(7/28)「急行津軽」撮影の旅(その3)

朝4時にセットしたアラームで目を覚まし、3日連続の4時台起床で眠い中、準備をしてホテルをチェックアウトします。
予報通り弘前方は雲が厚くて岩木山バックは無理そう、青森は雲の隙間が多いのでこれなら青森側で撮影するのが良いだろうと津軽新城の撮影地に向かいます。

5時前に「あけぼの」撮影で賑わった県道オーバークロスに到着。順光になるインカーブ側には線路脇に撮影者が居ます。アウト側は木が成長しており撮影は厳しい状況なので、インカーブの先着者の脇に入ることにします。
結構、雑草が生い茂っておりサイドから狙うと草で下回りが隠れてしまいそうなので、線路寄りから広角で狙うことにします。

5:30頃には太陽が雲の隙間から出てきました。このまま曇るなよ!と祈っていると、津軽新城の場内信号が警戒表示となり踏切の鳴動音が聞こえてきました。

ED75-767津軽

2019.7.28 5:45撮影 9603レ 鶴ケ坂~津軽新城間


牽引機は昨日から変わらずのED75-767ですが、光線状態はバッチリ。朝日を浴びて青森へラストスパートする夜行急行「津軽」です。
編成後方が草木に隠れてしまうのが少し残念ですが、やはり太陽の光があると感じが違います。

さてこの後は五能線へ移動します。
朝の下り鰺ヶ沢始発がタラコ色4連なのです。津軽新城から板柳まで30分程掛かり6:20頃に到着すると同じ事考えている撮影者は結構多かったです。
ここは真横から岩木山バックが狙える場所なのですが、どんより曇り空で岩木山は山頂が隠れてます。
なので編成主体で行こうと農道脇に車を止めて線路に向かうとパトカーがやって来て「撮影者同士のトラブルの通報で来たけど連絡した人?」と聞かれます。
違いますと言うと通報者を探して去っていきました。
その後、500m先の車が数台止まっているところだったようでパトカーが止まりどうやらそこが現場だったようです。

線路脇で準備をしていると、821Dのヘッドライトが見えてきました。青森は太陽が出てくれましたがこの辺りはどんより曇り空です。

キハ48首都圏色4連

2019.7.28 6:42撮影 821D 鶴泊~板柳間

まずは田んぼの築堤をやってくるキハ4連を撮影します。
これはこれで雰囲気が出ている写真になりました。

さらに近づいてくるキハを追いかけながらズームを変えつつ撮影を続けます。こういう手法が出来るのが手持ち撮影の良い所です。

2019.7.28 6:42撮影 821D 鶴泊~板柳間

2019.7.28 6:42撮影 821D 鶴泊~板柳間

オーソックスな編成写真を撮影してタラコ4連を見送ります。
急行津軽の運転日に合わせてタラコ4連を入れるとは秋田支社もやりますね。

さて、この後の825Dにも弘前方がタラコ色と五能色のペアが入るので移動しますが、先ほどのトラブル対応の応援パトカーが2台やって来ました。ホント何やっているんだか・・・

向かったの鰺ヶ沢~鳴沢間の「七里長浜 きくや商店」へ意外と距離があり到着したのは7:10でした。
既に7,8名が用意をしており構図で悩んでいると店主と共に「わさお」を出勤してきました。

825Dがやって来る時間なのでココだ言う場所で狙うと・・・あれ先頭が五能色だ。なんと825Dは3両でタラコが中央にサンドされていました。

2019.7.28 7:30撮影 825D 鰺ヶ沢~鳴沢間

2019.7.28 7:30撮影 825D 鰺ヶ沢~鳴沢間


うわーこれじゃタラコだか判らないや。だからほかの撮影者はサイドよりの位置に居たのか・・・
これは残念ですが、「わさお」に会えたからヨシとするかと、これで撮影終了宣言です。

天気が良ければこのまま五能線撮影をして夜の新幹線で帰ると言うオプションも用意はしていたのですが、天候も良くないのでこれで切り上げて帰ることにします。
新青森から盛岡までは新幹線利用になりますが、後は18きっぷで帰れますからね。




