(4/30)D51「SLやまぐち」を追い掛けて(2)

宮野で撮影した後は国道9号線北上してSLを追いかけます。この次はド定番ですが長門峡という事で途中仁保で停車するSLより20分程先回りすることが出来ました。

定番の鉄橋寄りの場所は既に多くの撮影者が居たので後方の黄色い「長門峡」標識が入る場所から狙う事にします。

以前、この標識を引っこ抜くバカが居ましたがちゃんと復旧されていました。
長門峡発車は風によって煙が巻かれる場合があるのですが、この日も嫌な風向でした。

D51-200のSLやまぐちは定刻に長門峡駅を発車しますが、案の定煙は前に流れて来てます。まずはサブ機の望遠で狙います。

D51-200 8521レ 長門峡~渡川間

2018.4.30 12:04撮影 8521レ 長門峡~渡川間


編成後方は煙で巻かれてますね。これでは鉄橋を入れる定番ポイントは列車が霞んでしまったのでは?

速度が出てきて煙が後ろに流れるようになり、本命の広角ポイントへ

D51-2008521レ 長門峡~渡川間

2018.4.30 12:04撮影 8521レ 長門峡~渡川間

一応後方に赤い鉄橋が入る構図にしていたのですが、煙で鉄橋が隠れてしまったのはちょっと残念です。
後追い撮影をしようとしましたが、線路脇の木に隠れてしまい失敗してしまいました。さて片付けて次へ向かいます。

撤収し車に乗り込み国道から外れて県道を北上します。SLは地福の停車時間があるので先に急ぎ、これまた定番の徳佐のSカーブに向かいます。

徳佐カーブの手前で車が随分停車しているのが見えたので、急遽場所を駅よりの大カーブへ変更します。
こちらは7,8名程で少なく用意をしていると続々と追い駆け者が到着します。

準備が終わるとSLも徳佐駅に到着します。するとどういう訳か雲が太陽を隠します。なんとまあタイミングが悪い!SLの発車汽笛が聞こえとりあえず露出補正をして迎え撃ちます。

D51-200 8521レ 徳佐~船平山間

2018.4.30 12:44撮影 8521レ 徳佐~船平山間

フォトショップで補正してなんとかなりました。

もう少し列車に寄っても良かったかな?
サブ機は真横から水鏡を狙ったのですが、風が強く吹いてしまい水鏡になりませんでした。

2018.4.30 12:44撮影 8521レ 徳佐~船平山間


それにサブ機まで露出補正できず、かなりフォトショップで補正しています。

もちろんSLが通過した後、日差しが回復したのは言うまでもありません。

これにて下り列車の撮影は終了です。上りは定番の本町踏切するか大蔭にするかで悩みながら車を津和野に向わせます。

鉄道コム

(4/30)D51「SLやまぐち」を追い掛けて(1)

前日、新しくなった「SLやまぐち」に乗車した後、宇部新川で1泊しました。前からの宿題だった宇部線と小野田線の乗車を済まして再び、新山口に戻りレンタカーで「SLやまぐち」の撮影に向かいます。

追い掛け撮影では大山路踏切からなのですが、工事中だった道路が開通して駐車スペースが無くなったらしく他の場所をロケハンしながら駄目なら長門峡へ直行しようと事前に調べた場所を見て回るとまずまずの場所を発見。ちょっと障害物が多いですが、順光で狙えるのでココで下りの1発目を撮ることにしました。

山口線はダイヤ改正で列車本数も減りSLの前に来るのは上りのキハ40だけです。

キハ40  2542D 宮野~仁保間(後追い)

2018.4.30 11:04撮影 2542D 宮野~仁保間(後追い)

うーんちょっと接近戦過ぎるかな。でもSLは直ぐにやって来ますから微調整していると山口駅を発車する汽笛が聞こえ、暫くすると踏切が鳴動します。

この周辺は住宅街でもあるので煙はどうかな?

