(7/28)「急行津軽」撮影の旅(その3)

朝4時にセットしたアラームで目を覚まし、3日連続の4時台起床で眠い中、準備をしてホテルをチェックアウトします。
予報通り弘前方は雲が厚くて岩木山バックは無理そう、青森は雲の隙間が多いのでこれなら青森側で撮影するのが良いだろうと津軽新城の撮影地に向かいます。

5時前に「あけぼの」撮影で賑わった県道オーバークロスに到着。順光になるインカーブ側には線路脇に撮影者が居ます。アウト側は木が成長しており撮影は厳しい状況なので、インカーブの先着者の脇に入ることにします。
結構、雑草が生い茂っておりサイドから狙うと草で下回りが隠れてしまいそうなので、線路寄りから広角で狙うことにします。

5:30頃には太陽が雲の隙間から出てきました。このまま曇るなよ!と祈っていると、津軽新城の場内信号が警戒表示となり踏切の鳴動音が聞こえてきました。

ED75-767津軽

2019.7.28 5:45撮影 9603レ 鶴ケ坂~津軽新城間


牽引機は昨日から変わらずのED75-767ですが、光線状態はバッチリ。朝日を浴びて青森へラストスパートする夜行急行「津軽」です。
編成後方が草木に隠れてしまうのが少し残念ですが、やはり太陽の光があると感じが違います。

さてこの後は五能線へ移動します。
朝の下り鰺ヶ沢始発がタラコ色4連なのです。津軽新城から板柳まで30分程掛かり6:20頃に到着すると同じ事考えている撮影者は結構多かったです。
ここは真横から岩木山バックが狙える場所なのですが、どんより曇り空で岩木山は山頂が隠れてます。
なので編成主体で行こうと農道脇に車を止めて線路に向かうとパトカーがやって来て「撮影者同士のトラブルの通報で来たけど連絡した人?」と聞かれます。
違いますと言うと通報者を探して去っていきました。
その後、500m先の車が数台止まっているところだったようでパトカーが止まりどうやらそこが現場だったようです。

線路脇で準備をしていると、821Dのヘッドライトが見えてきました。青森は太陽が出てくれましたがこの辺りはどんより曇り空です。

キハ48首都圏色4連

2019.7.28 6:42撮影 821D 鶴泊~板柳間

まずは田んぼの築堤をやってくるキハ4連を撮影します。
これはこれで雰囲気が出ている写真になりました。

さらに近づいてくるキハを追いかけながらズームを変えつつ撮影を続けます。こういう手法が出来るのが手持ち撮影の良い所です。

2019.7.28 6:42撮影 821D 鶴泊~板柳間

2019.7.28 6:42撮影 821D 鶴泊~板柳間

オーソックスな編成写真を撮影してタラコ4連を見送ります。
急行津軽の運転日に合わせてタラコ4連を入れるとは秋田支社もやりますね。

さて、この後の825Dにも弘前方がタラコ色と五能色のペアが入るので移動しますが、先ほどのトラブル対応の応援パトカーが2台やって来ました。ホント何やっているんだか・・・

向かったの鰺ヶ沢~鳴沢間の「七里長浜 きくや商店」へ意外と距離があり到着したのは7:10でした。
既に7,8名が用意をしており構図で悩んでいると店主と共に「わさお」を出勤してきました。

825Dがやって来る時間なのでココだ言う場所で狙うと・・・あれ先頭が五能色だ。なんと825Dは3両でタラコが中央にサンドされていました。

2019.7.28 7:30撮影 825D 鰺ヶ沢~鳴沢間

2019.7.28 7:30撮影 825D 鰺ヶ沢~鳴沢間


うわーこれじゃタラコだか判らないや。だからほかの撮影者はサイドよりの位置に居たのか・・・
これは残念ですが、「わさお」に会えたからヨシとするかと、これで撮影終了宣言です。

天気が良ければこのまま五能線撮影をして夜の新幹線で帰ると言うオプションも用意はしていたのですが、天候も良くないのでこれで切り上げて帰ることにします。
新青森から盛岡までは新幹線利用になりますが、後は18きっぷで帰れますからね。




鉄道コム

(7/27)「急行津軽」撮影の旅(その2)

東能代駅に戻り10:59発の五能線2531Dに乗車します。

鰺ヶ沢駅停車中

2019.7.27 13:48撮影 2533D 鰺ヶ沢駅


キハ48の2両編成で五能線からの眺めを堪能して五能線を乗り潰します。天気がイマイチなので海の色が若干くすんで見えるのが残念です。
終点の川部に15:09に到着すると1時間半後に上りの急行津軽82号が来ます。