鉄道コム

(7/27)「急行津軽」撮影の旅(その2)

東能代駅に戻り10:59発の五能線2531Dに乗車します。

鰺ヶ沢駅停車中

2019.7.27 13:48撮影 2533D 鰺ヶ沢駅


キハ48の2両編成で五能線からの眺めを堪能して五能線を乗り潰します。天気がイマイチなので海の色が若干くすんで見えるのが残念です。
終点の川部に15:09に到着すると1時間半後に上りの急行津軽82号が来ます。

線路沿いの農道を北常盤方へ10分程歩くと撮影者が10人程集まっている場所で撮影することにします。
直ぐにキハ48の2連が来ました。

キハ48

2019.7.27 15:30撮影 662D 北常盤~川部間

701系だらけの奥羽本線ではボックス席のあるキハ運用は貴重です。

その後来た、下りの701系は5連だったので構図を決めるのに役立ちました。

701系5連 661M 北常盤~川部間(後追い)

2019.7.27 15:39撮影 661M 北常盤~川部間(後追い)


その後、駅の方からJR社員がやってます。
どうも、乗務員から線路脇の農道に止めていた撮影者の車が危険との連絡があった感じです。結果的には敷地内に入っては無かったのですが、あまり感心出来ない置き方でしたからね。

最近、列車移動の場合は重い三脚は持参せず、手持ち&プラの折畳み踏み台のスタイルがマイブーム?になっています。
手持ちだと構図がどうのとか言う人もいますが、若干広めの構図にしておいて補正すれば良いのですから三脚に頼る必要が無い訳で

特急つがる6号

2019.7.27 16:26撮影 2046M 北常盤~川部間


特急通過の後、一時的に晴れ間ものぞいたのですが、すぐに雲に遮られしまいました。さてそろそろ津軽がやって来ます。

ED75-767 急行津軽82号

2019.7.27 16:44撮影 9602レ 北常盤~川部間


背景の明るさと手前の明るさの明暗差が出ているので露出調整を慎重に行ったのですがアンダー気味ですね。
撮影後、駅に戻って新青森に移動します。
明日の津軽83号を撮影する為にレンタカーを借り、青森市内のホテルにチェックインし早めに就寝します。




鉄道コム

(7/27)「急行津軽」撮影の旅(その1)

金曜日の26日、18きっぷを使って上野から高崎線始発で北上を開始し、長岡から新潟までは115系の快速に乗車してMT54モーター音を堪能。
村上から乗車した酒田行き827Dはキハ47のタラコ色2両となかなか「国鉄」を感じられる行程で特に撮影はなくこの日は秋田で一泊しました。

翌土曜日は、秋田駅5:38発の男鹿線始発1121Dに乗車して天王駅で下車し、歩いて7,8分の有名撮影地、船越水道橋梁に到着すると既に15名程の撮影者が集まっていました。まあ皆さん考えることは同じです。
狙いはこの後直ぐにやってくる、男鹿線名物のキハ40形式5連の1122Dです。

キハ40形式5連

2019.7.26 6:29撮影 1122D 船越~天王間


今日はキハ48が3両にキハ40が2両の編成でした。
芸備線にキハ47の6両運用とか有りましたが今も有るのかな?でも片開きドアのキハ40や48の方が何となく急行型の雰囲気があって好きですけどね。

さて撮影者は5連の1122Dが通過すると去っていき、残ったのは自分ともう一人だけです。
40分後に先ほど乗車した1121Dが1124Dとなって戻って来ます。

キハ40形式4連 1124D 船越~天王間

2019.7.26 7:12撮影 1124D 船越~天王間

秋田よりの2両は数少ない床下クーラー搭載車で屋根がオリジナルなキハ40なので貴重だったのですが。

曇り空が残念ですが、まあ予報通りですから・・・
直ぐに天王駅に戻り、7:22発の1123Dに乗車して男鹿まで乗車して男鹿線完乗です。直ぐに1126Dとなって戻るのでそのまま乗車して追分駅まで戻ります。
そうそう、男鹿線の⑦の停車目標の下に「SL」が追加されていましたね。