D51-200SLやまぐち  8521レ 宮野~仁保間

2018.4.30 11:18撮影 8521レ 宮野~仁保間

ちょっと煙は薄めですね。この後は仁保に向けて勾配が続いていきますから煙はこの後濃くなることでしょう。

ちなみにサブの50Dは縦構図で狙ってみました。

D51-200縦 8521レ 宮野~仁保間

2018.4.30 11:18撮影 8521レ 宮野~仁保間

煙が高く上がれば絵になったのですが、ちょっと薄かったですね。

さてD51を追い掛けます。

鉄道コム

(4/30)「SLやまぐち」津和野入換風景

今回の遠征は友人と「サンライズ出雲」に乗車し、「スーパーおき」で津和野へ抜けて「SLやまぐち」に乗車するプランで津和野には14時前に到着。
下車後、駅裏のターンテーブルへ向かうと昨年復活したD51-200が整備中です。

14時半に転線作業が始まります。

D51-200 14:33撮影 入換 津和野駅

2018.4.28 14:33撮影 入換 津和野駅

ゆっくりとターンテーブルに乗り停車位置を微調整します。
時計回りで一周すればギャラリーも喜ぶのでしょうが、ビジネスライクに反時計回りで直ぐにショーは終了です。
D51-200 14:35撮影 入換 津和野駅

2018.4.28 14:35撮影 入換 津和野駅

方向転換を終えたD51は今度は客車の入換をする為に津和野駅構内を移動します。我々も駅の反対側に歩いていくとD51が1番線に転線し客車に連結するとろでした。
この後、客車を本線に引き上げて2番線に転線するのでそのシーンを撮影しよう反対側へ回り込みます。
直ぐに作業が始まるかと思ったのですが、15:15着の下り列車が到着後に1番線から2番線への転線作業が始まりました。
D51-200 15:20撮影 入換 津和野駅

2018.4.28 15:21撮影 入換 津和野駅

イミテーションの腕木信号機と共に1番線から出て来るのを狙いました。さすがに夏日で気温が高かったのと既に引き出しに必要な蒸気は作り終えていたのであまり煙が出てません。

目の前に最後尾の5号車が停車し、2番線へ進路構成が終わると推進でホームへ向かいます。

D51-200 15:25撮影 入換 津和野駅

2018.4.28 15:25撮影 入換 津和野駅

説明が無ければ津和野発車シーンとも思える感じですが、実際発車の際はもっと煙が出ますからねぇ~

さて、この後はこの列車に乗るので駅に戻ります。

鉄道コム

(4/8)ドライブついでに1091レとSLもおか

今日は家族のリクエストでいちご狩りとなり、じゃあ益子かと言うことで出発。

お、時間的に1091レだよねと言うことで新金線へ、今日は国鉄色という事で中川橋梁は賑わっているだろうからと奥中踏切へ

EF65-2065 1091レ 金町~新小岩(信)間

2018.4.8 10:55撮影 1091レ 金町~新小岩(信)間

今日はEF65-2065の牽引ですが、新金線運用に国鉄色がかなりのペースで入ってますね。

この後、益子でいちご狩り。
時間配分が上手く行かず、SLはいちご狩りの最中に「SL撮影してきていいですかー」と係員にお願いして中抜けしてハウス裏で

C12-66 6002レ 益子~北山間

2018.4.8 15:05撮影 6002レ 益子~北山間

C12は煙なしで軽快に駆け抜けて行きました。

できれば北真岡で撮りたかったですが・・・まあ今日は元々撮影予定では無かったですからね。

鉄道コム

(4/5)「SL本物の出会い栃木」試運転その2

送り込み回送を撮影した後、移動せずに同じ場所で折返しのSL試運転を待ちます。朝、両毛線車内から岩舟と大平下の中間地点にあるお立ち台にはかなりの置三脚があったのかなりの人出でしょう。
この後の事も考えて駅に近い場所にしましたが、こちらも徐々に人が増えてきて通過前にそこそこな人数になりました。通過直前に雲が太陽に掛かりヤバイかと言う状態もありましたが、なんとか回復しました。

