(7/27)「急行津軽」撮影の旅(その2)

東能代駅に戻り10:59発の五能線2531Dに乗車します。

鰺ヶ沢駅停車中

2019.7.27 13:48撮影 2533D 鰺ヶ沢駅


キハ48の2両編成で五能線からの眺めを堪能して五能線を乗り潰します。天気がイマイチなので海の色が若干くすんで見えるのが残念です。
終点の川部に15:09に到着すると1時間半後に上りの急行津軽82号が来ます。

線路沿いの農道を北常盤方へ10分程歩くと撮影者が10人程集まっている場所で撮影することにします。
直ぐにキハ48の2連が来ました。

キハ48

2019.7.27 15:30撮影 662D 北常盤~川部間

701系だらけの奥羽本線ではボックス席のあるキハ運用は貴重です。

その後来た、下りの701系は5連だったので構図を決めるのに役立ちました。

701系5連 661M 北常盤~川部間(後追い)

2019.7.27 15:39撮影 661M 北常盤~川部間(後追い)


その後、駅の方からJR社員がやってます。
どうも、乗務員から線路脇の農道に止めていた撮影者の車が危険との連絡があった感じです。結果的には敷地内に入っては無かったのですが、あまり感心出来ない置き方でしたからね。

最近、列車移動の場合は重い三脚は持参せず、手持ち&プラの折畳み踏み台のスタイルがマイブーム?になっています。
手持ちだと構図がどうのとか言う人もいますが、若干広めの構図にしておいて補正すれば良いのですから三脚に頼る必要が無い訳で

特急つがる6号

2019.7.27 16:26撮影 2046M 北常盤~川部間


特急通過の後、一時的に晴れ間ものぞいたのですが、すぐに雲に遮られしまいました。さてそろそろ津軽がやって来ます。

ED75-767 急行津軽82号

2019.7.27 16:44撮影 9602レ 北常盤~川部間


背景の明るさと手前の明るさの明暗差が出ているので露出調整を慎重に行ったのですがアンダー気味ですね。
撮影後、駅に戻って新青森に移動します。
明日の津軽83号を撮影する為にレンタカーを借り、青森市内のホテルにチェックインし早めに就寝します。




鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です