追分で3分接続の「リゾートしらかみ1号」に乗車して東能代へ向かい、下り「急行 津軽81号」を撮影に向かいます。八郎潟あたりでは多くの撮影者が居て、車内から「この列車(リゾートしらかみ)を撮っているんだーすごいねー」と言う声があったけど、違うんですよねー(笑)

予報では曇でしたが、東能代に着いた時には太陽が顔を出していました。
秋田県北バスの二ツ井方面行きで撮影地まで移動です。「谷地」バス停で下車すると「つがる」が通過していきました。

順光になるアウトカーブ側から狙おうと立ち位置を決めて、あと10分程と言うところで太陽が雲に隠れてしまい復活を願ったのですがそのまま、近くの踏切が鳴動しました。

ED75-767 急行津軽

2019.7.27 9:59撮影 9601レ 東能代~鶴形間


ED75-767が12系6両を牽引していく姿は、今では早々見られませんからね。
前回、東北本線で運転された「花めぐり」は5両でしたし・・・それと以前に運転された「ELあきた」ではED75-777でしたので、秋田のED75は2機とも撮影出来たのは良かったかな。

直ぐに能代行きのバスが来るのでバス停に向かうと晴れてきました。あーあなんで通過時に曇るかな・・・
それにしてもナイスなタイミングで路線バスが有って助かりました。




鉄道コム

(4/14)ED75牽引の「花めぐり号」その2

さて往路の上りまつしま52号もとい、花めぐり号を撮影した後、用事を中抜けして下り撮影へ。どうせ松川~金谷川の順光ポイントに集まって同じ様な写真ばかりがネットに上がるんだし、午後は曇るだろうから天の邪鬼な自分は、バックに桜が入る上り撮影ポイントの近くへ向かいます。
直前でしたので7.8名程がスタンバイしている脇で準備します。

予報では午後から曇るとの予報でしたが、雲はかなり薄く「晴れ」の部類です。まあサイド順光になるから良いかと待っていると先行の701系が通過していき、その20分後にED75がやって来ました。

7Dは風景主体の構図で狙います。

7D

2019.4.14 14:29撮影 9571レ 安達~松川間

東北本線らしい風景なので築堤を全体的に入れて後方の桜を映るようにしました。

正面は陰ってしまいますが、逆ナンバープレートが引き立ってこれはこれで良い感じです。
5Dは列車主体構図で

5D

2019.4.14 14:29撮影 9571レ 安達~松川間

思ったより正面が黒くならなで済んだので良かったです。

来年も運転されれば、また撮影したいですね。

鉄道コム

(4/14)ED75牽引の「花めぐり号」その1

毎年この時期に運転されるED75の花めぐり号ですが、このところ都合が付かず撮影出来ませんでしたが、今年は福島の用事を上手く組み合わせてようやく撮影してきました。

前日の情報だと有名撮影地はどこも大混雑だったようなのであえて定番を外してGoogleでロケハン?した場所に行ってみることにしました。
通過の1時間半に現着しましたが、誰も居ませんでした。まあ天気もなんとか持ちそうなので金谷川とかに行った人が多かったのかな?

今日は5Dと7Dの2台体制で狙うのでいろいろとレンズと構図で悩み、15分先行する1138Mで最終確認をします。

よし、これで編成の長さが大体判ったので微調整していよいよ本番です。
手前の踏切が鳴動し遠くからヘッドライトが見えやって来ました
まずは7Dの方から

7D

2019.4.14 10:58撮影 9570レ 松川~安達間

おっと、最後尾の12系が架線柱で隠れてしまいました。
どういう訳か仙台のED75を撮影すると758号機ばかりなんですよね。757号機の方が良かったなぁ~

続いて借入中の5Dです。

5D 9570レ 松川~安達間

2019.4.14 10:58撮影 9570レ 松川~安達間

こちらは編成が綺麗に収まりました。
この組み合わせは往年の臨時急行「まつしま52号」を彷彿させますね。

そうそう結局この場所は自分だけでした。

鉄道コム

(2/5)下り八高訓練を撮影

今日は先月取得出来きなかった半休を取ってDD51の八高訓練を撮影してきました。
今月からサービスが始まった「駅レンタカー・セルフ」を利用することにして、昼過ぎの新幹線で本庄早稲田まで行き、レンタカーで松久~児玉間へ向かいました。
熊谷あたりまでは雲が優勢な感じで今日は失敗したかなと思いきや、その後は一気に回復していい天気になり一安心です。

