(1/24)中京地区カモレ撮影遠征その2

矢田川で撮影した後、大曽根駅の名古屋方に移動します。この後81レ、5875レが相次いでやって来ます。
千種寄りは掘割となっており、遠路脇の遊歩道が切れる先端から狙える場所があり、見通しも良く場所的になかなか良い感じです。

昼食代わりにコンビニで買ったおにぎりを食べていると晴れて来ました。うーん下りは逆光になるから曇って欲しかったのですが・・・

EF64-1002 81レ

2020.1.24 13:31撮影 81レ 千種~大曽根間

81レは順当とおりにEF64-1035牽引で到着です。大曽根では副本線に入るのでゆっくりした速度で通過していきましたが、積載がイマイチですね。
掘割のお陰か思った程、逆光にならずに助かりました。

81レが大曽根を出発すると続いて5875レがやって来ます。

EF64-1002+EF64-1028

2020.1.24 13:53撮影 81レ 千種~大曽根間

やってきたのはEF64-1002とEF64-1028の重連です。次位が国鉄色とは残念ですが、1028号機は何回か撮影できているのでヨシとしましょう。

40分後に8084レがやって来ますので反対側に移動しますが思ったより柵が高く踏み台が必要な感じです。移動も考えたのですが代替え地が思いつかず、仕方なくライブビュー撮影で対応しますが、背後が高層マンションでその影が線路に落ちます。ライブビューなのでAFであとはカメラ任せになりますから上手くいくかどうか・・・

EF64-1003+EF64-1046

。2020.1.24 14:40撮影 8084レ 大曽根~千種間

8084レはEF64-1003とEF64-1046の重連で、またしても次位に大物とはなんか運が悪いなぁ。架線に影が正面に当たってしまうのはこの時期では仕方ないですかね。
それにしても1002と1003と順番にやって来るというのもなんか凄いなぁ(笑)

大曽根での撮影は終了でこの後はDD51とDF200の重連8075レを狙うために移動します。曇っていたら枇杷島のビール工場脇にある踏切から狙おうと思ってましたが雲の様子からこの後も晴れそうだという事で、蟹江踏切に行くことにします。
名古屋から近鉄に乗り換えて高架になった伏屋駅で下車して土手沿いの蟹江踏切に着くとすでに7,8名程がスタンバイしており、先着者の隙間から撮影します。
到着時には太陽が雲に隠れてましたが、太陽の位置がずれるにつれ光線が復活して8075レの通過10分間にはいい感じで日が差し込みました。

8075レ DD51-1802

2020.1.25 16:34撮影 8075レ 八田~春田間

元佐倉区のDD51-1802が先頭でやって来ました。愛知区のDD51は次回のダイヤ改正でDF200に置き換わると言われてますから今回が見納めになりそうです。

春田で8075レと交換した8072レがDF200-222の牽引でやってきます。

DF200-222

2020.1.24 16:38撮影 8072レ 春田~八田間

DF200の撮影で今日は終了です。

今日は最後の最後で納得の写真が撮れた感じでした。この後は近鉄で名古屋に戻り17:30発の新東名スーパーラーナー24号で帰ってきました。




鉄道コム

(1/24)中京地区カモレ撮影遠征その1

今日は品川6時発の「のぞみ99号」で出発し名古屋で2分で豊橋行きに乗換て刈谷でさらに名鉄三河線に乗り継ぎ8:33に碧南中央に到着しました。
衣浦臨海鉄道のKE65重連の5570レは碧南市駅に9:04到着なので余裕で間に合います。まあ名古屋で2分接続が出来なくても碧南中央には8:48に着くのでギリギリではありますが行けない事は無いのですが、これが出来るのは平日だけで 休日ダイヤだと碧南市到着が早くなり間に合わないのです。

刈谷では太陽の姿が見えましたが、撮影地の碧インターに着く頃には雲で影ってしまいました。
まあ、予報通りなのですけどね~

KE65-5

2020.1.24 9:00撮影 5570レ 東浦~碧南市

5570レは秋田で全検をしたばかりのKE65-5が先頭でやって来ました。DE10の重連みたいな感じでカッコいいなー。
で、通過後片付けていると薄日が差してくると言うお決まりのパターンに。

