(1/24)中京地区カモレ撮影遠征その2

矢田川で撮影した後、大曽根駅の名古屋方に移動します。この後81レ、5875レが相次いでやって来ます。
千種寄りは掘割となっており、遠路脇の遊歩道が切れる先端から狙える場所があり、見通しも良く場所的になかなか良い感じです。

昼食代わりにコンビニで買ったおにぎりを食べていると晴れて来ました。うーん下りは逆光になるから曇って欲しかったのですが・・・

EF64-1002 81レ

2020.1.24 13:31撮影 81レ 千種~大曽根間

81レは順当とおりにEF64-1035牽引で到着です。大曽根では副本線に入るのでゆっくりした速度で通過していきましたが、積載がイマイチですね。
掘割のお陰か思った程、逆光にならずに助かりました。

81レが大曽根を出発すると続いて5875レがやって来ます。

EF64-1002+EF64-1028

2020.1.24 13:53撮影 81レ 千種~大曽根間

やってきたのはEF64-1002とEF64-1028の重連です。次位が国鉄色とは残念ですが、1028号機は何回か撮影できているのでヨシとしましょう。

40分後に8084レがやって来ますので反対側に移動しますが思ったより柵が高く踏み台が必要な感じです。移動も考えたのですが代替え地が思いつかず、仕方なくライブビュー撮影で対応しますが、背後が高層マンションでその影が線路に落ちます。ライブビューなのでAFであとはカメラ任せになりますから上手くいくかどうか・・・

EF64-1003+EF64-1046

。2020.1.24 14:40撮影 8084レ 大曽根~千種間

8084レはEF64-1003とEF64-1046の重連で、またしても次位に大物とはなんか運が悪いなぁ。架線に影が正面に当たってしまうのはこの時期では仕方ないですかね。
それにしても1002と1003と順番にやって来るというのもなんか凄いなぁ(笑)

大曽根での撮影は終了でこの後はDD51とDF200の重連8075レを狙うために移動します。曇っていたら枇杷島のビール工場脇にある踏切から狙おうと思ってましたが雲の様子からこの後も晴れそうだという事で、蟹江踏切に行くことにします。
名古屋から近鉄に乗り換えて高架になった伏屋駅で下車して土手沿いの蟹江踏切に着くとすでに7,8名程がスタンバイしており、先着者の隙間から撮影します。
到着時には太陽が雲に隠れてましたが、太陽の位置がずれるにつれ光線が復活して8075レの通過10分間にはいい感じで日が差し込みました。

8075レ DD51-1802

2020.1.25 16:34撮影 8075レ 八田~春田間

元佐倉区のDD51-1802が先頭でやって来ました。愛知区のDD51は次回のダイヤ改正でDF200に置き換わると言われてますから今回が見納めになりそうです。

春田で8075レと交換した8072レがDF200-222の牽引でやってきます。

DF200-222

2020.1.24 16:38撮影 8072レ 春田~八田間

DF200の撮影で今日は終了です。

今日は最後の最後で納得の写真が撮れた感じでした。この後は近鉄で名古屋に戻り17:30発の新東名スーパーラーナー24号で帰ってきました。




鉄道コム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です