本庄早稲田から10分ほどで松久に到着。第一候補にしていた第六駒衣踏切近くのポイントがまだ余裕があったのでこちらで狙うことにします。この先の有名ポイントはかなりの人出だったようです。

キハ110

2019.2.5 13:58撮影 239D 松久~児玉間

キハ110で試し撮りです。
今日は手持ち撮影なので構図の固定に難儀しますが、三脚が無い分自由度があります。

通過時刻が近づくにつれ撮影者増え。20名位になった感じです。
14時半過ぎに踏切が鳴動してDD51の姿が見えてきました。

DD51-897

2019.2.5 14:34撮影 試9231レ 松久~児玉間

高崎区で唯一のオリジナル装備を纏うDD51-897が先頭に12系5両を牽引します。
元佐倉区のDD51でJR継承後は新小岩に常駐し越中島の工臨牽引や千葉向け団臨の牽引をしていましたが高崎に転属した経歴を持つ釜です。
12系ならお召装備の釜より似合います。

DD51は児玉駅で25分程停車するので追いかけます。
最初は列車移動で松久辺りでの1発撮影を考えていたのですが、車があれば追いかけができるのにな~と思っていたら「駅レンタカー・セルフ」のサービスを見てこれだ!と飛びついたのです。
いわゆるカーシェアみたいな使い方で1時間単位で借りられるのでちょっとだけ使いたい時に便利です。

国道254号を走り、神流川橋梁先の第二本郷踏切に行くと多くの撮影者が居ます。
手持ちなので撮影者の隙間から狙う事ができるので三脚なしも機動力があって便利ですネ。
10分ほどでDD51のホイッスル音が聞こえ踏切が鳴動します。

DD51-897

2019.2.5 15:11撮影 試9231レ 丹荘~群馬藤岡間

もう少し横から狙えば後ろのDD51がもっと入ったかな。
橋梁を渡りカーブに入るところを望遠で狙ってから引いて
八高訓練

2019.2.5 15:11撮影 試9231レ 丹荘~群馬藤岡間

背後の電柱と電線がちょっと邪魔ですが、手持ちなのでこういう撮影が出来きますし、後追い撮影も容易です。
DD51-888(後追い)

2019.2.5 15:11撮影 試9231レ 丹荘~群馬藤岡間(後追い)

後釜はDD51-888で、この釜も元佐倉区から転属しましたが、国鉄時代に転属しています。
後追いはちょっと200mmでは足りなかったかな。

これにて撮影終了です。
本庄早稲田駅に戻り車を返却しますが、給油する必要が無いのは便利ですネ。
3時間利用で3240円ですがアンケートに回答すると500円のビュー商品券がもらえるので実質2740円で利用出来きました。

帰りはバスで本庄駅に出て高崎線で帰りました。

鉄道コム

(8/4)DE10代走ばんえつ物語

C57の不調で今年度のSLばんえつ物語は運休となりましたが、その間、DE10の代走が行われると言うので出撃してきました。

朝、鬼怒川でSL大樹1号を撮影した後、南会津を抜けて磐越西線に向かいました。意外と時間が掛かりましたがなんとか山都の舘原には12:10過ぎに到着出来ました。

あまり時間も無いので下りの定番構図の反対側から狙うことにします。

DE10-1680

2018.8.4 12:36撮影 9226レ 萩野~山都間

SLとは違うサウンドが聞こえてDE10-1680の牽引でやって来ました。
旋回窓のせいでしょうか地元を走るDE10とはなんか違う感じがします。

この後は電化区間に先回りします。
13:00過ぎに笈川~堂島間の第二学校踏切に到着し先着者の隣で準備します。今日は良い天気で視界も良く飯豊山も綺麗に見えているので山を入れる降雨にすると下りの普通列車が通過していきました。