D51-489 試9432レ 大平下~岩舟間

2018.4.5 11:57撮影 試9432レ 大平下~岩舟間

煙は予想通り、岩舟駅が近いので殆どありませんでした。
道具を片付けて
この後、SLは岩舟駅で30分停車となるので片付けて駅先に移動です。
中線停車かと思いきや下り本線で停車しており駅はギャラリーで賑わってました。

駅出発なら煙が期待できるかなと駅先の踏切に行くと少しですが菜の花が咲いていたので、構図にいれてみようかと丁度、SLの先行となる普通列車で試します。

211系 448M 岩舟~佐野間

2018.34.5 12:22撮影 448M 岩舟~佐野間

ちょっと強引な感じはしますが、悪くは無いかな。それに本運転時には菜の花も終わっているでしょうから、この構図でSLはも狙うことにします。

発車時刻になり、D51-498がドレンを盛大に吐きながら発車します。

D51試運転 試9432レ 岩舟~佐野間

2018.4.5 12:28撮影 試9432レ 岩舟~佐野間

良い煙です。 菜の花を入れる為に下を広く取ったので煙が切れてしまったのはちょっと残念ですけど、期間限定の構図ですからね。

この後、電車追いかければもう1発いけますが今日はここで転戦することにします。

鉄道コム

(4/5)「SL本物の出会い栃木」試運転その1

今日は日曜に出勤した振替で休み。上手い具合にSL試運転があり列車移動でも追い掛けが出来るスジだったので18きっぷの消化も兼ねて撮影に行ってきました。

普段なら東武線経由ですがJRを使い小山経由で開業したばかりの「あしかがフラワーパーク」駅に8時過ぎに到着しました。
駅が出来たお陰で近くなった、あしかがフラワーパーク~足利間の築提で送り込みを狙います。

先行の普通で編成の長さを確認して本番。

EF60-19 回9431レ 足利~あしかがフラワーパーク間

2018.4.5 8:55撮影 回9431レ 足利~あしかがフラワーパーク間

今日はEF60-19が送り込みの担当です。
考えてみればEF60-19を順光下で撮影したのは初めてカモ。

後追いはモロ逆光です。

D51-489 回9431レ 足利~あしかがフラワーパーク間(後追い)

2018.4.5 8:55撮影 回9431レ 足利~あしかがフラワーパーク間(後追い)

試運転マークを付ける時もありますが今日はヘッドマークなしですね。あれ、後部標識がありませんね。
撮影後は駅に戻り小山行きに乗って岩舟へ戻ります。

送り込みは岩舟で1時間近くの長時間停車がありますから、余裕で追いつきます。乗車した小山行は岩舟では中線に発着番線変更で2番線に入りました。SLは上り本線に停車して駅本屋からホースが伸びて給水しています。だから本線停車なんですね。

本屋前にSLを止める為、EF60はホーム先に停車しています。EF60を横目に大平下方に向かいますが、定番ポイントはかなりの人出の様だったので手前のポイントで撮ることにしました。

先行する普通列車で長さを確認して構図の最終確認をします。定刻に岩舟駅を発車する汽笛が聞こえEF60がやって来ました。

EF60-19  回9431レ 岩舟~大平下間

2018.4.5 10:12撮影 回9431レ 岩舟~大平下間

時間的に正面にはほとんど日が当たらないので次回の試運転ではこの区間ではダメでしょうね。
もうちょっと線路脇の菜の花が咲いていれば良かったかな。
D51489 岩舟~大平下間(後追い)

2018.4.5 10:12撮影 回9431レ 岩舟~大平下間(後追い)

