので縦位置で撮影してました。
江差線は新幹線が開業すると平行在来線と言うことで第三セクターに移管することになりますからキハ40の姿も貴重になるかも知れませんね。

続いて、定刻より少し遅れた485系「白鳥22号」がやってきました。

485系「白鳥」

2016.2.19 11:43撮影 4022M 渡島当別~釜谷間

ちょっとアップ過ぎましたね
もう北海道に485系が走る事は無くなりますから記録しておきたかったのです。
無事に撮影出来て良かった良かった。

この後木古内に戻るバスが12:08なので12時までまって3080レが来なかったらバス停に向かおうと待ちましたが踏切は鳴動せず、バス停に向かうことに。

バス停で松前行のバスを待っていると踏切が鳴動し、遅れていたカモレがやって来ました。

EH500

2016.2.19 12:05撮影 3080レ 渡島当別~釜谷間

国道からの撮影なのでイマイチ感がありますが、編成が全部入ったのは良かったかな。

どうせならちゃんと撮りたかったですね~。

さてバスに乗って木古内へ戻ります。
(つづく)

(8/22)銀釜EF81-303を撮影~3~

銀ガマは大牟田を12:08に出る1152レを牽引します。既に1152レも今朝と同じコキ200の3両との情報で長い編成を期待していただけに少し残念です。
やってきたのは渡瀬~南瀬高間です。

逆光気味になるけど田んぼ風景が入る上り線側か、サイド順光になる下り線側と悩んだ末、下り線側に。ココは農家の敷地となるので、作業されていたのかの方に許可を貰い被りつくことに。

813系 2015.8.22 11:59撮影 328M 南高瀬~渡瀬間

2015.8.22 11:59撮影 328M 南高瀬~渡瀬間


普通列車で構図確認です。
コキ3両なので列車主体で撮るしかありません。

さてココで頭をよぎるには前日のかぶり祭りです。時刻表を確認すると下り快速列車が微妙な時間であるのを発見。しかし既に銀ガマは大牟田を発射しているので移動が危険と運に任します。
下り線の接近で踏切が鳴動しますが遠くに銀ガマの姿が・・・万事休すか?

EF81-303 2015.8.22 12:19撮影 1152レ 南高瀬~渡瀬間

2015.8.22 12:19撮影 1152レ 南高瀬~渡瀬間


いやーなんとか被り回避出来ました。

今朝といい今日は運がいいなぁと思いながら撤収して車に戻ると下り線をED76が通過していきます。しまった下り1063レの存在を忘れていました。

この後、追掛ければ遠賀川~海老津間で撮影出来るので高速を使い若宮ICで降り、県道87号を走っていくとカーブの影から警察官が飛び出し福岡県警交通機動隊の車載レーダーに御用となりました。
あーあ、今回の撮影行はケチがつくなぁ。
面倒だし銀ガマも迫ったいるので、とっととサインして遠賀川~海老津間の千代丸踏切へ

踏切脇の被りつきポイントは既に3名程居たので田んぼ脇の農道から狙うことに。

EF81-303 2015.8.22 14:42撮影 1152レ 遠賀川~海老津間

2015.8.22 14:42撮影 1152レ 遠賀川~海老津間

通過直前に背景の工場を交わそうと移動したのですが、その際ピントを直す暇なく銀ガマが来てしまいこっと甘ピンになってしまいました。
まあ順当に運用に入れば明日、小倉周辺でもう1回撮影できる筈なので、次回に賭けよう・・・

この後、EF81牽引の下り2075レがやってくるので特急列車を撮影しながら待ちます。

2015.8.22 15:24 3036M 遠賀川~海老津間

2015.8.22 15:24 3036M 遠賀川~海老津間


しかし、掲示板を確認すると2075レにはEH500が代走しているとの情報があり、順当ならローピン釜だったのですが・・・
EH500-70 2015.8.22 15:29撮影 2075レ 遠賀川~海老津間

2015.8.22 15:29撮影 2075レ 遠賀川~海老津間


あーやっぱり金太郎だ。
せめて青釜で来て欲しかった。

そろそろ萩に向かわないと日があるうちに到着できないので安全運転で東へ向かいます。

 鉄道コム

(7/4)津軽線を走るEH500とEH800

今年の3月までED79の貨物列車がありましたが、ダイヤ改正で運用離脱し今は新鋭のEH800が運用されています。

「はまなす」の通過後にやって来る3098レはEH800-8が牽引してやってきました。

2015.7.4 5:58撮影 3098レ 津軽宮田~油川間

2015.7.4 5:58撮影 3098レ 津軽宮田~油川間

「はまなす」通過時は太陽が雲に隠れてどんより雲でしたがEH800がやってくる時は晴れました・・・

続いてEH500-24牽引の7066レが通過します

2015.7.4 6:08撮影 7066レ 津軽宮田~油川間

2015.7.4 6:08撮影 7066レ 津軽宮田~油川間

田んぼの反対側には海峡狙いの鉄が集結しており、隠すため後方が切りました。

「ゆったり館」で一浴びして戻るとEH800-6牽引の3096レが来るので踏切から正面狙いで

2015.7.4 8:55撮影 3096レ 津軽宮田~油川間

2015.7.4 8:55撮影 3096レ 津軽宮田~油川間

EH800の新造が続いています。続行で白鳥とカモレが来るので場所を移動します。

2015.7.4 9:24撮影 3058レ 津軽宮田~油川間

2015.7.4 9:24撮影 3058レ 津軽宮田~油川間

少々遅れてEH500-31がやってきました。
開業まで1年切った北海道新幹線ですが、開業後すると津軽線からEH500は姿を消すことになります。


 鉄道コム

(7/4)2年越しの油川で「はまなす」を撮る

この週末鉄仲間の会合が三陸鉄道であったので前菜と言うことで津軽線で「はまなす」を撮ることに。
前夜に青森入りして青森健康ランドで仮眠して4時に予約したタクシーで西田沢へ向かおうとすると、タクシーの運ちゃんが「今朝は既に載せていったんだけど結構来てたよ」と言います。

ある程度想定してましたが・・・
10分程で到着すると神社脇にもかなりの人でその先の定番もかなりいます。

編成長を考えて先着者の後ろから踏み台で抜くことに。

2015.7.4 4:44撮影 津軽宮田~油川間

2015.7.4 4:44撮影 津軽宮田~油川間

下り貨物で編成長を確認します。
今日の「はまなす」は増結で11両です。
うーんギリギリだな。
太陽が少し顔を出しましたが雲が結構あるので、隠れてしまいました。露出を調整しながら先行する上り貨物で最後の確認です。
2015.7.4 5:22撮影 3054レ 津軽宮田~油川間

2015.7.4 5:22撮影 3054レ 津軽宮田~油川間


太陽が顔を出さないのが残念です。
それにしても今日はかなりの人数です。まあイベントもありますからね。この界隈に多分100人近くは集まったんじゃいないかな?

そんな中、5:30に踏み切りが鳴動してED79-7が14系「はまなす」を牽引してきました。

2015.7.4 5:30撮影 202レ 津軽宮田~油川間

2015.7.4 5:30撮影 202レ 津軽宮田~油川間

今日は長編成なので一昔前の東北夜行急行を彷彿します。

最後尾は増結のハネ、増21号車です。

2015.7.4 5:30撮影 202レ 津軽宮田~油川間(後追い)

2015.7.4 5:30撮影 202レ 津軽宮田~油川間(後追い)


神社脇にも3-40人位居ます。
まずは早朝のミッションクリアです。なんせ2年前来た時は脱線事故で「はまなす」が八雲打ち切りでしたからね~


 鉄道コム