線路沿いの農道を北常盤方へ10分程歩くと撮影者が10人程集まっている場所で撮影することにします。
直ぐにキハ48の2連が来ました。

キハ48

2019.7.27 15:30撮影 662D 北常盤~川部間

701系だらけの奥羽本線ではボックス席のあるキハ運用は貴重です。

その後来た、下りの701系は5連だったので構図を決めるのに役立ちました。

701系5連 661M 北常盤~川部間(後追い)

2019.7.27 15:39撮影 661M 北常盤~川部間(後追い)


その後、駅の方からJR社員がやってます。
どうも、乗務員から線路脇の農道に止めていた撮影者の車が危険との連絡があった感じです。結果的には敷地内に入っては無かったのですが、あまり感心出来ない置き方でしたからね。

最近、列車移動の場合は重い三脚は持参せず、手持ち&プラの折畳み踏み台のスタイルがマイブーム?になっています。
手持ちだと構図がどうのとか言う人もいますが、若干広めの構図にしておいて補正すれば良いのですから三脚に頼る必要が無い訳で

特急つがる6号

2019.7.27 16:26撮影 2046M 北常盤~川部間


特急通過の後、一時的に晴れ間ものぞいたのですが、すぐに雲に遮られしまいました。さてそろそろ津軽がやって来ます。

ED75-767 急行津軽82号

2019.7.27 16:44撮影 9602レ 北常盤~川部間


背景の明るさと手前の明るさの明暗差が出ているので露出調整を慎重に行ったのですがアンダー気味ですね。
撮影後、駅に戻って新青森に移動します。
明日の津軽83号を撮影する為にレンタカーを借り、青森市内のホテルにチェックインし早めに就寝します。




鉄道コム

(4/18)ローピンEF81のED75配給と黒磯訓練②

EF81-97のED75配給が通過した後、40分後にEF81-81の黒磯訓練がやって来るので陸橋で待ちます。
線路よりの場所が空いていたので移動して撮影することにします。

今日の黒磯訓練はEF81-81なのでローピンEF81です。ED75配給もローピンでしたから2両のローピンが立て続けに撮影できるとはなんともラッキーな日です。
ED75配給が通過したときは陽射しがあったのですが黒磯訓練がやってくる頃には陽射しがかなり弱くなり、流石曇り釜だけのことはあります。

2019.4.19 16:11撮影 試9582レ 新白岡~白岡間

2019.4.18 16:11撮影 試9582レ 新白岡~白岡間

まずは望遠でカーブに差し掛かったところを200mmで狙いますが、注文建築の看板が目立ちますね。

そしてズームを広角にスイッチして

2019.4.19 16:11撮影 試9582レ 新白岡~白岡間

2019.4.18 16:11撮影 試9582レ 新白岡~白岡間

よく見るとタイガーロープが切れている場所がありますが、撮り鉄の仕業か?

2019.4.18 16:11撮影 試9582レ 新白岡~白岡間

今日の最後尾はカヤ27です。定期列車時代には検査都合で稀に連結されることがありましたが、最近は運転頻度が低くなったので連結されるのはかなりレアですからね。

それにしても蒲須坂でまたもや鉄道敷地内進入で防護発報があったようです。今回の黒磯訓練ではビデオカメラをドライブレコーダー代わりに使っていましたから、この映像を警察にだせば往来危険罪で捜査出来るんじゃないかな?

さて無事に撮影出来たので白岡駅に戻り久喜経由で新越谷に向かいます。
秋田から新習志野への209系配給があるのですが、以前に撮影したスジならギリギリで南越谷通過に間に合うのですが、移動中にまいあさんから頂いた情報から推測すると以前のスジより10分位早いとの事が判明して間に合わないことが確定してしまいました。

まあそれでももう一回EF81-97のED75配給が撮れるので気を取り直してピアシティ前で20分ほど待つと定刻にやって来ました。

2019.4.19 17:40撮影 配8759レ 南越谷~東川口間

2019.4.18 17:40撮影 配8759レ 南越谷~東川口間

太陽が線路の反対側にから差し込むのでサイドが少し暗くなってしまいましたが、これは仕方無いかな。

後追いも狙います

2019.4.18 17:40撮影 配8759レ 南越谷~東川口間(後追い)