ココでも後追いを撮ってみまっした。
折返しの下りはいい感じで日が当たりそうです。

さて小山から折返して来るのを待ちましょう。

鉄道コム

(11/18)上りSLパレオ

18日は用事で前橋まで行くことになっていたので、出来れば朝から上越のSLをと考えていましたが、朝早いのは却下と言うことで午後だけになってしまいました。

なのでこの時期、上越の上りは露出が厳しいのでちょっと脇に道に入って秩父へ。

途中、道の駅などに寄り道して影森に着いたのは通過40分前。長瀞あたりは紅葉が見頃でしたがこの辺りは終わってますね。

気温が下がって煙が期待できるのですが、天気がイマイチなのが残念です。まあ雨が降らないだけマシですけど。
寒い中待っていると、汽笛が聞こえブラスト音が響くと白煙が上がって来ました。

C58-3635002レ 浦山口~影森間

2017.11.18 14:20撮影 5002レ 浦山口~影森間

冬場らしく白い蒸気を吐きながら影森の登りを上がってきました。
ちょっとススキが邪魔ですが、まあ晩秋らしいから良いかな。

振り返って蒸気が吐きながら坂を登る様子を狙います。

影森の登り 5002レ 浦山口~影森間

2017.11.18 14:20撮影 5002レ 浦山口~影森間

この日の気温は10℃程とかなり低かったので夏場だと消えてしまう蒸気もばっちり写ります。

さて、影森まで来ると前橋に向かうには、野上まで戻る必要があるので、必然的?にもう一発となります。
晴れていれば荒川の河原から紅葉バックですが、この天気では絵にならないので、ありきたりな長瀞発車へ。

この日は団体客が多いようでホームには多くの乗客が待っている中C58が到着。
停車中に発車に向けて蒸気作りをするので黒煙が上がります。

C58-363 長瀞停車 5002レ 長瀞駅

2017.11.18 15:08撮影 5002レ 長瀞駅

秩父のSLはなるべく黒煙を出さないようにしているので、長瀞停車中に必要な蒸気を作ってしまいます。5002レの場合はこの先下り勾配が続くのであまり蒸気が必要は無いので直ぐに終わってしまいます。

先行させる羽生行が行った後、C58の発車です。

C58 長瀞発車 5002レ 長瀞駅

2017.11.18 15:14撮影 5002レ 長瀞駅

どうせ煙は大したことないだろうと横位置で狙っていたら、盛大にドレンを吐き出して出発します。

おっと今日は気温が低かったのを失念していました。
出発時使った蒸気の排煙がかなり出ています。
急いで横位置に変更です。

C58-363長瀞発車 5002レ 長瀞駅

2017.11.18 15:14撮影 5002レ 長瀞駅

流石にこの辺りまで来るとドレンは無く、折角の白煙がくもり空と同化してしまった残念です。これで晴れていれば最高だったのですが、まあ天気には勝てません。

さて、前橋に向かうことにします。

鉄道コム

(9/24)「SL日本海庄内号」遠征その3

板貝集落の津波避難所で撮影した後、再びSLを追って南下、桑川駅で停車中のSLを追い抜きます。
この後、終点の村上までに撮影出来るのは1回だけなので最後の撮影地として、前回撮影した桑川~越後早川間へ。

それにしてもココに来るまでに下り線でSLを待っている人を結構見ました。桑川からは複線区間で上り線は長いトンネルになるので、単線と勘違いしているのでしょうね。

さて、前回撮影した場所から少し村上寄りの順光側で狙います。海を絡めて撮影するとどうしてもサイドが陰ってしまいますからね。

用意が終わると寒川でSLを追い抜いた828Dで試し撮りです。

2017.9.24 14:45撮影 828D 桑川~越後早川間

2017.9.24 14:45撮影 828D 桑川~越後早川間

タラコ色が後ろなのが残念です。

今回は予備カメラの50Dを持参したものの今まで出番が無かったので最後くらいは2台切りにして、強引に海を入れ構図にしてみました。

キハ47 828D 桑川~越後早川間

2017.9.24 14:45撮影 828D 桑川~越後早川間

うーん、ちょっと強引すぎるかな。

この後はSLとなりますが、乗車中の友人に桑川出たら長いトンネルの先にいるよーと連絡しておきます。
カーブの先にSLの姿が見えてゆっくりと接近してきました。
予想通り排煙しながらやって来ました。