撮影後は三河線初乗りだったので終点の碧南まで乗車して神宮前経由で熱田駅に移動してきました。
丁度、30分の間に64不定期の8862レ、PFの5087レ、64赤ホキ5780レがやって来ます。

ホーム先端に到着すると下り列車通過のアナウンスがあり桃太郎がやって来ました。

EF210-14

2020.1.24 10:27撮影 5091レ 熱田駅

よく見るとJRFロゴが無くなった新塗装の桃太郎でした。

この後8862レが来るはずでしたが、やってこないので財源なしで運休なのでしょう。まあ有ればラッキー的な感じでしたからね。
そして下りの5087レは定刻にEF65-2076の牽引でやって来ました。

EF65-2076

2020.1.24 10:44撮影 5087レ 熱田駅

できれば東京方で撮りたかったのですが赤ホキの5780レとほぼ同じ時間に通過ので赤ホキを優先したのですが、5780レが来ません。

続行となる新快速が来てしまいどうやら運休の様です。
これにはかなりガックリしました。
下り普通に乗り次の目的地、共和に移動しますが笠寺で5780レに入る筈だったEF64-1047が留置されていて、昨晩の5781レ共々運休だったようです。

気を取り直して共和駅で下車して大府方の場所で直ぐに来る1550レを待ちます。
なんせ広島色のEF64-1049の牽引ですからネ。

EF64-1049

2020.1.24 11:20撮影 1150レ 共和~大府間

1550レは大府で衣浦臨海鉄道に継承されるコキで短い編成です。

この後は今週から運転が再開された春日井貨物を撮影するために大曽根に移動です。なんか効率が悪なぁ

大曽根駅から歩いて10分程の庄内川鉄橋で迎え撃ちますが、晴れたり曇ったりの天気で落ち着きません。
鉄橋に寄るかサイドにするかで悩んでいるうちに時間となってしまいた。
順当なら国鉄色の筈だったのですが、差し替えになりやって来たのは更新色のEF64-1008でした。

EF64-1008

2020.1.24 12:38撮影 2074レ 新守山~大曽根間


あー、曇られるし今日はツイテナイなぁ!。

その2に続きます。




鉄道コム

(7/2)中央西線81レと5875レ

姨捨でマニ50の甲種を撮影した後、1時間後の松本行に乗車します。輸送計画のスジは篠ノ井から8560レのスジだったの追い掛けが可能でしたが早い時刻に変更となり、追い掛けが不可能になりました。
でもそのお陰?で西線の81レと5875レを藪原で撮影できることになり、松本から中津川行に乗車して藪原に向かいます。

駅近くの食堂で遅い昼食と言うより早い夕食を済ましてから藪原駅先の木曽川橋梁でエセ広島色のEF64-1046牽引の81レを待ちますが、やはり山間部とあって露出が厳しくなってきます。

EF64-1046

2019.7.2 17:24撮影 81レ 宮ノ越~藪原間

まずはタイガーロープの無い場所を望遠で狙いますが、ベスト位置だと串パンになってしまうので、串パンにならない場所で撮影してから広角にスイッチします。
2019.7.2 17:24撮影 81レ 宮ノ越~藪原間

2019.7.2 17:24撮影 81レ 宮ノ越~藪原間

中間の空コキが残念ですが、1046号機もそろそろ入場時期を迎える様なので塗装がどうなるか?