2019.4.19 17:40撮影 配8759レ 南越谷~東川口間(後追い)

後追いをするならもう少し南越谷よりから撮れば良かったと後で悔やみました。

この後EF81-97は秋田に向かうのですが吹上駅でまた馬鹿な撮り鉄が騒動を起こしたようです。最近の荒れ方は尋常じゃないです。困ったものだ。

鉄道コム

(4/14)ED75牽引の「花めぐり号」その2

さて往路の上りまつしま52号もとい、花めぐり号を撮影した後、用事を中抜けして下り撮影へ。どうせ松川~金谷川の順光ポイントに集まって同じ様な写真ばかりがネットに上がるんだし、午後は曇るだろうから天の邪鬼な自分は、バックに桜が入る上り撮影ポイントの近くへ向かいます。
直前でしたので7.8名程がスタンバイしている脇で準備します。

予報では午後から曇るとの予報でしたが、雲はかなり薄く「晴れ」の部類です。まあサイド順光になるから良いかと待っていると先行の701系が通過していき、その20分後にED75がやって来ました。

7Dは風景主体の構図で狙います。

7D

2019.4.14 14:29撮影 9571レ 安達~松川間

東北本線らしい風景なので築堤を全体的に入れて後方の桜を映るようにしました。

正面は陰ってしまいますが、逆ナンバープレートが引き立ってこれはこれで良い感じです。
5Dは列車主体構図で

5D

2019.4.14 14:29撮影 9571レ 安達~松川間

思ったより正面が黒くならなで済んだので良かったです。

来年も運転されれば、また撮影したいですね。

鉄道コム

(4/14)ED75牽引の「花めぐり号」その1

毎年この時期に運転されるED75の花めぐり号ですが、このところ都合が付かず撮影出来ませんでしたが、今年は福島の用事を上手く組み合わせてようやく撮影してきました。

前日の情報だと有名撮影地はどこも大混雑だったようなのであえて定番を外してGoogleでロケハン?した場所に行ってみることにしました。
通過の1時間半に現着しましたが、誰も居ませんでした。まあ天気もなんとか持ちそうなので金谷川とかに行った人が多かったのかな?

今日は5Dと7Dの2台体制で狙うのでいろいろとレンズと構図で悩み、15分先行する1138Mで最終確認をします。

よし、これで編成の長さが大体判ったので微調整していよいよ本番です。
手前の踏切が鳴動し遠くからヘッドライトが見えやって来ました
まずは7Dの方から

7D

2019.4.14 10:58撮影 9570レ 松川~安達間

おっと、最後尾の12系が架線柱で隠れてしまいました。
どういう訳か仙台のED75を撮影すると758号機ばかりなんですよね。757号機の方が良かったなぁ~

続いて借入中の5Dです。

5D 9570レ 松川~安達間

2019.4.14 10:58撮影 9570レ 松川~安達間

こちらは編成が綺麗に収まりました。
この組み合わせは往年の臨時急行「まつしま52号」を彷彿させますね。

そうそう結局この場所は自分だけでした。

鉄道コム

(6/25)秋田で「ELあきた」トリプルセブンを狙う

先週末は、東北へ遠征してきました。目的は石巻線のDE10貨物とED75「ELあきた」の撮影です。

まずは日曜日のEL秋田から紹介します。
===
土曜日は飯坂温泉泊&宴会で12時近くまで飲んでいたのでちょっとお疲れモードの中、友人と飯坂温泉8時5分発の福島交通福島行きに乗車して出発。福島からは新幹線で北上へ向かい、今度はレンタカーで後三年~横手間の撮影地へ。

既に10名程スタンバイされていましたが、場所には余裕があります。まあこれが首都圏だったら大変な騒ぎだったでしょうね。

田んぼを入れるかどうするか悩んだ末、後ろの秋田杉?の林を入れる方を重視し、やってきた下り列車で列車の長さを確認します。

701系 2439M

2017.6.25 11:51撮影 2439M 後三年~横手間(後追い)

「ELあきた」はED75と客車4両なので上手く架線柱間で抜けるように調整していると近くの踏切が鳴動してED75がやってきました。
こちらに到着したときは日差しがあったのですが、完全に空を雲で覆われてしまいました。まあ晴れるとトップ光線になってしまうのでこれはこれで良いかな。
ED75-777 ELあきた