C57-180 9826レ 桑川~越後早川間

2017.9.24 14:54撮影 9826レ 桑川~越後早川間

今日一番の煙です。ココにしたのは前回、この辺で良い煙が出たのでチョイスしました。
他の場所でもこれくらいの煙が出てれば良かったのですが・・・

で広角の方ですが

C57-180 広角

2017.9.24 14:54撮影 9826レ 桑川~越後早川間

やっぱり間延びしますね。

通過してゆく列車に友人の姿を探すと居ました。窓を開けて手を振ってました。
さてカメラを片して村上に向かいます。

途中、間島から村上の下り線脇にもSLを待つ人の姿が・・・もうSLは上り線のトンネルを通って行ってしまっているのですが・・・

村上駅でSL乗車を楽しんだ友人と再会します。
ボックス席で一緒になった方と色々と話せたしとても楽しかったと喜んでいました。

最後に新津へ回送となる為にEF81が先頭に連結した姿をホームから撮影します。

EF81-151 回9826レ 村上駅

2017.9.24 15:40撮影 回9826レ 村上駅

沿線で回送を撮影したいところですが、友人のリクエストで温泉にいくことになっていたので、今日は駅撮りで我慢です(笑)

この後は瀬波温泉で一風呂浴びてから新潟へ戻り、18:56発のとき344号で友人と帰京しました。

鉄道コム

(9/24)「SL日本海庄内号」遠征その2

暮坪で「SL日本海庄内号」を撮影した後、再びあつみ温泉駅に戻ります。
4日前にこの列車の指定券が入手できたので、友人にはここから村上まで「SL日本海庄内号」に乗車して楽しんで貰おうと言う魂胆です。
どちらかと言うと友人は乗り鉄派ですからね。

駅で別れた後は、あつみ温泉駅先の大岩川集落を望む俯瞰撮影地へ
ココには以前来た時にあまりにも綺麗な景色だったので、頑張って山登りしました。前回は6月で今回は9月と太陽の位置が異なり残念ながら前回のような海の美しさではありませんでしたが、それもこの景色は素晴らしいですね。

2017.9.24 13:13撮影 9826レ あつみ温泉~小岩川間

あつみ温泉を発車する汽笛が聞こえ、集落の踏切が鳴動するとSLがカーブの先から姿を表しましたが、うーん煙が無いし、サイドが影ってしまいました。
前回は良い煙を吐きながら通過したので今回と大違いだなぁ~とちょっと残念です。

前日の雨でぬかるんでいる場所もあるので慎重に山を降りてSLを追い掛けます。
前は府屋で15分程の停車がありましたが、今回は5分停車なのでどこで追い付けるか微妙だなと国道を南下するとなんとかSLが府屋駅発車する際に追いつき、少し先行することが出来ました。

勝木からは笹川流れ沿いに走りますが、これまでサイドが影ってしまったので順光で撮りたいと急遽、勝木~越後寒川間の線路端で撮れそうな場所があったので車を停めて線路脇に向かうとSLがやって来ました。

C57-180 9826レ 勝木~越後寒川間

2017.9.24 13:46撮影 9826レ 勝木~越後寒川間

もうカメラを出すのがやっとと言う状況で構図もあったものではありません。
とりあえず撮れたと言うだけで車に戻りさらに南下します。

SLは今川で交換待ちで運転停車があるので今川で追い抜き、板貝集落の津波避難所へ。
集落の中を小走りで向かうと、地元のオバ様方が早く行かないと間に合わないよ!(笑)とせかれなんとか高台の避難所にたどり着き、息を切らしながら準備をします。用意が終わり5分もしないうちにSLの姿が見えゆっくりと接近してきます。