この日は三脚の代わりに折りたたみの踏み台を持ってきたのでこの場所の撮影に活躍しました。
踏み台があれば待ち時間に座れるしちょっとした柵越し撮影も楽ですし、三脚より軽いので電車移動時には重宝します。

この後45分後に重連の5875レがやって来ますが、露出が次第に落ちてきます。ただ5875レは藪原で中線停車なので速度は遅い筈なのでSSはその分稼げます。

中線の場内信号機が注意現示となりロクヨンがやって来ました。

2019.7.2 18:10撮影 5875レ 宮ノ越~藪原間

2019.7.2 18:10撮影 5875レ 宮ノ越~藪原間

EF64-1015と1033号機のコンビでゆっくりと橋梁を渡ってきました。

200mmから70mmにスイッチしてもうワンカットです。

2019.7.2 18:10撮影 5875レ 宮ノ越~藪原間

2019.7.2 18:10撮影 5875レ 宮ノ越~藪原間

この時期なら流さすに撮影で出来ます。
撮影後、駅に戻り18:20発の松本行で塩尻に向かうと奈良井で8878レとスレ違います。車なら両列車を狙えるのですけどね・・・

塩尻に戻り、あずさ34号を待つ間に5875レが追い掛けてくるのでホーム脇の道路から狙ってみました。

EF64-1015塩尻駅

2019.7.2 19:12撮影 5875レ 塩尻駅

うーんもう少し奥まで来るかと思ったのですが手前で停車してしまいました。
ゴーストも出るしあまり良い条件では無かったですね。
この後、19:37発のあずさに乗車して帰って来ました。




鉄道コム

(5/22)EF64&DD51撮影遠征-その3-

3075レとトヨタロングパスの撮影後、武豊線の尾張森岡駅へ歩き、13:34発の大府行に乗車し、大府で普通列車に乗り換えて次の目的地笠寺に向かいます。

13:57に到着してホームから構内を見渡すと、撮影予定の赤ホキの姿がありません。あれーウヤかな?と思っていたら名古屋臨海のDD13似のDD5529が牽引してきました。

DD5529 名古屋臨海

2019.5.22 13:59撮影 12レ 笠寺駅

名古屋臨海の撮影は今回は初めてです。名古屋臨海もなかなか魅力的な被写体かも知れません。

この後、駅先の踏切に移動しますが、踏切が入換中で降りたままなので跨線橋で渡り撮影できそうな場所を探します。

2019.5.22 14:05撮影 入換 笠寺~熱田間

2019.5.22 14:05撮影 入換 笠寺~熱田間

5783レの組成作業で機留線からEF64-1003が入換を始めます。

跨線橋からなんとか5783レの発車は撮れそうです。

EF64-1003赤ホキ 5783レ 笠寺~熱田間

2019.5.22 14:23撮影 5783レ 笠寺~熱田間


5783レは定刻に笠寺を発車です。
石灰石を輸送するホキも、昔は各地で走っていましたが今ではココだけになってしまいました。

さて撮影後は急いで駅に戻り28分発の岐阜行に乗車します。これに乗れれば名古屋駅で64重連の8084レに間に合います。
8番線ホーム先端に向かうと10分程で8084レがやって来ました。

EF64-1017 8084レ

2019.5.22 14:53撮影 8084レ

EF64-1017とEF64-1008の更新色コンビでした。

撮影後は名古屋定番の住よしの「きしめん」を食べて関西線ホームで一休みします。
この後は〆のDD51撮影ということですが、その前に先程撮影したEF64-1028が名古屋貨物ターミナルから帰ってきるのでホームで撮影します。

EF64-1028

2019.5.22 15:33撮影 1255レ 名古屋駅

臨海高速のホームがあるので、もう少し後方から撮りたかったのですが、関西線の接近放送も入っていたので中途半端な感じになってしまいました。

さてこの後は関西線へ向かいます。




鉄道コム

(2/3)中央西線遠征~夜編~

十二兼で撮影した後、17:26発の松本行に乗車します。
塩尻で乗り換えればこのまま普通で帰京する事も可能ですが、この後残業があります。と言うのも先程撮影した5875レは藪原駅でこの列車を退避します。