2017.6.25 12:12撮影 9422レ 後三年~横手間


予想とおり、ED75のトリプルセブンでした。

この後は昼食を挟んで下り「ELあきた」撮影の場所を探します。
ただ雲がどんどん増えて雨が降りそうな気配で横手方はかなり黒い雲が覆っているのです。少し明るい場所で撮影しようと沿線を探しているとまずまずの場所がありました。

車も横付け出来るし、マイナーな場所だけども他に人が居ないしいいかもということで、直ぐ来た下り列車で試し撮り。

701系 2443M

2017.6.25 14:28撮影 2443M 後三年~飯詰間


背後の建物を上手く処理すれば良いでしょうと言うことでココに落ち着くことに。

町の防災無線で「竜巻注意報が発令されました~」とあり黒い雲が流れてきて雨が降りしましたが、車がすぐわきなので難なく?待つことが出来ました。

15:20、ようやく遠くにED75のヘッドライトが見え「ELあきた」号はやってきました。

ED75-777 9421レ 後三年~飯詰間

2017.6.25 15:24撮影 9421レ 後三年~飯詰間

バックの黒い雲がちょっと残念ですがED75と旧客を撮影できました。

さあ、これにて今回の目的は達成です。
この後、北上まで戻り一風呂浴びてから19時発のやまびこで帰宅しました。

鉄道コム

(3/6)ED75-758郡山工臨その2

松川から先行するE720系の普通に乗車して、工臨より先回りをします。
何箇所か候補の中から選んだのは五百川駅近くの陸橋上です。
五百川駅で下車して歩いて向かうと駅近くの踏切辺りに鉄が数名、架線柱に寄り添っていたので、どんな様子だろうと見ると丁度この辺りは線間が広くてタイガーロープが無い場所でした。さらに良い感じひねりもあるのでココで撮ることにします。

運よくEH500-35のカモレが来たので長さ確認をして工臨を待ちます。

EH500-35 3058レ 本宮~五百川間

2017.3.6 16:01撮影 3058レ 本宮~五百川間


それにしても踏切脇に居たので通りすがりの車から「何か来るんですか?」と何回聞かれたことか(笑)
まあ、貨物列車としか言いようが無いですね・・・
さて工臨は貨物の後やってくるので待っていると駅の上り列車接近放送が入ります。踏切も鳴動するので方向矢印を確認するとED75がやって来ました。
ED75-758工9582レ 本宮~五百川間

2017.3.6 16:13撮影 工9582レ 本宮~五百川間


これで太陽が出ていれば順光になった筈ですが、今日は太陽の輪郭が時たま見える程度の曇り空なのが残念。まあこればかり仕方ないですね。

これにて工臨撮影は終了で五百川駅から後続の新白河行に乗車しての帰り道、郡山駅でED75に再会しました。
チキ牽引を終えて仙台に単機回送される様です。

単?レ 郡山駅

2017.3.6 16:50撮影 単?レ 郡山駅

新白河行は郡山で停車時間があったので撮影しておきます。
ちょっとしたお土産みたいなものでしょうかね(笑)

この後は東北本線を新白河、黒磯、宇都宮で乗り継ぎ南下して帰京しました。

(3/6)ED75-758郡山工臨その1

日曜の夜、月曜日に前から一度は撮影してみたいと思っていたED75の工臨があるとの情報を得た後、そう言えば3月中に取得しないとならない休暇が有るンだよな~と良からぬ?考えが出て、出社後午後半休を申請して遠征することになりました。

上野から昼過ぎの新幹線に飛び乗り、郡山で在来線に乗り換えて松川駅で下車します。駅から歩いて以前に「ELSLふくしま復興号」を撮影したポイントに向かうと、通過30分前に到着することが出来ました。

ココは晴れるとサイドが陰ってしまうポイントですが、今日は曇り空だった事もありこちらをチョイスしました。

準備をしているとEH500-38のカモレがやって来たので長さ確認をします。

EH500-38 5090レ 金谷川~松川間

2017.3.6 14:48撮影 5090レ 金谷川~松川間


タキの石油専貨でEH500だとコンテナばかりを見ていたので、なんか新鮮に見えます。

この後、松川駅の中線場内が注意信号を現示し、ゆっくりとお目当てのED75-758が牽引する工臨がやって来ました。

工レ 金谷川~松川間

2017.3.6 14:58撮影 工9582レ 金谷川~松川間


チキ6両とちょっと短めですが、レールは2段積みで満載です。

駅に戻ると中線に工臨が停車中です。先行する上り普通列車が来るまで撮影します。

 工9582レ 松川駅

2017.3.6 15:13撮影 工9582レ 松川駅


現存するED75は全て700番台なのがちょっと残念ですが、貴重な釜の一つです。撮影していたら上り本線を通過するカモレの牽引機がEH500-1でした。ちょっと撮影したかったですね。