C57-180 9826レ 今川~桑川間

2017.9.24 14:05撮影 9826レ 今川~桑川間

うーんココでも煙なしでした。
海を絡めようとするとどうしてもサイドが影ってしまうのが羽越本線の弱点ですね。まあ下りだと逆光との戦いになるので上りの方がまだ光線状態は良いのですけどね。

さてSLはこの先の桑川で30分停車となるので最後のカットを桑川先で撮るべく移動します。

(つづく)

鉄道コム

(9/24)「SL日本海庄内号」遠征その1

日曜日は以前から計画していた羽越本線の「SL日本海庄内号」の撮影遠征に出かけてきました。

1か月前に購入した35%割引の「お先にとくだ値」で押さえた、とき301号に上野駅から乗車して新潟駅に向かい、新潟からはレンタカーで北上します。
この日は、あつみ温泉駅で日本を旅行中のスイスの友人と合流することになっており、なんとか約束の時間に落ち合うことが出来ました。

合流後は、最初にあつみ温泉先の立岩をバックに撮影できる暮坪へ向かいます。SL通過の約2時間前とあって先着者は3名と余裕で撮影場所を確保できました。ココに外人鉄ちゃんが来たのは友人が初めてじゃないかな。

直ぐに上り824Dがやって来ます。

キハ48*2五十川 ~あつみ温泉間

2017.9.24 10:39撮影 824D 五十川 ~あつみ温泉間


新潟色キハ48の2連ローカルです。到着して直ぐだったのでまだ構図調整しきれていませんでしたが、順光で綺麗に撮れました。

次にやって来たのは上り「いなほ8号」です。

E653系電車 2008M  五十川 ~あつみ温泉間

2017.9.24 11:25撮影 2008M 五十川 ~あつみ温泉間


この頃になると太陽の位置がかなり変わって、サイドが影ってきました。
いなほがE653になってからは始めての撮影です。

すぐに下り825Dがやって来ます。

キハ4連 825D  五十川 ~あつみ温泉間(後追い)

2017.9.24 11:31撮影 825D 五十川 ~あつみ温泉間(後追い)

ローカルなので2連かと思ってましたが、送り込みの関係でしょうか?4連で来ました。それもキハ48+キハ48+キハ40+キハ47と言うキハ40シーリズで組成されてました。
流石に9月となると太陽の位置も低くなり、側面が陰ってきます。やはりSLまで持たないかなぁ・・・

この頃になると追っかけ組も到着してこのポイントも賑わってきました。
ホイッスルの音が聞こえてEF510の下り貨物851レが通過します。

EF510-17 851レ  五十川 ~あつみ温泉間(後追い)

2017.9.24 11:47撮影 851レ 五十川 ~あつみ温泉間(後追い)

日本海縦貫線からEF81が消えたのですっかり貨物のダイヤをチェックしておくのを忘れていました。

SLが通過する直前に「きらきらうえつ」がやってきます。

きらきらうえつ

2017.9.24 12:06撮影 8871M 五十川 ~あつみ温泉間(後追い)

うーん、側面は影ってしまうかぁ。
「きらきらうえつ」が通過して、10分程でSLが来るはずと用意していると予想より早く突然カーブの先からSLが姿を現しました。
C57-180 9826レ 五十川~あつみ温泉間

2017.9.24 12:08撮影 9826レ 五十川~あつみ温泉間


うーん煙はなしかぁ~。前回撮影に来た時にはココでは煙が出ていたのですけど・・・

まあ、雲ひとつ無い形式の中、日本海バックにC57が撮れただけでも良かったです。来た甲斐があったものです。

(つづく)

鉄道コム