50分程で藪原に到着。2番線に5875レが停車してます。
発車まであまり時間が無いので急いで駅先に向かい三脚を立てて準備します。

EF64-10435875レ 藪原駅

2018.2.3 18:27撮影 5875レ 藪原駅

周りは真っ暗でかなり撮影には厳しい条件ですが、なんとか撮影出来ました。
直ぐに発車時刻になりライト点灯となりました。
EF64-1043

2018.2.3 18:28撮影 5875レ 藪原駅

周りが真っ暗なのでヘッドライトの光源が強すぎて露出調整が難しいなぁと思っていたら、出発時刻になり山間にブロアー音を響かせて発車していきました。

発車を見届けた後、駅に戻り下りホームへ向かいます。5875レが藪原を発車したのと同時に6882レは奈良井を発車して上って来ます。ただ6882レは通過となりますので流し撮りです。

ホームの照明がLEDになっているのでホームが無人駅にしては明るいのが良かったです。

EF64-1043 6882レ 藪原駅

2018.2.3 18:39撮影 6882レ 藪原駅

6883レは次位になっていたEF64-1043牽引で良いスピードで通過して来ました。
ホームのライトがロクヨンに当たったカットが上手く追従できました。流石にトリミングですが・・・

次の松本行は19:30発です。うーんまだ50分あります。
折角?なので良い雰囲気の駅舎をバルブして時間潰しします。
昔ながらの駅舎でキレイに手入れされていてましたが・・・寒い!
ホカロンで暖を取りつつ、ようやくやって来た松本行に乗車して塩尻で新宿行のスーパーあずさに乗換て帰って来ました。

電車移動でもこの時期なら結構、撮影ができますね。まあ撮影ポイントは限られますが・・・また雪が降ったら行きたいなぁ~

鉄道コム

(2/3)中央西線遠征~午後編~

日出塩から塩尻に戻り12:08発の「しなの10号」に乗車して南下します。6両編成でしたが自由席でも結構空いていたので、ゆったり乗車出来ました。
「しなの」は本山宿で撮影したJRFマークなしコンビのEF64-1020と1027の重連、8084レを野尻で追い抜きます。なので中津川以遠なら列車でも追い掛けが出来るのです。
撮影ポイントで8084レを待つ撮影者を見ながら中津川には13:06到着し、急いで中津川駅手前の撮影地へ向かいます。

道路脇の柵から撮影すると後方の電柱が邪魔ですが、この場所は以前、国鉄色重連の時に撮影者が敷地内侵入で警察が出動した場所なのでこれ以上内側に入れません。

EF64-1020 8084レ 落合川~中津川間

2018.2.3 13:22撮影 8084レ 落合川~中津川間

現地に到着した時は晴れていたのですが8084レがやって来る前に陰られてしまいました。
で通過後に晴れたのは言うまでもありません。
折角、順光で撮れる場所だったので残念ですが、こればかりは運ですからねぇ

この後、遅い昼食を取って中津川14:25発の塩尻行で北上、十二兼駅で下車します。
この後来る81レを南木曽寄りの場所で撮影しようと歩いて向かいましたが、敷地境界線に大型フェンスが出来ており撮影しづらくなっていました。
なので、駅に戻って上りホームから撮影することにします。

しなの17号

2018.2.3 16:05撮影 1017M 十二兼駅

南木曽で81レを追い抜いたしなの17号が通過してこの後81レとなります。

流石に16時を過ぎると露出が厳しくなってきます。81レは十二兼で上りと交換なので10分停車になるので進入速度は遅いだろうと思っていたのですが・・・

EF64-1002 81レ 十二兼駅

2018.2.3 16:15撮影 81レ 十二兼駅

EF64-1002は低速で進入してきましたが、ホームにある中継信号機が開通現示しており停車すること無く通過していきます。
あれー十二兼で停車じゃ無かったの???
これはちょっとショック。この後、停車中に駅先のお立ち台に先回りして撮影するつもりが・・・

仕方なく、トボトボとお立ち台に移動して続行の5875レを狙います。どうやら81レは上り列車が少し遅れていたので待避駅を十二兼から野尻に変更となったようです。単線区間なので遅れを増幅しない様にするためでしょうね。

しなの18号

2018.2.3 16:55撮影 1018M 野尻~十二兼間(後追い)