岩切のチキは初めて見ましたが、2両つづでユニットを組んでユニットごとに列車標識の円盤を付けているンですね~

郡山工臨 郡山工臨

2017.3.6 15:15撮影 工9582レ 松川駅

越中島のチキとは雰囲気が違うので面白いです。

さて、上り列車が来たので先行します。

鉄道コム

(6/4)ED75の「ELレトロ福島号」を撮影

ワシクリでEF64の「ELレトロ福島号」を撮影した後、東北道で追撃します。想定より通過が遅かったので12時ちょい前に白河中央ICに到着。

通過時間から北に向かう東北本線では順光になる場所は無いので少しでも逆光が厳しくない場所を探した結果、久田野~泉崎間が良いだろういう結論になり、事前に目をつけていたに工業団地裏手にある第三種踏切に向かいました。
踏切には先着者の方がおらましたが、なんとか撮影できそうなので用意していると踏切が鳴動します。EH500の貨物列車がやってきました。

ワシクリで撮影したEH500-6の3083レでした。

2016.6.4 12:17撮影 3083レ 久田野~泉崎間

2016.6.4 12:17撮影 3083レ 久田野~泉崎間


コンビニで買った昼飯を食べているとJRの車がやって来きました。第三種で遮断桿が無い場所なので位置的に架線柱より外側に居るとは言え微妙な場所なのでこりゃダメかなと思っていたら・・・「線路に近いから上り線が来たら危ないから避けてください」
と注意して引き上げて行きました。なんとまあ寛容な取り扱いなんでしょう。
感謝ですね。

さて、そろそろ久田野通過時刻。準備をしていると上り貨物が通過し続いてレトロ福島です。

ED75-758 レトロ福島号

2016.6.4 12:57撮影 9121レ 久田野~泉崎間

まずは70mmです。
架線柱間で6両抜けるか微妙でしたが、なんとか収まってくれました。
3083レで撮影した時厳しいなと思っていたら隣の方が位置をずらしてくれたおかげです。
それとこの場所はタイガーロープが低いのであまり目立たないのが良かったです。

ED75-758 レトロ福島(広角)

2016.6.4 12:57撮影 9121レ 久田野~泉崎間

こちらは広角です。
30年前、泉崎駅手前のカーブでED75牽引の旧型客車を撮影したことがあります。あの当時は旧型客車はこんなに綺麗では無かったでしたね。茶色だか青色だが判らないような汚れっぷりでしたし(笑)

なんとかEF64とED75を抑えることが出来たのでこの後は、磐越西線へ転戦することにします。

鉄道コム

「ELSLふくしま復興号」を撮影

C61の下りを撮影した後、飯坂温泉に立ち寄り熱い温泉で汗を流した後、上りの「ELSLふくしま復興号」の撮影です。
金谷川~松川間であたりをつけていたポイントに向かいました。
夕方になっていく分過ごしやすくなりましたが、暑いです・・・
待つこと1時間、サービス満点の汽笛を響かせながらやってきました。

ELSLふくしま復興号・金谷川~松川間

2012/7/28 15:56撮影
左側の架線柱が構図に入ってしまいました。勾配標を入れて坂を降りてきている様子が判れば・・・という意図があったのですけどね。
撮影後、松川スマートICから高速に乗り二本松ICまで行き先回りです。地図でなんとなく撮れそうな場所だなと思っていた場所に着くと、良い場所は先着者で埋まっており、少し離れた場所から撮影してみました。

ELSLふくしま復興号・杉田~本宮間

2012/7/28 16:42撮影
この右側にはポールが立っておりこれが限界でした。
素直に本宮のストレートに行けば良かったかな。
列車は本宮で30分弱の停車時間があるので、さらに五百川駅先のソニー工場裏に向かいました。綺麗に線路脇の夏草が刈られてとても良い感じです。続々とギャラリーも集まってきました。

五百川~日和田間

2012/7/28 17:35撮影
もう終着、郡山が近いかららSLは殆ど煙をはくことなく通過していきました。
これにて今回の撮影は終了です。
本宮ICから東北道で帰路につきました。帰りは那須高原SAから館林ICまでは雷雨の中の走行となりちょっと疲れました。


鉄道コム