2018.8.4 13:13撮影 231D 笈川~堂島間(後追い)

この後、追っかけの撮影者も集まってきて騒がしくなりました。

DE10のヘッドライトが遠くに見えてやって来ました。

2018.8.4 13:25撮影 9226レ 笈川~堂島間(後追い)

SLだと煙が暴れて山が見えなくなったりすることもありますが、DE10なら大丈夫ですね(笑)

上りの撮影はこれで終了です。この後は定番の塩川のアタミ食堂で鳥モツとラーメンのセット定食でお昼にしてから喜多方の松野踏切に行ってみました。
場所が無ければ諦めようと思っていましたが、なんとか場所は確保出来きたのでココで狙うことにします。ただココからだと追っかけは厳しくなりますから下りはこの1発だけになりますけどね。

2018.8.4 15:45撮影 234D 喜多方~山都間(後追い)

喜多方でばんえつ物語と交換となる234Dが通過した後、電化区間から追っかけしてきたと思われる鉄が2名がやって来て、事もあろうに踏切の制御BOXの上に登って撮影しようとするので年配の人が注意すると案の定「うるせ」となって怒号となります。
DE10はそこまで来ている中での騒ぎです。周りからも降りろの声でその馬鹿な鉄はBOXから降りましたが・・・

2018.8.4 15:57撮影 9233レ 喜多方~山都間(後追い)

お陰でビデオにはその声が入って残念なビデオになってしまいました。
いくら場所が無いからと言って保安設備の上に乗って撮影するとは言語道断ですよ。まったく。

なんか後味が悪い撮影になってしまいました。
この後は追っかけせずに撤収することにしました。

鉄道コム

(11/5)EF65-501の12系返却回送

今日は出掛ける予定が無くなり、これなら横田にエアフォースワンを撮りに行けば良かったなぁ~と思っていたら、まいあさんから「午後にEF65-501の12系回送がありますよ」との情報を頂きました。

「陸羽東線全線開通100周年号」での使用が終わり高崎までの返却で12系3両との事。ならば気になっていた尾久王子間で狙ってみようと、上中里駅から歩いて向かうと既に数名の方が狙っていました。

先着者の邪魔にならない位置で構え、やってくる列車で構図確認をします。出来れば架線間で12系3両を抜きたいところですが、構図的に微妙だったので最終的に架線柱を入れる構図にしました。

踏切が鳴動してEF65-501がゆっくりと姿を現して加速しながら接近してきました。

EF65-501 回9891レ  尾久~赤羽間

2017.11.5 14:17撮影 回9891レ 尾久~赤羽間

順光で少し斜光になったいい光線の中、撮影出来て良かったです。ホントまいさんからの情報に感謝です。

昔なら仙台とかに波動輸送用の12系が居たのですが、今はわざわざ高崎から回送するので大変です。
でも出来れば釜はEF64-1001の方が良かったかな(笑)

鉄道コム

(10/21)原色EF64重連「ELみなかみ」②

無事に「ELみなかみ」の追い掛け撮影も出来て良かったと思い道具を片付けているとタイフォンの音が聞こえ、さっき井野から乗って来た115系が上り列車となって水上から戻って来ました。

カメラを再び取り出してやって来る115系を撮影します。

115系 738M 後閑~沼田間

2017.10.21 11:49撮影 738M 後閑~沼田間

残り僅かとなった115系ですが、貫通扉上の方向幕が使われなくなったのは残念です。
緑色で塞がれるとなんかイメージが違います。

さてこの後、水上に行くにも高崎側に向かうにも列車間隔がかなり開きます。以前は1時間おきにあった列車も、昼間は1時半以上空くのです。

なので昼飯でもと調べると、ココから10分程のところに「月夜野温泉 みねの湯 つきよの館」があるので温泉入浴とランチにします。

上り坂が続き難儀しましたが、食堂でラーメンで腹を満たして、温泉に浸かって一休み。
雨が強く降って来たら、撮影は諦めて12系に乗って帰るのもいいかな~と思いましたが、意外にも雨は止んでおり、これなら上りも撮影出来そうだなと14時前に沼田方向へロケハンしつつ原田踏切へ向かいました。