5875レも十二兼で上り「しなの」と交換するのですが、しなの18号が5分遅れで通過します。

この後、EF64-1034が先頭となる5875レがやって来ました。

EF64-1034 5875レ 十二兼~野尻間

2018.2.3 16:59撮影 5875レ 十二兼~野尻間

S字カーブを緑色のタキを引き連れて通過して行く姿はカッコイですね~。地元を走るロクヨンよりやはり山岳路線を走る姿が似合いますなぁ~

さて駅に戻って17:26発の塩尻行に乗車して、もう一働きしに行きます。

鉄道コム

(2/3)中央西線遠征~午前編~

この冬は雪が降ったら中央西線に行こうと予め行程案を作っておき、贄川駅近くの国道19号ライブカメラを時折チェックしていました。
2/1の夜から降雪があり積雪は多くないもの、バラストが雪で覆われていたので作戦発動!。スーパーあずさの「えきねっとトクだ値」を購入。E353系が投入された新宿7時発「スーパーあずさ1号」で塩尻へ向かい、塩尻駅からは塩尻市地域振興バス「すてっぷくん」で本山宿へ

東京から始発で6883レに間に合うのはこの辺までで、去年の3月にも撮影した場所です。
直ぐに「しなの5号」が通過します。

しなの5号

2018.2.3 10:47撮影 1005M 日出塩~洗馬間


まだ光線が山影に隠れて完全には当ってませんが、少し雪を巻き上げていい感じです。
しかしこの後、雲が太陽を遮ってしまいます。

遅れると6883レを被る可能性がある中津川行の普通も定時で通過します。

313系 1826M

2018.2.3 10:57撮影 1826M 日出塩~洗馬間(後追い)


完全に曇空だよなぁ~と露出調整しようと思ったら日差しが回復すると同時に6883レがやって来ました。
EF64-1003 6883レ 日出塩~洗馬間

2018.2.3 10:58撮影 6883レ 日出塩~洗馬間


EF64-1003とEF64-1043の重連です。
編成全体までは回りませんでしたが前半部分は光線が当たりました。

流石に「しなの」がバラストの粉雪を飛ばしたのであまり雪の巻き上げはありませんでしたが、雪国のロクヨンを撮影出来ました。

この後直ぐに上り8084レが来ますので立ち位置を移動します。
上りは完全な順光になります。先行する「しなの」を撮影すると完全に露出オーバー。危ない危ない、露出を調整します。

EF64-1020 8084レ 洗馬~日出塩間

2018.2.3 11:15撮影 8084レ 洗馬~日出塩間


8084レはEF64-1020とE64-1027のJRFロゴマークが無い、多分更新色では最後まで残る可能性が高いペアのエンド揃いペアです。
良い光線下での撮影は気持ちが良いですねー。

8084レ通過と同時に塩尻駅行のバスが行ってしまったので、日出塩駅まで歩いて11:42発の下り電車で塩尻に戻って、午後の撮影へ向かいます。

鉄道コム

(2/4)中央西線遠征その3

81レを坂本~田立間で撮影した後、国道19号線を北上して伊奈川橋梁へ移動します。
午前中は撮影者が多かったので伊奈川も撮影者がもう居るだろうと思っていましたが、お立ち台に到着すると誰も居ませんでした。

珍しいなぁとめいめい場所を確保して81レを待ちます。
昼間は暖かく思えた陽気も日が落ちてくるにつれ冷えてきました。南木曽で81レを追い抜いたしなのが通過して、日がかなり傾いた頃にようやく須原駅の場内信号が開通。ようやく81レがやって来ます。

EF64-1002 伊奈川 望遠

2017.2.4 16:37撮影 81レ 大桑~須原間

サイドに光線が当たりナンバープレートも浮き上がりました。

サブの広角では斜光が列車に差してギラリになりました。

EF64-1002 伊奈川 広角

2017.2.4 16:37撮影 81レ 大桑~須原間

81レは単機なので串パン回避が楽なのですが、重連で来てもらいたところです。次回のダイヤ改正で重連に戻ると言うことは無いかな・・・

後追いは順光になってアルプスの山も入るので、過ぎ去る81レを後追い撮影します。

81レ後追い

2017.2.4 16:37撮影 81レ 大桑~須原間(後追い)

最後尾のコキが空なのがちょっと残念ですが、いい風景ですね。

この後、45分後に重連の5875レがありますので残業です。冬場は土曜日でも運転されるのですが、日没時間との戦いになります。
2月の初頭だと伊奈川あたりが限界ですね。
17時を過ぎると太陽が山影に隠れて、一気に気温が下がり寒くなり手が凍えてきます。

それに露出もかなり無くなってISOを上げて撮影するしかありません。
ようやく須原駅の場内信号機が進行現示になり5875レがやって来ました。

EF64-1043 伊奈川 望遠

2017.2.4 17:20撮影 5875レ 大桑~須原間

EF64-1043と1023号機のコンビです。ISO1600、1/500、F2.8です。
広角は35mmで
EF64-1043 広角

2017.2.4 17:20撮影 5875レ 大桑~須原間

広角も串パン回避できました。

いやーホント寒かった。撤収して塩尻に向けて国道を北上します。
19時前にレンタカー屋に到着。返却して山賊焼で反省会をしてガラガラの最終「スーパーあずさ36号」に乗り込みました。

鉄道コム

(2/4)中央西線遠征その2

登山道入り口で3084レを撮影した後、大桑・野尻の停車を利用して先回りします。
野尻駅先にするかストレートにするかで悩んだのですが、駅先はスペースが少ないのでストレートへ

退避した「しなの」が通過した後、3084レがゆっくりした足取りでやって来ます。
まずは望遠で直線を走る64を。

EF64-1047 望遠

2017.2.4 12:54撮影 3084レ 野尻~十二兼間

6883レもそうでしたが、3084レも重連エンド揃いです。

続いて広角は風景を大きく入れての撮影です。

EF64-1047 広角

2017.2.4 12:54撮影 3084レ 野尻~十二兼間

今日は天気が良くてアルプスの山々がとても綺麗でした。今考えればアルプスバックの撮影地にすれば良かったかな。
これにて午前の部は終了。

南木曽町のあららぎ温泉で昼食&入浴休憩をした後、81レ撮影に向かいます。この時期はどこも光線状態が良くないので、坂本~田立間のポイントで

EF64-1002

2017.2.4 15:31撮影 81レ 坂本~田立間

かなり逆光がキツイく屋根がギラリ状態です。

さて先回りしましょう。

鉄道コム

(2/4)中央西線遠征その1

土曜日は鉄仲間と中央西線へ遠征してきました。新宿7時発のスーパーあずさ1号で塩尻には9時半に到着。レンタカーを借りてまずは下りの6883レを狙いますが、時間的に藪原には間に合わないそうも無いので、奈良井駅手前で狙うことに。

思っていた以上にフェンスが高くて難儀しました。

EF64-1020

2017.2.4 10:30撮影 6883レ 藪原~奈良井間

この日の6883レはEF64-1020と1022号機の重連でした。
土曜日とあって南から追っかけて来た撮影者も多いようでした。

6883レ後追い

2017.2.4 10:30撮影 6883レ 藪原~奈良井間

6883レは奈良井で退避で10分停車となるので副本線に進入していきました。
撮影後、平沢のSカーブへ追いかけて良いのですが、山影になるのとこの後の3084レがタイトになるので国道19号線を南下します。

1時間程で倉本~須原間へ
3084レはEF64-1047と1025の重連で定刻にやって来ました。
まずは望遠で列車主体で

3084レ 望遠

2017.2.4 12:20撮影 3084レ 倉本~須原間

続いてサブ機の広角で

EF64-1047 広角

2017.2.4 12:20撮影 3084レ 倉本~須原間

このポイントは木曽の山中を走るロクヨンの雰囲気が出るので好きなんですよね~。

鉄道コム