到着すると踏切脇のかぶりつきポイントは脚立の山が出来てましたが、サイド側は余裕だったのでココで撮影することに。

211系742M 後閑~沼田間

2017.10.21 14:33撮影 742M 後閑~沼田間

先行する742Mで構図確認です。
この位置だと踏切の制御ボックスが邪魔なのですが、串パン回避が微妙なので構図上入れておいて、後でトリミングする作戦です。

この後少し暗くなってしまいISOを上げて対応していると踏切が鳴動しEF64-1052が先頭になった9732レがやって来ました。

EF64-1052 9732レ 後閑~沼田間

2017.10.21 15:01撮影 9732レ 後閑~沼田間

トリミングでボックスは削除しておきました。次位のEF64も架線柱に掛からず撮影出来たし串パンも回避できたしいい感じです。
線路に寄って架線柱間で抜くより、サイドの方からが重連らしさが判って良いカナ。
それにしても1052号機は汚れていているので山男らしいですね。

今日は追い掛け出来ないダイヤなのでこれで終了です。駅に戻る途中から雨が降り出して本降りになったので雨が降る前に撮影出来たのはラッキーでした。
下りの水上行に乗って上牧でアップルパイを買ってから上りに乗るつもりでしたが、駅の戻る途中にあったお団子屋に寄ったお陰で下りに間に合わず、後閑駅から16時過ぎの上り列車で帰投しました。

鉄道コム

(10/21)原色EF64重連「ELみなかみ」①

今日は国鉄色のEF64-1052と1053が重連で12系5両を牽引すると言うので、愛知区の原色が離脱した今ではかなりレア。
さらの客車は青い12系となれば貴重なシーンとなると言うことで出撃を計画していましたが、予報は前日まで「曇」でなんとか持ちそうだと思っていたら、朝には「雨」になってしまいテンションダウン。

前日は飲み会だったのと曇予報で光線状態が関係なく撮影地の制限が無いので、今日は電車移動です。
伊勢崎まで東武線で向かい、両毛線で一発目の井野駅へ。

関越道下に向かおうと思ってましたが、雨が思いの外強く靴がかなり濡れたので、井野駅近くで撮影することに。

211系4両 441M 井野~新前橋間

2017.10.21 9:44撮影 441M 井野~新前橋間

やってくる233系や211系で長さを測ります。「いの」の看板がちょっと邪魔ですが場所的に悪くはありません。それにしてもあっという間に高崎の115系は211系になってしまいましたネ。

SLなら汽笛が聞こえたりしますが、ELなので近くの踏切の鳴動でEF64の接近を知ります。

EF64-1053 9731レ 井野~新前橋間

2017.10.21 10:02撮影 9731レ 井野~新前橋間

国鉄色のロクヨン重連はいいですね、EF64もエンドが揃ってますし。
12系も貴重な存在です。高崎と言うとどうしても旧客の方が注目されますから・・・

さて撮影後は駅に戻ってELを追い掛けます。
続行の731Mは貴重な115系6両です。運良くボックス席を確保でき沿線の様子を見ながら北上します。
今日は雨なので少ないなぁとか見ていたら岩本のストレートはかなり混雑してました。
さて上牧にするか水上まで行くか悩んでいたら、後閑手前が意外と少なかったので後閑で下車です。

昨年、SL重連を撮影した場所に向かおうかと思いましたが、ELまで時間が少ないので駅近くの場所が空いていたので、手軽に撮影することに。

EF64-1053+EF64-1052 9731レ 沼田~後閑間

2017.10.21 11:44撮影 9731レ 沼田~後閑間

重連だと串パンは避けられないなと思ってましたが、上手く串パン回避い出来たのはラッキーです。
でも背後の車がちょっと邪魔ですが・・・

井野では傘がないと濡れる雨でしたが、後閑は霧雨で傘なしでも撮影できたので良かったです。これなら上りも撮影できるかな。

(つづく)

鉄道コム